ホーム | 文芸 | 刊行 | 徳力啓三著=『知っておきたい日本の歴史』=薄くて充実、無料配布中

徳力啓三著=『知っておきたい日本の歴史』=薄くて充実、無料配布中

「2時間で日本の歴史がわかる」と薦める徳力さん

 2014年からブラジル日本会議の会長を務めてきた徳力啓三さん(79、三重県)が、昨年1年間がかりで毎月講演および座談会をしてきた日本史の内容を、この度一冊の本にまとめて『知っておきたい日本の歴史』として出版、希望者に無料配布している。
 「日本の教科書を半分に抜粋して読みやすくし、最新の研究成果を付け足したもの。2時間あれば読めます。1万5千年前の土器から世界最古の加熱調理をしていた痕跡を発見したことも入っています。薄いが、日本人として知っておくべき内容は全て書いてあります」と力を込める。
 わずか146ページながら、旧石器時代から東日本大震災まで俯瞰されている。「これを読めば、日本人の根本といえる『和』の歴史が分かる。100冊限定です。関心のある方、ぜひご一読を」と呼びかけた。
 編集部でも特別に無料配布中。遠隔地の人は徳力さん(11・3981・1648)まで連絡をすれば、郵送するとのこと。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も2017年5月24日 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も  西風会は『西風』第5号(207頁)を先月刊行した。毎月1回集まって議論をする私的な研究会で、体験談や調査内容を半年に一度ほど出版している。  5冊目の巻頭特集は、昨年10月30日に亡くなったサンパウロ人文科学研究所元所長で西風会の中心メンバーでもあった宮尾進さんの追 […]
  • 森で光る菌を先住民と見よう=アマゾン研究所の石川さんが絵本=4言語「ひかるもり」刊行2020年3月28日 森で光る菌を先住民と見よう=アマゾン研究所の石川さんが絵本=4言語「ひかるもり」刊行  日英ポルトガル語の3カ国語と先住民のニェエンガトゥ語による絵本『ひかるもり』(全64頁)が、昨年11月に刊行された。出版記念のイベントで2月25日~3月7日まで訪日していた、アマゾナス州都マナウスの国立アマゾン研究所(INPA)で研究員として勤める石川カズエ・ノエミア […]
  • 松田潤治郎『ハチドリの歌』=自費出版文化賞特別賞を受賞2020年3月21日 松田潤治郎『ハチドリの歌』=自費出版文化賞特別賞を受賞  松田潤治郎さんが2013年12月に埼玉で自費出版した「ハチドリの歌」が第22回日本自費出版文化賞特別賞を受賞した。その功績を讃えて昨年12月15日、東京千代田区のアルカディア市ヶ谷で表彰式が行われた。  松田さんは1970年から通算17年間ブラジルで生活した経験を持 […]
  • モジ入植100年史を刊行=サイトから無料でDL可2020年3月4日 モジ入植100年史を刊行=サイトから無料でDL可  コクエラ農業者協会とモジ・ダス・クルーゼス文化協会が、昨年9月15日に「モジ入植100周年式典」をサンパウロ州モジ・ダス・クルーゼス市のコクエラ農業者協会会館で盛大に開催した。記念事業の一環として昨年末、100年史『100 Anos da Imigracao […]
  • 『ブラジル日系文学』第63号を刊行2019年12月19日 『ブラジル日系文学』第63号を刊行  ブラジル日系文学会(櫻井セリア会長)が発行する『ブラジル日系文学』第63号(発行者=近藤アンドレ、編集者=中田みちよ)が11月に刊行された。同文学会が組織一新して、第2号目となった。  今号では、金沢大学の杉山欣也教授による、ブラジルにおける日本語文学の論文「《日本 […]