ホーム | コロナ 関連記事

コロナ 関連記事

《サンパウロ州》国際赤十字が防寒着募集=路上生活者などへの支援で

 国際赤十字サンパウロ州支部が冬恒例の防寒着キャンペーン(Campanha do Agasalho)を行っている。今年はコロナ禍という事もあり、衛生用品も集めていると5月31日付G1サイト、6日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。  国際赤十字による防寒着キャンペーンは2009年から続いており、事務所に届けられたり、ショッピン ...

続きを読む »

《ブラジル》第3波への恐れの中、ボルソナロ「接種済んだらマスク不要」で非難轟々=「いつまでマスクの囚人になっているのか!」とも=保健相は「検討中」と否定せず

 10日、ボルソナロ大統領は「コロナワクチンを接種した人やすでに感染した人は公の場でマスクを外しても良い」と発言し、マルセロ・ケイロガ保健相にもそれを認める意見書を出させようとして物議を醸している。10、11日付現地紙、サイトが報じている。  この発言は10日、大統領府で観光省のプログラムの開始記念イベントの席で行われたものだ。 ...

続きを読む »

特別寄稿=ボケ予防手段としての金融投資=じっくり楽しもうマネーゲーム=経済金融面は楽観ムードに=サンパウロ市在住 元週刊 FAXニュース代表 永井 忍=(5)

 さてブラジルは今、政治面では要注意、経済金融面では構造的ではなく一時的または部分的な改善でも、楽観ムードに支配された状況になっている。  政治面で要注意なのは、政府コロナ対策の調査に上院に設置されたCPI(議会審問委員会)が活動開始から1カ月以上が経ち、証拠整備の最中にあり、これまで政権を直ちに揺るがしかねない事態は特に起きて ...

続きを読む »

《ブラジル》労働事故訴訟=Valeに100万レの賠償命令=ブルマジーニョのダム決壊で=シングーダムも類似の状況

ブルマジーニョでの遺体捜索作業(Divulgacao/Corpo de Bombeiros de Minas Gerais)  ミナス州労働地域裁判所が7日、19年1月25日にブルマジーニョ市で起きたコレゴ・ド・フェイジョアン鉱山のダム決壊事故に関し、死亡した労働者1人あたり100万レアルの賠償金の支払いをVale社に命じたと1 ...

続きを読む »

《ブラジル》最高裁でもコパ・アメリカ覆らず=13日から試合開催へ

 10日、最高裁でサッカーのコパ・アメリカの開催をめぐる判事投票が行われ、賛成多数で開催されることが決まった。10、11日付現地紙、サイトが報じている。  今回のコパ・アメリカは、当初開催予定だったコロンビアとアルゼンチンが、デモによる治安悪化やコロナ禍の悪化のために開催不能と判断され、5月31日に急きょ、ブラジル開催と発表され ...

続きを読む »

東西南北

 6月といえばブラジルは全国的に収穫祭「フェスタ・ジュニーナ」の季節だ。昨年はコロナ禍が発生してすぐの状態だったため、中止になるケースがほとんどだった。でも今年は、規制を守りながら行うところや、ネットをつないでヴァーチャルで開催する学校や教会が目立っているという。そうした工夫の中で行われるが故か、衣装や出し物などの企画に工夫を凝 ...

続きを読む »

援協=JICA助成金に感謝=コロナ禍ダメージを回復=「ブラジル社会に貢献する」

 「ブラジル中が未曾有のパンデミックで苦しむ中、JICA助成金のおかげで健全な経営に戻り、傘下の福祉施設では入居者の環境改善も可能になりました」と園田昭憲副会長は感謝した。職員数が約2500人を超える日本国外では世界最大級の日系団体、サンパウロ日伯援護協会(援協、税田パウロ清七会長)は、5月の定例会議でJICA施設等整備助成金交 ...

続きを読む »

日語センター=全伯日本語教師オンライン研修会=コロナ禍ゆえの授業の工夫学ぶ

 ブラジル日本語センター(日下野良武理事長)は「第64回全伯日本語教師オンライン研修会」を、7月17、21、22,29日の4日間に開催する。JICAブラジル事務所後援、国際交流基金サンパウロ日本文化センター協力。  「今、新たな授業へ!~コロナ禍での経験を活かして~」をテーマに、このコロナ禍で日本語教育現場に必要とされる情報と技 ...

続きを読む »

国際日系デー生中継ライブ=コロナ禍乗り越える日系人

 ブラジル日本文化福祉協会(文協、石川レナト会長)は19日(土)午後8時(日本時間は20日午前8時)から「国際日系人の日(Dia Internacional do Nikkei=DIN)」の生中継ライブ「DIN21」を文協ユーチューブ(youtube.com/bunkyodigital)で実施する。  同イベントは、前回の成功を ...

続きを読む »

《リオ市》パケター島でコロナの一斉接種=18歳以上の人に20日に

パケター島で一斉接種を行うと報じる7日付G1サイトの記事の一部  リオ市市役所が、オズワルド・クルス財団(Fiocruz)の協力を得て、パケター島在住で新型コロナのワクチン接種をまだ受けていない18歳以上の人に、一斉接種を行う事を決め、20日に実施すると7日付G1サイトなどが報じた。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要 ...

続きを読む »