ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》社会保障制度改革=ジェレイサッチ上議が意見書提出=独断で歳出削減効果を縮小=「最終的には1兆レアル削減」と主張

《ブラジル》社会保障制度改革=ジェレイサッチ上議が意見書提出=独断で歳出削減効果を縮小=「最終的には1兆レアル削減」と主張

ジェレイサッチ報告官(右)とアルコルンブレ議長(Marcelo Camargo/Ag. Brasil)

 【既報関連】社会保障制度改革に関する憲法改正案(PEC)の上院報告官、タッソ・ジェレイサッチ上議(民主社会党・PSDB)が27日、同案に関する意見書をダヴィ・アルコルンブレ上院議長(民主党・DEM)に提出したと、28日付現地各紙が報じている。
 先週中の提出予定を週明けに遅らせた報告書では、下院で承認された内容に二つの変更が加えられていた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ