ホーム | 日系社会ニュース | JICA横浜=「ブラジル人僧侶が見た日本」=海外移住資料館オンライン講演

JICA横浜=「ブラジル人僧侶が見た日本」=海外移住資料館オンライン講演

講演会チラシ

講演会チラシ

 JICA横浜の海外移住資料館はオンライン講演会「ブラジル人僧侶から見た日系社会と日本社会」を、日本時間17日(金)19時~20時にオンラインアプリZoom上で開催する。参加費は無料、定員は先着500人まで。
 ブラジル生まれのフェルナンデス浄賢さんは、日本での修行を経て僧侶になり、当地寺院で活動した。さらなる修行の機会を得て16年に再来日。二度目の修行では多くの修行僧の中でリーダー役も務め、現在は信仰する宗派の研究機関で活躍している。
 そんなフェルナンデスさんから見た日本、ブラジル、そして日系社会が語られる。「仏教の僧侶=日本人」という観念が根強い中、「外国人僧侶としての活動を通じて感じたこと」「異文化に飛び込んで体感したブラジル日系社会、日本社会」についても語るという。
 詳細は下記リンク(https://www.jica.go.jp/jomm/events/2021/211217.html)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • C・ピニャール=大鳥居落成、披露=100周年記念=母県から今富知事代理ら慶祝団=州道補修も大きな喜び2008年6月28日 C・ピニャール=大鳥居落成、披露=100周年記念=母県から今富知事代理ら慶祝団=州道補修も大きな喜び ニッケイ新聞 2008年6月28日付け […]
  • 大耳小耳2017年1月14日 大耳小耳  俳誌『朝蔭』446号が12月に刊行された。《大君の退位問わるる菊館》(林とみ代)は「祖国の今」と言う重みを秘めた句だ。《きれい好きの母を想いて墓洗う》《蛍舞ひ母が近くに居る如く》(伊藤きみ子)の連作には惹きこまれる何かが感じる。《妻看取り窓に見上げる春の星》(青木駿浪)は状景 […]
  • 日本祭りにもっと県マスコットを2016年7月12日 日本祭りにもっと県マスコットを  今年も3日間行われた日本祭り。郷土食フロアは連日、人でごった返し、進むのもままならないほどだった。実際に郷土食を販売するところもあれば、「焼きとり」「パステル」など土地と特に関係がないものや、他県のイメージが強いものを売るところも。 その中でも熊本県人会は、県のご当地キャラク […]
  • 大耳小耳2016年7月16日 大耳小耳  日本ブラジル中央協会(東京)の機関紙『ブラジル特報』1633号が出た。冒頭、商議所の村田俊典会長が「トップの器」と題し「大統領暫定令」と「弾劾裁判」を切り口に、興味深い解説。預金凍結で驚かせたコーロルプランは大統領暫定令、カルドーゾ財相(のちの大統領)のレアルプランも同暫定令 […]
  • 松井さん95歳を表彰=ジャグァレー文協日舞指導を評価2004年6月23日 松井さん95歳を表彰=ジャグァレー文協日舞指導を評価 6月23日(水) […]