ホーム | 日系社会ニュース

日系社会ニュース

JRパス=「21年以降も利用したい!」=世界の在外邦人が続々と反発=同じ家族なのに異なる運賃に

在外邦人のみ使えなくなるJRパス(提供=flickr)

 【既報関連】「ジャパン・レール・パス(以下、JRパス)の利用期限が来年12月に切れる」問題に疑問を呈した2月19日付け本紙記事に対し、世界中の在外邦人から多くの反響が寄せられた。ブラジルだけでなく、各国の在外邦人もJRグループの発表には大いに困惑している。「在外邦人だけ使えなくなるのは納得できない」等と反発の声が相次いでいる。 ...

続きを読む »

□休刊のお知らせ□

 19日(金)が「受難日」の祝日のため、20日(土)付は休刊となります。

続きを読む »

遠征資金への協力を呼びかけ=マナウスの野球チームを日本へ=ベネズエラ難民の子3人も

マナウスカントリークラブの選手たち

 アマゾナス州のマナウスカントリークラブ内に近頃、「ブラジル・アマゾンから野球少年を日本へ誘致する会」が立ち上げられ、日本へ野球遠征資金を集めるために「クラウドファンディング」を募っている。これはインターネット経由で広く呼びかけ、共感した人から資金を集める方法だ。サイト(readyfor.jp/projects/amazonbe ...

続きを読む »

中国ブロック県人会運動会=310人参加で交流深める

ムカデ競争の様子

 中国ブロック県人会(岡山、島根、鳥取、広島、山口)青年部主催の「中国ブロック合同運動会」が14日、ブラジル沖縄文化センターで開催された。310人が参加し、スポーツを通じて世代を越えた交流を果たした。  20回目を迎える今回は、運営を山口県人会青年部(山下りな実行委員長)が務めた。あいにくの雨だったが、屋外のドーム型ゲートボール ...

続きを読む »

「邦人女性客もご利用を!」=イピランガ学生寮で入居者募集中

学生寮の一室

 聖市イピランガ区にある女子大生向けの学生寮「レプブリカ・ウニヴェルシタリア」(Rua Honorio dos Santos, 68)(重白征夫代表)が、入居者を募集している。対象は30歳未満の女性のみ。宿泊期間は不問で、短期滞在の邦人女性旅行客も利用できる。  メトロのアウト・ダ・イピランガ駅から徒歩約10分の好立地に有り、医 ...

続きを読む »

四世ビザ=要件緩和求め署名運動展開=家族帯同不可の撤廃等求める=四世中心に1千人以上が賛同

パッソス代表(左)と四世の日系人

 昨年7月に施行された日系四世受入れ制度。運用開始されて半年が経過したが、当初の年間目標4千人に対して、当地では未だ一桁の域を出ていない。その足枷となっているのが、厳格過ぎるとも言える申請要件だ。その要件緩和を求める四世からの切望を受けて、査証代行取得業者「仕事.com」(コリ・パッソス代表)は、昨年末から署名運動を開始した。4 ...

続きを読む »

リベルダーデ=「仲間と一緒に住みませんか?」=初の日系高齢者向け分譲アパート

完成予想【提供写真】

 小林建設と大空不動産が企画して、日系高齢者向けバリアフリーの分譲アパート建設を着工する予定が明らかになった。「バリアフリー」は段差などを極力なくした工法。場所は聖市グロリア街501番。この『すいせんビル』アパートは、建築家のケン・マベ氏が設計を担当。11階建てで、地階は商業用、1階に共用スペース、2~11階が住宅用。住宅階は各 ...

続きを読む »

県人会=圧倒的多数が二世会長の時代に=重要になる県連の補完的役割=若手獲得、財政強化の必要性

県連で各県人会長に訴える山田会長

 母県との頻繁なやりとりが必須なことから「最後の一世組織」とも言われる県人会の会長が、二世、三世へと世代交代が進んでいる。各県人会が今年度の総会を終え、現時点で一世会長の数は16人のみ。一方、二世、三世会長が31人、66%と圧倒的多数を占めるようになった。ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長、県連)が3月28日に行った総 ...

続きを読む »

ブラジリアンプラザ再開=在日外国人支援の拠点に=(下)=地域住民、活性化に期待

ビデオ通話で取材に応じた平野さん

 再開したブラジリアンプラザが目指すのは「日本版文協」だ。林事務局長は、「単なる商業施設ではなく、在日外国人も観光客もここに来れば何かしらの答えが得られる。福祉、起業、観光の起点にしたい」と話す。  さらに、館内には90年以降のブラジルから日本へのデカセギについて紹介する資料館を開設した。説明文と写真でデカセギの歴史や労働環境、 ...

続きを読む »

■人探し■

 近畿自動車道紀南高速事務所の石橋樹主事が、聖州カフェランジア市在住と見られる四宮トミさんの消息を探している。  四宮さんは1915年5月10日生まれで、存命なら103歳。夫は、利幸さん。本籍地は、和歌山県西牟婁郡すさみ町里野877番地だ。  近畿自動車道紀南高速事務所では、和歌山県のすさみ町と串本町を結ぶ「すさみ串本道路」の開 ...

続きを読む »