ホーム | 文芸 | 刊行 | 『ブラジル日系文学』第63号を刊行

『ブラジル日系文学』第63号を刊行

本の装丁

 ブラジル日系文学会(櫻井セリア会長)が発行する『ブラジル日系文学』第63号(発行者=近藤アンドレ、編集者=中田みちよ)が11月に刊行された。同文学会が組織一新して、第2号目となった。
 今号では、金沢大学の杉山欣也教授による、ブラジルにおける日本語文学の論文「《日本語文学の汽水域》日系ブラジル文学の現在」が寄稿されている。ブラジルの日系社会を汽水域と捉え、日本語からポルトガル語の文学として展開されていく「日系ブラジル文学」について、自身が2016年にブラジルに滞在した経験をもとに論じている。
 随筆では、中田さん、山本紅さん、南薫さんの三姉妹による、日本と中国を旅行した際の体験談が描かれており、中国人のガイドから聞いた、共産党国家の恐ろしい話も。
 また、来社した桜井セリア会長、清水すみえ第二会計、中田さんによれば、「ポルトガル語ページの近藤アンドレ氏など、ポルトガル語の作家の中にも期待すべき人材が出てきている」という。
 その他、小説や随筆、ブラジル文学翻訳などを掲載。日語版は124項で、ポルトガル語版は62項。
 問合せは、同事務所(電話=11・3203・2018、メール=secretaria@nikkeybungaku.org.br)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■訃報■宮尾進さん2016年11月1日 ■訃報■宮尾進さん  サンパウロ人文科学研究所で顧問を務めていた宮尾進さんが、先月30日午後4時ごろ亡くなった。86歳だった。癌による体調不良で8月から憩の園で療養していた。 […]
  • 蘇るアルコール燃料=原料は半永久的に安泰2005年8月24日 蘇るアルコール燃料=原料は半永久的に安泰 2005年8月24日(水) […]
  • 連邦・州議員選で多い無効票=半数超が前回の投票相手忘れる2006年8月29日 連邦・州議員選で多い無効票=半数超が前回の投票相手忘れる 2006年8月29日付け  【フォーリャ・デ・サンパウロ紙二十八日】十月の総選挙で無効票を投じるつもりの有権者が連邦議員選挙で一八%、州議員選挙で一六%に上ることが、ダッタフォーリャの調査で明らかとなった。 […]
  • 低所得者ほど重い税金=年収の半分以上税に消える=高所得者に恩恵の景気対策2009年7月2日 低所得者ほど重い税金=年収の半分以上税に消える=高所得者に恩恵の景気対策 ニッケイ新聞 2009年7月2日付け  応用経済調査院(Ipea)の調査によると、低所得者ほど税の負担が大きいと一日付伯字紙が報じた。 […]
  • 東西南北2016年5月21日 東西南北  連邦最高裁は19日、サンパウロ総合大学が開発したガン治療用錠剤の利用を認可する法案を退けた。判事投票は6対4で、法案に反対が上回った。反対の論拠は主に二つ。一つ目は、同錠剤の試験が不十分で、安全性や効果、副作用の有無が不確かである事。二つ目は議会が同錠剤の使用を認めたのは、国 […]