ホーム | 日系社会ニュース

日系社会ニュース

➡【無料朝刊サービス登録】緊急対応の無料PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!

京都府亀岡市=マスクでジャンジーラ市支援=コロナ収束願い姉妹都市へ=日本全国から約1万枚集まる

ジャンジーラ市に贈る9641枚のマスクを前に。

 【亀岡発】「早く収束し、また行き来できれば」。サンパウロ州ジャンジーラ(Jandira)市と姉妹都市提携を結ぶ京都府亀岡市が、5月下旬から約1か月の間に約1万枚の手作りマスクを集めた。感染拡大に苦しむジ市を支援しようと、市民らに呼びかけたもの。七夕を過ぎた日本から、短冊ならぬマスクに願いを込めブラジルへ思いを届ける。 【無料朝 ...

続きを読む »

日本移民と感染症との戦い=世界最大の日本人無医村で(7)=「予告された悲劇」マラリア

マラリア原虫を媒介するハマダラカ(Content Providers(s): CDC/ Credit: James Gathany / Public domain)

 日本の国立感染症研究所サイト(https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/519-malaria.html)にも《熱帯熱マラリアでは、早期に適切な対応をしないと、短期間で重症化し死に至ることがある》と説明されている。今現在も危険な感染症だ。  さらに《マラリアは100カ国余りで ...

続きを読む »

文化庁=生活に役立つ日本語学習サイト=初めて学ぶ外国人向けに

日常会話を動画で学べる語学サイト「つなが るひろがる にほんでのくらし」

 日本国内における在留外国人の急増に際し、文化庁国語課は日本語教室が開催されていない地域に居住している外国人の日本語学習環境格差解消のための取り組みの一つとして、インターネットで日本語の日常会話が学べる日本語学習サイト「つながる ひろがる にほんでのくらし」を6月1日から公開している。  初めて日本語を学ぶ外国人を対象にしており ...

続きを読む »

尋ね人=谷川淳三さん

 熊本県在住の谷川テニさんが、10年間音信不通の弟、谷川淳三(あつみ)さんを探している。  淳三さんは、熊本県人吉市出身で、1960年2月に「ぶらじる丸」でコチアへ移住した。  消息情報に心当たりのある人は、ブラジル日本語センター理事長の日下野良武さんまで連絡(電話=11・95579・6691)を。 【無料朝刊サービス登録】PD ...

続きを読む »

日系飲食店が続々営業再開=でいご、ラーメンあすかも=「対策万全、ぜひ来店を」

でいご

 「最初はコロナの問題も1カ月・2カ月程で終息するだろうと思い、ある程度の覚悟はしていましたが、ここまで長引くとは思いませんでした。7日より店を開けましたが来客は一人のみです」―リベルダーデのレストランでいごのオーナー親川幸雄さん(70歳、沖縄県)は、そう落胆して語った。サンパウロ州政府が段階的緩和措置を行い、7月6日から条件付 ...

続きを読む »

日本移民と感染症との戦い=世界最大の日本人無医村で(6)=各地で起きたマラリア惨禍

廃墟となったマデイラ・マモレ鉄道のなごり。ポルト・ヴェーリョ市で

 元アマゾン移民の小野正さんの自分史『アマゾンの少年の追憶』は、一つ一つの場面が淡々と描かれているが、その内容は実に過酷な現実の連続だった。  前節で紹介した通り、1933年7月16日の深夜に「突然うーんと言う重苦しい呻き声」をたてた弟の哲夫が亡くなったのに続き、翌34年4月2日には兄の利雄(21歳)、その年の瀬の12月2日には ...

続きを読む »

岐阜県人会絵画展オンラインで=月末まで日本からも作品募集

 ブラジル岐阜県人会(長屋充良会長)は在サンパウロ日本国総領事館と共催で開催する「第16回日伯友情交流絵画展」(橋本マルコス亮委員長)への出品作品をブラジル国内のみならず日本からも募集している。  今回初めての試みとして出展作品をオンラインで11月3日(火)19時から1年間展示する。(特別協賛=宮坂国人財団、協賛=ヤマト商事)。 ...

続きを読む »

日本製品をブラジル市場に=ネパール商人サプトカさん=コロナで足止め、商魂光る

サプトカさん

 サンパウロで外出自粛が始まる6日前の3月18日、日本製の健康グッズを携え、ブラジルでの市場開拓に胸を膨らませ初めてグァルーリョス空港に降り立ったネパール人がいる。カトマンズを拠点に『より明るい未来の生活マーケティング社(Brighter future life marketing Pvt ltd)』を経営するラン・ハリ・サプコ ...

続きを読む »

日本移民と感染症との戦い=世界最大の日本人無医村で(5)=自分史に残された黒水病の傷跡

家族総出で耕地の草取りする様子(『在伯同胞活動実況写真帳』(1938年、竹下写真館 高知県古市町)

 元アマゾン移民の小野正さんの自分史『アマゾンの少年の追憶』(https://www.nikkeyshimbun.jp/2004/amazon-2.html)には、アカラ植民地入植初期のこのようなシーンが描かれている。  1930年、宮城県岩沼市から家族でアマゾンに入植してわずか3年目。希望に燃えたそんな時期に、日本では起きえな ...

続きを読む »

「エジムンド藤田」に改称=サンパウロ市サコマン区の保健所

藤田エジムンド進氏

 サンパウロ市のブルーノ・コーヴァス市長は6月29日、サコマン区にある保健所(UBS)の名称を「エジムンド・進・藤田大使」とする法案に署名した。法案を提出した野村アウレリオサンパウロ市議は、「藤田氏は外交官として、さらにブラジル国内の世界保健機関(WHO)でも健康環境改善のため最前線に立ち取り組んできました」と藤田氏の功績と今回 ...

続きを読む »