ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ黄熱病禍》昨年からの死者が通算36人に=サンパウロ市東部と南部のワクチン開始予定日が、3度目の前倒し

《サンパウロ黄熱病禍》昨年からの死者が通算36人に=サンパウロ市東部と南部のワクチン開始予定日が、3度目の前倒し

サンパウロ市北部ジャルジン・ペリでワクチン接種に並ぶ人々(参考画像・Rovena Rosa/Agência Brasil)

サンパウロ市北部ジャルジン・ペリでワクチン接種に並ぶ人々(参考画像・Rovena Rosa/Agência Brasil)

 【既報関連】サンパウロ州保健局が19日、2017年1月からこれまでに州内で確認された黄熱病の発生件数が81件、死者が36人に上ったと発表したと、20日付現地各紙が報じた。
 黄熱病の発生もそれによる死者も、一番件数が多いのはサンパウロ市北隣のマイリポラン市で、発生件数が41件、死者の数は14人だった。
 黄熱病予防ワクチンは、黄熱病ウィルスそのものから作る生ワクチンのため、副作用の危険性と無縁ではなく、これまでに副作用による死者がサンパウロ市で2人、サンパウロ州内陸部のサンジョゼ・ド・リオ・プレット市で1人確認されている。
 筋肉痛や倦怠感などの軽度の副作用ではなく、死に至るほどの副作用が発生する確率は50万人に1人の可能性だ。昨年10月からサンパウロ市内で黄熱病予防ワクチンを接種した人の数は180万人で、市内での副作用による死者は2人だから、実際の発生率は学術的な比率を下回っている。
 副作用は65歳以上の高齢者、妊婦、生後9カ月未満の乳児、エイズ感染者や放射線治療中などで免疫の低下している人に起こりやすく、該当する人はワクチン接種を避けたほうがよい。
 なお20日付本紙で、「サンパウロ市南部と東部の15地区の黄熱病予防ワクチン接種開始日は、26日から」と報じたが「一日も早く開始を」との市民の声が高まり、サンパウロ州内の他の自治体と同様にサンパウロ市制記念日である25日から始めると同市役所は発表した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》貿易収支=3週間で32億ドルの黒字=輸入減で品不足に悩む業界も2020年10月20日 《ブラジル》貿易収支=3週間で32億ドルの黒字=輸入減で品不足に悩む業界も  経済省が19日、10月第3週までの貿易収支は32・63億ドルの黒字だと発表した。  10月に入ってからの3週間の貿易額は、輸出が97・61億ドル、輸入64・99億ドルだ。経済省によると、第3週だけで6・82億ドルの黒字が出たという。  営業日1日あたりの貿易額は、 […]
  • 《ブラジル》22年大統領選は現副大統領抜きか=以前から意見の相違=気になる代替副候補は?2020年10月20日 《ブラジル》22年大統領選は現副大統領抜きか=以前から意見の相違=気になる代替副候補は?  ボルソナロ大統領が、2022年の大統領選には、現職のアミウトン・モウロン副大統領を副候補として選ばない考えであることを周囲に明かしていると、19日付フォーリャ紙が報じている。  フォーリャ紙が報じたところによると、ボルソナロ氏は、すでに3人の側近に、22年の大統領選 […]
  • 《ブラジル》コロナワクチン義務化めぐり意見対立=サンパウロ州知事牽制するボルソナロ2020年10月20日 《ブラジル》コロナワクチン義務化めぐり意見対立=サンパウロ州知事牽制するボルソナロ  新型コロナウイルスに対するワクチン接種をめぐり、ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事とボルソナロ大統領とが、「義務化するか否か」について、全く異なる主張をし合っていると、19日付現地サイトが報じている。  事の発端は16日、ドリア知事がコロナのワクチンに関して「医者に処方禁止 […]
  • 東西南北2020年10月20日 東西南北  先週、ブラジルの話題を独占したのはシコ・ロドリゲス上議だった。やはり、連邦警察が家宅捜索にふみこんだときに「パンツに賄賂と思しき大金を隠していた」という珍事は相当なインパクトがあった。そのため、ネット上では「これぞ、本当に汚い金」「警察は臭い金を“資金洗浄”しなければ」などと […]
  • 本門佛立宗=茨木日水上人50回忌決起大会=ブラジル仏教初祖の日制定祝う=11月にリンス大宣寺で法要2020年10月20日 本門佛立宗=茨木日水上人50回忌決起大会=ブラジル仏教初祖の日制定祝う=11月にリンス大宣寺で法要  サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区のブラジル本門佛立宗(HBS)の中央寺院日教寺(高崎日現ブラジル教区長)は18日、茨木日水上人50回忌決起大会と、笠戸丸移民である同上人が「僧侶」としてブラジル上陸した6月18日を「ブラジル仏教初祖の日」(Dia do […]