ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》盗み働いた路上生活者殺害=車に縛り付け、市中引き摺り回す

《ブラジル》盗み働いた路上生活者殺害=車に縛り付け、市中引き摺り回す

サントス氏を縛り付けたまま走り出す車と、経営者に挨拶する警備員(28日付G1サイトの記事の一部)

 ブラジル北東部マラニョン州で27日、路上生活者を車に縛り付けて引き摺り回し、死体を放棄した事件の容疑者2人が逮捕された。
 同州州都サンルイス市プライア・グランデ区にある統合ターミナル前で男性の遺体が発見されたのは5月17日。その後の調査で、死亡したのは路上生活者のカルロス・アルベルト・サントス氏(36)である事が判明した。
 警察が市内の防犯カメラの映像を集めて解析した結果、サントス氏は市内でレストランを経営していた男性の車に縛り付けられ、市内を引きずり回されて死亡し、ターミナル前に放置された事が判明したという。
 経営者はいったん車を停め、路上にいた男性と言葉を交わし、何かを飲んでからまた車を走らせたが、防犯カメラの映像には、経営者がサントス氏をわざと轢いた様子も残っていたという。

 経営者は犯行後、サンパウロ市に逃亡したが、サンルイス市に戻ったところで逮捕された。防犯カメラの映像に現れ、経営者と言葉を交わした男性も共犯者として逮捕された。この男性は、レストランの警備員で、サントス氏が盗みを働いたのを見つけて経営者に引き渡したとされている。
 警察によると、経営者は、サントス氏を引き摺り回した事を認め、自分の店で何度か盗みを働いていたから、懲らしめたと主張しているという。
 警察では、今後の捜査を通じ、経営者と警備員の行動を見て見ぬふりをし、警察に通報しなかった人達の有無や身元を確認し、経営者らと共に告発する可能性も視野に入れている。(28日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年12月4日 東西南北  サンパウロ州検察局は1日、元サンパウロ市文化局長のアレッシャンドレ・ユセフ氏や飲料大手のアンベブ、観光公社のSPトゥリスなどを起訴した。これは、今年のサンパウロ市カーニバルの市内のブロッコ行進に関連した契約での不正を問題視したもの。起訴状では、路上カーニバルに関連した、飲料水 […]
  • 《サンパウロ州》州道通行料が値上がり=例年なら7月の調整が今2020年12月3日 《サンパウロ州》州道通行料が値上がり=例年なら7月の調整が今  例年なら7月1日に調整されるサンパウロ州の州道の通行料が、新型コロナのために5カ月先延ばしされ、12月1日に調整された。  料金調整の対象となったのはアンシエッタ、イミグランテス、アニャンゲーラ、バンデイランテス、プレジデンテ・カステロ・ブランコ、ラポゾ・タヴァレス […]
  • 【特別寄稿】コロナ明けに行きたい博物館=コーヒーの歴史と魅力堪能=サンパウロ・ヴィラカロン在住 毛利律子2020年12月2日 【特別寄稿】コロナ明けに行きたい博物館=コーヒーの歴史と魅力堪能=サンパウロ・ヴィラカロン在住 毛利律子 案外難しいコーヒー作り  ニッケイ新聞11月14日号に、カフェ・ファゼンダ・アリアンサ社の新商品「ドリップバッグ・コーヒー」のことが紹介された。私は幸運にも、この記事より一足先に商品を味わい満喫している。早速、その会社のネットサイト(https://cafefaz […]
  • 東西南北2020年12月1日 東西南北  自分が推薦した候補の勝率が市長選で芳しくなかったボルソナロ大統領だが、2年後は自分の大統領選が控えている。それに備えた「対策」なのか、以前のような手作業の票集計に戻すよう主張している。本人の意見では「その方が正確」とのこと。だがその証拠はなく、ルイス・ロベルト・バローゾ選挙高 […]
  • 東西南北2020年11月28日 東西南北  29日は市長選の決選投票が行われる。サンパウロ市もコーヴァス氏が勝つか、追い上げるボウロス氏が逆転するかで、目が離せない展開となっている。だが、気になるのは投票場の状況だ。11月に入ってコロナの感染者や死者が再び増えているからだ。選挙高裁は、選挙人証の代わりとなり、投票圏外に […]