ホーム | 日系社会ニュース

日系社会ニュース

➡【無料朝刊サービス登録】緊急対応の無料PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!

在サンパウロ総領事館=坂尾、栢野、桂山、中谷4氏に=令和2年春・秋の叙勲伝達式

左から坂尾さん、栢野さん、桑名総領事、中谷さん、桂山さん

 日本国在サンパウロ総領事公邸で2日、昨年度の春と秋に日本国大使館推薦で叙勲を受章した坂尾英矩氏、中谷アンセルモ氏、桂川富夫氏、栢野定雄氏の4人から伝達式が行われた。伝達式にはブラジル日本文化福祉協会、サンパウロ日伯援護協会、ブラジル日本都道府県人会連合会、日伯文化連盟、ブラジル日本商工会議所の各代表が出席。受勲者の家族や関係者 ...

続きを読む »

■記者の目■さようなら、ニッケイ新聞!=日本語文化圏があるところに邦字紙

 さようなら、ニッケイ新聞!――。悲しいことに、本紙は本日付をもって廃刊になる。  「寂しくてどうにもならないね」「邦字紙は我々の心の灯台だから、なんとか頑張って」などなど、この1カ月間、愛読者の皆さんから、もったいないような温かいメッセージを数限りなく頂き、本当に邦字紙記者冥利に尽きる。「ありがたい」と手を合わせて感謝するしか ...

続きを読む »

岩手=JICA助成金で図書館改修=コロナ対策やシロアリ補修も

新しくなった本棚の前で(左から千田前会長、多田会長)

 「助成金のおかげで県人会の図書室がきれいになりました。JICAに感謝!」――岩手県人会の多田マウロ会長はそう語った。JICA「移住者の団体に対する助成金交付事業」で、ブラジル岩手県人会に4万3821レアルの助成金が交付され、同会館内のコロナ対策やシロアリ被害を受けていた図書室と天井の改修工事が11月5日に完成した。  この助成 ...

続きを読む »

文協=バーチャル文協美術館を開設=所蔵品や総合美術展入賞作品展示

バーチャル文協美術館

 ブラジル日本文化福祉協会(文協、石川レナト会長)が同協会ホームページ上に「バーチャル美術館」を開設し、12月7日(火)19時にオンライン会議システムのズーム上でお披露目のプレゼンテーションが開催された。文協美術館サイト「arte virtual」(https://www.bunkyo.org.br/br/arte/?view_ ...

続きを読む »

裏千家が初点・新年会開催=天井に水流して「涼」演出

左からエリソン副代表と武田さん。

 裏千家ブラジルセンター(林宗一代表)は2022年1月16日(日)11時に、初点・新年会をサンパウロ市ヴィラ・オリンピア区のホテル・エスタンプラザ・フンチャル・ファリア・リマ(R.Funchal 281,Vila)で開催する。定員110人。1年ぶりに一般公開で開催。  告知のため9日、エリソン・トンピソン・デ・リマ・ジュニオール ...

続きを読む »

『朝蔭』505(11月)号

表紙

 朝蔭505号が11月1日に発刊された。全41ページ。寿和(すわ)選では香山和栄さん「教師の日手を取り書道教へられ」、古賀マリアさん「教壇に心得誓ふ教師の日」等といった10月15日の「教師の日」を詠んだ句も多くみられた。  この他、「ブラジル俳壇」小杉伸一路主宰、「八十路」大窄進さん、「鶏の思い出」熊谷圭子さんの写生文等も掲載さ ...

続きを読む »

文協評議員会=コロナ禍越えて活動再開へ=日伯両政府の支援のおかげで

あいさつする山下ジョルジ評議員会長

 日伯両政府の支援のおかげでコロナ禍越えて事業再開へ――ブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)は11日午前9時から、第159回定例評議員会をオンラインで開催した。当日の出席者は28人、委任状4通だった。文協による2021年度事業報告と決算報告、22年度事業計画と予算計画が発表され、その場で承認された。  最初に、文協の評議員 ...

続きを読む »

聖南西=新年には活動再開の見込み=ピエダーデ婦人部手料理で忘年会

会議の後、ピエダーデ文化体育協会(ACEP)会館の玄関で全会員団体代表が記念写真 写真=ACEP婦人部が作った手料理で忘年会を行った

 第2回聖南西文化体育連盟(UCES=山村敏明会長)定例会議が11日午前9時から、ピエダーデ市にある同文化体育協会(ACEP)会館で開かれた。会員25団体と会員6文化部の代表を合わせて49人全員が出席、2021年度決算報告、事業報告および2022年度の事業計画が提案された。その後、ACEP婦人部の手料理で忘年会が行われた。  決 ...

続きを読む »

JICA=モザンビーク保健省や医師が視察=サンパウロ州に学び病院管理能力向上を

来社したパンゲネ国家医療支援局長、小林JICAモザンビーク事務所次長、尾崎医師、マプト中央病院のサイデ院長

 「各診療科の管理能力向上、特に人材の不足する画像診断・呼吸器・新生児各科で自ら評価を行い管理運営能力の向上を目指しています」―モザンビークから視察に来た医師モウジンニョ・サイデ医師が来社し、そう説明した。11月16日から25日にかけてモザンビークの保健省や医師ら7人がJICAを通して滞伯。サンパウロ市で病院管理モデル等の視察を ...

続きを読む »

西本願寺に駐車場用地を寄付=100歳の安藤さん「私も役に立ちたい」

安藤さん

  「西本願寺への土地寄贈は2年前亡くなった母との約束だったようで、果たせて良かったと思います」――今年100歳を迎えた安藤十一さん(大分県)の娘イネスさん(63歳)はそうコメントを寄せた。  浄土真宗本派本願寺南米教区(西本願寺、梶原洋文マリオ開教総長)は近くに専用の駐車場が無かったため、安藤さんが土地を買って寄付し ...

続きを読む »