ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》選挙高裁が判事出身女性上議「女モロ」を当選無効に=汚職防止訴えたはずが

《ブラジル》選挙高裁が判事出身女性上議「女モロ」を当選無効に=汚職防止訴えたはずが

 選挙高裁(TSE)は10日、「女モロ」と呼ばれて注目されていた、判事出身の上院議員ジュイーザ・セウマ氏(ポデモス)を、隠し口座(二重帳簿)を使った収賄疑惑で当選無効と見なし、罷免した。11日付現地紙が報じている。
 マット・グロッソ州選出のセウマ氏は、昨年10月の上議選に社会自由党(PSL、任期中にポデモスに移籍)から出馬し、「汚職撲滅」をモットーに67万8500票を集めて当選した。彼女は判事だったため、候補者名に「ジュイーザ」を使用。ラヴァ・ジャット作戦担当判事だった現法相になぞらえて、「女モロ」「スカートをはいたモロ」などと呼ばれ、注目された。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ