ホーム | 文芸 | 刊行

刊行

『ブラジルの日系人』第4版=出版会30日、優秀論文発表も

同書の装丁

 移民二世の視点が中心となって描かれた移民史『O Nikkei no Brasil(ブラジルの日系人)』の第4版の出版記念会が、30日午後7時から、文協貴賓室(R. Sao Joaquim, 381)で行われる。  これは移民百周年を記念して08年に刊行された同書に、移民110周年の総括等を新たに加えたもので、500冊を刊行。原 ...

続きを読む »

沖縄県人移民塾=『群星』第4号刊行、合評会27日=壮絶な戦争孤児体験も掲載

高安さん、宮城さん、峰井さん

 ブラジル沖縄県人移民研究塾(宮城あきら塾長)が発行する同人誌『群星』第4巻が8月に発行された。日ポ両語。本紙編集部やブラジル沖縄県人会本部にて無料配布中。  今号では、ブラジル沖縄県人移民110周年を迎えて「県人移民85周年記念祭典」を特集。  一世の郷愁を癒すため屋内で親しまれていた琉球芸能が初めて屋外で披露されたのが、85 ...

続きを読む »

ピンドラーマ=10月号

 コジロー出版のブラジル情報誌「ピンドラーマ」10月号が出版された。  「美人を作るレストラン&カフェ」では健康志向のレストランやナラ・ラーメンのヴィーガンラーメンなどを紹介。  また、好評連載中の「ぐるめうぉっちゃー」「ブラジル社会レポート」のほか、「ポルトガル語のワンポイントレッスン」などグルメ、イベント、求人情報を掲載。 ...

続きを読む »

『日本事情豆知識』出版=日本の生活に密着した文化紹介

西澤さん、栗原さん、菊池博士

 日本文化を日ポ両語で紹介する『日本事情豆知識』(グラフィカ・パウロス出版)が出版された。全75ページ、40レ。500冊。  翻訳家の栗原章子さん、日伯文化連盟(アリアンサ)で日語教師を務める西澤紘子さん、サンパウロ大学日本文化研究所の菊池渡所長が執筆・編集を行なった。  同書では日本の迷信、血液型、ランキング、餞別など生活に密 ...

続きを読む »

『日本の年中行事』絶賛販売中=年中行事を網羅、丁寧な解説も

本の装丁

 日本国の成り立ちから四季折々の年中行事にいたるまで、日本の文化や風習を纏めた一冊『日本の年中行事(Eventos anuais do Japao)』(赤嶺園子著、ポ語版)が販売されている。75レ。  本書は、日本のすがた、年中行事、伝統文化の3編構成。「年末になぜ大掃除をするのか」「正月にお供えする鏡餅にはどのような願いが込め ...

続きを読む »

宮坂数子さん=『私たちの生活のなかの大豆』上梓=ブラジル人の健康増進のために

宮坂数子さん

 「ブラジルは世界一の大豆生産国なのに、国内ではあまり消費されていない。安くて栄養満点の大豆を、どのように食事に取り入れるかを知ってもらうことで、伯人の食卓を豊かにし、健康増進に繋げたい」――「ブラジル大豆の父」として知られる農学博士の故・宮坂四郎氏の妻で、栄養士の数子さん(90、二世)は『A Soja em nossas vi ...

続きを読む »

ピンドラーマ=7月号

 コジロー出版のブラジル情報誌「ピンドラーマ」7月号が出版された。  人気の「さんぱうろぐるめうをっちゃー」ではリベルダーデ区の「火鍋」店、新しく開店した中華料理店を紹介  また、好評連載中の「白洲太郎のカメロー万歳」「クラッキ列伝」のほか、「Shinの裏道散歩」などグルメ、イベント、求人情報などを掲載。  日系書店、日本食材店 ...

続きを読む »

ポ語雑誌が110周年を特集=日系企業家など11人を紹介

ペケーナス・エンプレーザス&グランデス・ネゴーシオスの6月号背表紙

 ビジネス誌「ペケーナス・エンプレーザス&グランデス・ネゴーシオス」(グローボ出版)の6月号で日本人移民110周年を記念し、29ページもの特集『伝統から生じる革新』が組まれた。日本移民の歴史のほか、各分野で活躍する日系人への取材を掲載。背表紙には、カタカナで雑誌タイトルや目次が記載されている。  表紙を飾ったのは、ジャパン・ハウ ...

続きを読む »

「日系文学」58号刊行=武本文学賞の受賞作掲載

本の装丁

 『ブラジル日系文学』第58号(発行者=武本憲二、編集者=中田みちよ)が3月に発行された。  今号は第35回武本文学賞特集。小説、俳句、短歌、翻訳の4部門の入選作品が紹介されている。また、ポ語頁では第56号から掲載開始された豊島与志雄の漫画『天狗笑い』も。  その他、「稚拙なれどもロマンに富む」(江川政昭)、「ブラジルに牧水歌碑 ...

続きを読む »

皇族の短歌130首=来伯時の想いを詠まれた歌も

詩集の表紙

 サンタクルス病院(石川ヘナト理事長)は開院79周年と日本移民110周年を記念して、『詩集 皇族の短歌』の刊行した。130首を日ポ両語で収録している。  日伯修好120周年を迎えた2015年に天皇皇后両陛下の短歌120首を収録した詩集を刊行していて、今回はそれに他の皇族が詠まれた10首を加えた。  冒頭には、両陛下および秋篠宮同 ...

続きを読む »