ホーム | 日系社会ニュース | 松田潤治郎『ハチドリの歌』=自費出版文化賞特別賞を受賞

松田潤治郎『ハチドリの歌』=自費出版文化賞特別賞を受賞

表彰を受けた松田さん

 松田潤治郎さんが2013年12月に埼玉で自費出版した「ハチドリの歌」が第22回日本自費出版文化賞特別賞を受賞した。その功績を讃えて昨年12月15日、東京千代田区のアルカディア市ヶ谷で表彰式が行われた。
 松田さんは1970年から通算17年間ブラジルで生活した経験を持つJICAのOB職員。現在は横浜の海外移住資料館のボランティアなどをしている。この本は、17年ブラジルに住んだ経験をもとに書かれた、10の短編からなる童話集。ブラジルにやってきた少女が地元の少年と共に傷ついたハチドリを再び飛び立たせる物語や日系少年とアマゾンにすむ妖精の出会いなどが収録されている。
 今賞の応募総数は508点。地域文化部門、個人誌部門、小説部門、エッセー部門、詩歌部門、研究・評論部門、グラフィック部門7部門に別れ選出される。
 松田さんは特に応募数の多かった小説部門の中から第1次・第2次・最終選考を通過し、めでたく特別賞受賞をした。
 この日本自費出版文化賞は一般社団法人日本グラフィックサービス工業会主催・NPO法人日本自費出版ネットワーク主管で自費出版の再評価と活性化を目的として年に一度開催されている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 森で光る菌を先住民と見よう=アマゾン研究所の石川さんが絵本=4言語「ひかるもり」刊行2020年3月28日 森で光る菌を先住民と見よう=アマゾン研究所の石川さんが絵本=4言語「ひかるもり」刊行  日英ポルトガル語の3カ国語と先住民のニェエンガトゥ語による絵本『ひかるもり』(全64頁)が、昨年11月に刊行された。出版記念のイベントで2月25日~3月7日まで訪日していた、アマゾナス州都マナウスの国立アマゾン研究所(INPA)で研究員として勤める石川カズエ・ノエミア […]
  • 絵本「私のアマゾン」刊行=陣内すまさんが民話や料理紹介2019年7月20日 絵本「私のアマゾン」刊行=陣内すまさんが民話や料理紹介  アマゾナス州マナウス市在住の陣内すまさん(本名・陣内節子さん)が、アマゾンに関する絵本「大蛇の住む森 私のアマゾン」を日本の啓正社から刊行した。アマゾンで50年生活する陣内さんが、アマゾン川の魚や料理、民話などをまとめ、絵は画家の故・ヴァン・ペレイラさんが担当している […]
  • 本の表紙2014年8月23日 伝説の柔道家『コンデ・コマ物語』=青森県人会で取扱中  今月24日に創立60周年式典を控える青森県人会(玉城道子会長)が、昨年6月日本で出版された『コンデ・コマ物語―「柔道世界制覇」と「アマゾン開拓」』(三戸建次著、路上社)を75レアルで販売している。 同県人会の節目を祝して、著者の三戸氏が100冊寄贈した。同県出 […]
  • 福岡県人会=母県から7月式典の準備で来伯=コロナ危機で急きょ中止に2020年3月31日 福岡県人会=母県から7月式典の準備で来伯=コロナ危機で急きょ中止に  今年7月19日に県人会創立90周年及び県人移住110周年式典を開催する、ブラジル福岡県人会(南アゴスチンニョ俊男会長)の準備のために、公益財団法人福岡県国際交流センターの福島明彦専務理事と加藤奈美企画交流部主任が来伯し、3月9日に来社した。その後、同式典はコロナウイル […]
  • 新型肺炎で続々とイベント中止=日系社会でも悪影響が甚大に=県連故郷巡り延期、蘭展中止2020年3月14日 新型肺炎で続々とイベント中止=日系社会でも悪影響が甚大に=県連故郷巡り延期、蘭展中止  中国を発生源とする新型コロナウイルス(COVID―19)のブラジル国内の感染者1人目が2月26日に発見された。それから2週間あまりの13日午前10時半現在で151人を数えるまでに急増し、今後さらに爆発的に増えると予測する専門家も出てきた。これを受け、コロニアでも近日開 […]