ホーム | 日系社会ニュース (ページ 3)

日系社会ニュース

移民史料館=田中慎二回顧展が開幕=9階全体、100点以上一堂に=自由な作風から故人の人柄偲ぶ

 画家でイラストレーター、コロニア史研究家の故田中慎二氏の一周忌を記念した回顧展「田中慎二 a liberdade de viver a arte em vários mundos」が、ブラジル日本移民史料館(山下リジア玲子運営委員長)により7日午後3時から聖市リベルダーデ区の文協ビル9階で開幕した。同氏と縁のある約80人が集ま ...

続きを読む »

県連代表者会議=昨年より高評価だった日本祭り=来年のテーマは「夢が現実へ」

 ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「8月度代表者会議」が先月29日、文協ビル内の県連会議室で行なわれた。7月に開催された日本祭りの会場で行った来場者調査の集計結果の紹介や、来年の日本祭りにおけるテーマなどが発表された。  昨年度の日本祭りで実行委員長を務めた富山県人会の市川利雄会長は、昨年と今年の日本祭りで行われ ...

続きを読む »

遠隔教育で日本語教師養成コース=私立大学が開始、日本から受講可=ポ語で日本語教授法を指導=汎米日系人協会とUSPが協力

 今年2月からブラジル・パンアメリカン日系人協会(APNB、矢野敬崇会長)とクルゼイロ・ド・スル大学と提携して行う「日本語教師養成コース」が開講した。このコースは遠隔授業で日本語・ポルトガル語の教授法を学ぶことができ、修了すればブラジル教育省が認める正式な教員資格を得ることができる。この講座の開設に携わったAPNBの矢野会長と、 ...

続きを読む »

スキヤキ・ド・ベン13日に=美食と陶芸とショーで寄付

 一流シェフが最高の料理を提供し、陶芸家・本間ヒデコ氏の器に盛って楽しむ慈善晩さん会――「第13回スキヤキ・ド・ベン 陶芸・アートと食文化の融合」(本間氏監修)が13日(金)午後7時半から、聖市チヴォリ・モファレジュ・サンパウロ・ホテル(Alameda Santos, 1437 – Cerqueira César)で ...

続きを読む »

在聖総領事館=令和元年の外務大臣表彰伝達=呉屋氏ら5氏が栄誉に浴す=日下野さん「日本文化圏人育てる」

 在聖日本国総領事館(野口泰総領事)は、「令和元年度外務大臣表彰伝達・祝賀式」を4日午後、総領事公邸にて執り行い、在聖総領事館管内の受賞者5氏に表彰を行った。受賞者の関係者や日系団体代表者ら約60人が出席し、受賞者を温かく祝福した。全伯では23個人・団体が受賞している。  在聖総領事館管内では、呉屋新城春美さん(66、沖縄県)、 ...

続きを読む »

前代未聞、メニューのないレストラン=素材にこだわる「村上」開店=1日24人限定、一食300レアル

 「心を無にして素材の声を聞きたい」――5日に公式開店した「レストラン村上」(Alameda Lorena, 1186 São Paulo)の村上強史オーナーシェフ(51、北海道)は、入り口に書かれた「無」の意味をそう説明した。内装も設備も必要最低限に押さえ、シンプルさが目立つ。  「その日に入荷した一番良い素材を見てからメニュ ...

続きを読む »

サンパウロ靖国講が慰霊祭=若い世代中心に平和への祈り

 ブラジル・サンパウロ靖国講(服部修平リカルド講元)による慰霊祭が8月31日午前、聖市リベルダーデ区の東洋会館で行われ、約60人が英霊と移民先達に玉串を奉奠した。当日はブラジル日本文化福祉協会の石川レナト会長、下本八郎元聖州議、リベルダーデ文化福祉協会の池崎博文会長をはじめ、プロミッソン靖国講の中場マサ子講元も参加した。  宮崎 ...

続きを読む »

10年ぶり、第2回拓大慰霊祭=物故者85人の冥福祈る=拓殖誓う仲間、日本からも

 拓殖大学学友ブラジル連合会(西谷輝久会長)による第2回物故者合同慰霊祭が8月31日、聖市の親鸞会会館にて行われた。全伯から19人、日本から1人が参列し、南北米に移住した同大学出身物故者85人のリストが張り出され、その冥福を祈った。  伯国への拓大生移住は1962年から始まった。90年代の最盛期には連合会参加者は140人を超えた ...

続きを読む »

Srブラジルで特別番組に=ショーロ歌手片山さん 8日朝9時から放送

 群馬県南部の佐波郡玉村の「ふるさと大使」として来聖した片山叔美(よしみ)さんが7月末に出演・収録したTVクルツーラ局のブラジル伝統音楽最大の人気番組「セニョール・ブラジル」の放送日が決まった。8日(日)朝9時から、特別プログラムとして放映される。同局から「日系コミュニティーの皆さんに、ぜひとも見ていただきたい」と連絡があった。 ...

続きを読む »

和田海軍中将と平崎さん=伯国「兵士の日」に勲章

 8月25日の「兵士の日」を記念し、伯国軍部が和田典明海軍中将(59、三世)と平崎靖之・ブラジル広島文化センター顧問(73)に、パシフィカドール勲章(O Pacificador=平和をもたらす者)が8月23日、聖市パライーゾ区の陸軍施設で授与された。26日、平崎さんが報告に来社した。  伯国の歴史上最高の軍人とも称されるカシアス ...

続きを読む »