ホーム | 日系社会ニュース

日系社会ニュース

意義深い日本の歴史ポ語講座=漫画協会と三重県人会取組む=「私たちは日本史知らない」

最終回に出席した皆さん

 ブラジル漫画協会(Abrademi、佐藤フランシスコ紀行会長)と三重県人会(下川孝会長)が1日午前に聖市の日本語センターで、『日本の歴史』についての連続講演会(ポ語)の最終回と修了式を共催した。3月から月一回、計9回中の7回以上出席した34人に修了証書が渡され、うち全回出席は10人いた。参加者の半数は非日系人であり、意義ある取 ...

続きを読む »

■ひとマチ点描■アニメから日本の歴史へ

ベアトリスさん

 日本の歴史講座に全回出席した理由を、ベアトリス・フランコさん(23)に尋ねると、一般論としては「2014年頃、大学入試共通試験に日本の歴史が出題されたの。誰も知らなかったから、衝撃的だった。あれ以降、関心を持つ人が増えた」と応えた。個人的な動機としては「アニメが大好きだから」と返答した。「特に侍が出てくる出てくるアニメが好きな ...

続きを読む »

半世紀迎えた東洋祭り=池崎会長「市の模範となる街に」

衆目を集めた龍踊り

 聖市の夏の風物詩として知られる「第50回東洋祭り」が今月1、2日に、リベルダーデ日本広場を中心に開催された。リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)主催。  1日午後2時、ガルボン・ブエノ街の大鳥居の下で、南米神宮の逢坂和男宮司により祭祀が執り行われた。日系団体要人らは玉串奉奠を行って儀式を終えると、「龍踊り」が先導 ...

続きを読む »

USP=日本文化研究所で修了茶会=茶碗講座で知見を深める

茶会の様子(提供写真)

 サンパウロ大学日本文化研究所は、恒例の茶道講座の「修了茶会」と生花講座の「展示会」を1日、同研究所で開催した。  今年のテーマはブラジル日本移民110年。懐紙には2羽の鶴の透かしが入り、茶道部員手作りの日本とブラジルの菓子が振舞われた。  また、今年6月からJHで開講され、人気を博した「茶碗プロジェクト」と同内容の講義が行われ ...

続きを読む »

5氏に秋の叙勲の栄誉=在聖総領事館の叙勲伝達式=「天皇陛下のお言葉に感激」

受章者の皆さん

 平成30年度「秋の叙勲」伝達祝賀式が6日午後、在聖総領事公邸で行われた。今回ブラジルからは17氏が表彰され、在聖総領事館管内からは旭日双光章に元山光男氏(89)、貞方賢彦氏(76)、西尾義弘ロベルト氏(75)、旭日単光章に石井千秋氏(77)、西尾義弘ロベルト氏(75)、岩原勝一氏(85)が栄誉に浴した。  日伯両国歌斉唱の後、 ...

続きを読む »

SC=クリシウマで日本文化祭=日系いない街でも盛んに発信

当日の様子(提供写真)

 日系コロニアのないサンタカタリーナ州クリシウマ市のSENAC大学で先月24日、「第2回クリシウマ日本文化祭」が開催された。  合気道道場の非日系人らが実行委員会の中心となって開催。日本食材やアニメグッズ、折り紙を使った装飾品などが販売されたほか、在クリチバ総領事館も日本建築を紹介するブースを出店。開会式には木村元総領事も出席し ...

続きを読む »

恒例の宗旦忌茶会に100人=30人弱に許状引継ぎ

茶会の様子(提供写真)

 茶道裏千家ブラジルセンター(林宗一代表)主催で毎年恒例の『宗旦忌茶会』が、先月25日、文協ビル4階の伯栄庵道場で行われ、およそ100人が参加した。  ジャンジーラ地区で活躍した故三原武氏に黙祷を捧げた後、武田宗清さん、淺川宗夏さんらが供茶を捧げた。その後、林代表により許状引継ぎが行われ、今年は30人弱に手渡したほか、カルメン・ ...

続きを読む »

南雲良治さんの四十九日法要

 ブラジル新潟県人会の会長だった故南雲良治さんの四十九日法要が16日午前11時から、ブラジル生長の家伝道本部別館(Av. Eng. Armando de Arruda Pereira, 348)で行われる。

続きを読む »

北海道東川町=介護留学生に奨学金制度新設=国籍問わず、N4から可=5年間勤務で全額返済不要に

案内のため来社した一行

 少子高齢化により介護人材不足が深刻化する日本――北海道上川郡東川町で、介護留学生向けに給付型奨学金制度が始まる。2年間介護を学んだ後、5年間指定の介護施設で勤務すれば、全額返済不要となる。国籍や年齢を問わず、N2相当の日本語能力が条件。だが現在はN3、4相当であっても、奨学金を受給しながら一年程度日本語を学んだうえ、介護科に進 ...

続きを読む »

サッカー難民カップ=優勝はマライカ選抜チーム=関心高め、社会進出目指す

優勝した難民選抜チームのマライカ

 NGO団体アフリカ・ド・コラソン(ジャン・カトゥンバ代表)が「黒人意識啓発の日」の11月20日午前、聖市パカエンブースタジアムで『難民カップ』の決勝戦を開催した。  同大会には27国籍の選手ら930人以上による41チームが参加し、聖、リオ、ポルト・アレグレ市で予選を行った。決勝には難民選抜チームのマライカ(アフリカの部族)とア ...

続きを読む »