ホーム | 文芸 | 刊行 | ピンドラーマ3月号配布中

ピンドラーマ3月号配布中

 コジロー出版のブラジル情報誌「ピンドラーマ」3月号が出版された。
 美代賢志さんによる「ブラジル社会レポート」では世界的流行の新型コロナウイルスに対するブラジル国民の意識の低さを懸念する内容となっている。「開業医のひとりごと」では医師の観点からマスクの正しい使用方法など解説している。
 その他「移民の肖像」や「せきらら☆難民レポート」などの人気シリーズや、イベント、飲食店、求人情報なども掲載。
 本書は日系書店、日本料理店などで無料配布中。問い合わせは同出版社(電話=11・3277・4121)まで。
 同出版によるブラジル生活必携の書『楽々サンパウロ』も引き続き好評発売中だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年4月4日 東西南北  「ネット上の人気に支えられている」との印象の強いボウソナロ大統領だが、リオ連邦大学とサンパウロ社会政治財団が行った調査によると、ツイッター上で行なわれている大統領支持のコメントのうち、半分以上の55%が「ロボ」と呼ばれる自動拡散アカウントによるものだということが判明したという […]
  • 東西南北2020年4月3日 東西南北  労働者党(PT)と民主社会党(PSDB)は、ボウソナロ氏当選前まで、熾烈な政権争いを繰り返してきたライバル同士だが、今回のコロナ騒動で歩み寄る姿が話題になっている。それは、ドリア・サンパウロ州知事(PSDB)が軍警を工場に派遣して保健関係者のマスクを大量に獲得させた件に関し、 […]
  • サンパウロ州コロナ禍=死者続出病院の背景を捜査=市保健局は営業停止を要請2020年4月3日 サンパウロ州コロナ禍=死者続出病院の背景を捜査=市保健局は営業停止を要請  【既報関連】サンパウロ州検察局が1日に、サンパウロ市のサンタ・マジオレ病院での新型コロナ感染症拡大に関する新たな捜査を開始したと同日付現地紙、サイトが報じた。「サンタ・マジオレ」は、高齢者向け保健プランを運用するプレヴェント・セニオルが経営する8病院に付けられた名前で、パライ […]
  • 東西南北2020年4月1日 東西南北  3月30日、ボウソナロ大統領は、世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長が記者会見で発言した一部の言葉のみを抜き出して、「健常者は働かなければならない」とツイッターで発言した。大統領は「ほら、WHOだって働かないといけないと言っているだろ」とし、同事務局長の「貧しい […]
  • 総領事館の窓口時間短縮のお知らせ2020年4月3日 総領事館の窓口時間短縮のお知らせ  4月1日(水)より在サンパウロ日本国総領事館は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、窓口営業時間午前9時から正午12時の時間に短縮される。引き続き申請や交付は電子メールまたは電話での予約制になっており、原則予約なしでの来館は受け付けない。  予約の際には①氏名、②電話番号 […]