ホーム | 日系社会ニュース (ページ 3)

日系社会ニュース

野村流古典音楽協会が65周年=母県から慶祝団迎え祝う=進む若手育成、永続願う

本部慶祝団と共に幕開け斉唱

 「まるで沖縄にいるような気分になりました」――公演後、野村流古典音楽協会本部の糸数昌治副会長はそう語った。野村流古典音楽協会ブラジル支部(知念直義支部長)は11日午後2時から「創立六十五周年記念公演」を、沖縄県人会本部大ホールで開催、約200人が来場して祝った。母県の本部から6人の慶祝団が遠路駆けつけ、当地会員らと共に三線の演 ...

続きを読む »

盛り上がるスザノ市相撲界=ノーヴァ・セントラル相撲大会

優勝者の記念写真

 ノーヴァ・セントラル相撲協会(ルシアナ・ワタナベ会長)主催『第23回ノーヴァ・セントラル地域相撲大会』が先月28日、スザノ市のパウロ・ポルテーラ市営体育館で開催された。  同市では、世界相撲選手権で2大会連続銀メダルを獲得したルシアナ会長が発起人となり、13年から市教育局と同相撲協会が連携し、試験的に公立4校で体育の授業に相撲 ...

続きを読む »

日本人ラッパーREI=ミナス州に捧げる応援歌

新曲を発表したREIさん

 ブラジルをテーマに日本で活動する日本人ミュージシャン「REI CAPOEIRAP」さんが、新曲『Minas On My Mind』を動画サイトYouTubeで公開中だ。  同曲は1月25日にミナス州ブルマジーニョで発生した鉱山ダム決壊事故を受け、応援する意味で制作。カシャッサやミナス料理など同州の魅力を歌っている。  バイレフ ...

続きを読む »

野口総領事の誕生日祝う

誕生会の出席者

 リベルダーデ友好会(平崎靖之会長)が野口泰在聖総領事の誕生会を7日、聖市のニッケイパラセホテルで開催した。約50人が出席。総領事は53歳を迎えた。  まず下本八郎元聖州議、リベルダーデ文化福祉協会(ACAL)の池崎博文会長らによる祝辞のあと、ゴルフウェアなどが贈られた。ケーキカットが行われ、サンパウロ日伯援護協会評議員会の菊池 ...

続きを読む »

立つ鳥あとを濁さず=移民の「終活」座談会=(1)

座談会の様子

 ニッケイ新聞編集部は、読者の「終活」(人生の終りに向けた活動)意識の高まりに応え、「移民の終活座談会」を行った。ブラジル日系熟年クラブ連合会会長・上野美佐男、同会第3副会長・中川浩己、介護士・長谷川美津子(JICAシニアボランティア)、本紙編集長・深沢正雪の4氏が参加し、移民ならではの終活の悩みを語り合った。 驚くほどキレイな ...

続きを読む »

終活の悩みアンケート実施=専門家に質問したいことは?

 ニッケイ新聞では近年の終活意識の高まりに応え、紙面での情報提供を行うことを決めた。取材活動の一環として今後、本面下の広告欄に「終活に関する悩み応募用紙」を掲載し、読者から専門家へ質問したい終活の悩みを募集する。  終活とは、「自らの人生の終幕を納得いくものにするため、来たる病や死を見つめ、心の準備をする事、終末期医療や葬儀に自 ...

続きを読む »

パラー州政府が日系人に感謝=アマゾン日本人移民90周年=会場や設備の大部分を州が負担

来社した堤副会長、生田会長

 1929年に始まった第一回アマゾン移民から90年を迎え、9月のアマゾン日本人移住90周年祭に向けて準備を進める北伯。パラー州90周年祭典実行委員会(生田勇治祭典実行委員長)も発足し、パラー州政府をグイグイと巻き込みながら詳細を詰めている。9日に上聖した汎アマゾニア日伯協会の生田会長と堤剛太副会長は「日系人がどれほど貢献してきた ...

続きを読む »

日本民謡大会で高木さん優勝=本荘追分大会と二冠を達成

今大会で優勝した高木さん

 ブラジル日本民謡協会(塩野彰会長)が主催する「第52回日本民謡ブラジル大会」が先月28日に、宮城県人会会館で行われた。遠くはパラナ州クリチバ市からも駆けつけ、聖州内外の約100人が歌声を競いあった。代表者決定戦では、「最上川船唄」を歌った聖州ピラシカーバ市の高木茂樹エヴェルソンさん(41、三世)が32代目の優勝を飾った。  今 ...

続きを読む »

報告書発行で110周年に終止符=大井セリアさん編集担当

菊池委員長と大井さん

 ブラジル日本移民110周年記念祭典実行委員会(菊池義治委員長)は、『「感謝と希望」ブラジル日本移民110周年記念祭典事業報告書』を4月30日に発行した。編集を担当したのは大井セリアさん。  報告書には眞子内親王殿下のご来伯や、2千人の出演者が舞踏や太鼓を披露した豪華芸能ショーの様子が、多くの写真(ニッケイ新聞提供)と共に記録さ ...

続きを読む »

■ひとマチ点描■海を越えた家族の絆

秋風さん

 「NHK全国俳句大会」では、パラー州都ベレン市在住の下小薗秋風さんは海をまたいで俳句の競作を家族で楽しんでいる。今年の第20回大会では4人とも仲良く佳作に入選したという。  メンバーは下小薗さんと妻そのさん、茨城県に住む姉と鹿児島県に住む妹の四人だとか。 《姉》竹下澄子(茨城県在住)「花南瓜活けて明るき農の居間」選者不明・入選 ...

続きを読む »