ホーム | 文芸 | 刊行 | 『朝陰』490号が刊行

『朝陰』490号が刊行

 俳誌『朝陰』490号が8月に刊行された。《道問へばマスクを外して答へくれ》(笹谷蘭峯)は、今どきの街中の風情をこっけいに歌ったもの。《家族のみマスクをかけてサンジョン祭》(有田キヨメ)からは、日系人のみが感染に気を使うカンポモウロンの様子が伝わる。《冬晴や孫に合わせてマスク縫ふ》(那須千草)もぬくもりが伝わる作品。《くしゃみする夫に促すカーディガン》(山下志げ子)。《マスク掛け美人に見える人も居て》(伊藤みち子)、《ワクチンの開発祈り春を待つ》(富岡絹子)など、今号は時節柄パンデミックを詠ったものが多い。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • パウロ・ロベルト・コスタ容疑者(Lúcio Bernardo Jr./Câmara dos Deputados)2015年6月25日 コスタ被告が新たな供述=オデブレヒト元理事の疑惑暴露=ブラスケンを通じ贈賄?=故PP下議とホテルで会合  ラヴァ・ジャット作戦の仕掛け人のひとり、パウロ・ロベルト・コスタ被告が23日、連邦警察に最新の供述を行い、19日に逮捕された建設大手のオデブレヒト元理事のアレッシャンドリノ・アレンカール容疑者が、子会社のブラスケンを通して年間500万ドルの贈賄を行っていたことを明かした。 […]
  • コラム 樹海2011年7月27日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2011年7月27日付け […]
  • 元Jリーガー小杉敏之記者=W杯取材の中日新聞特派員2013年12月18日 元Jリーガー小杉敏之記者=W杯取材の中日新聞特派員 ニッケイ新聞 2013年12月18日  東京中日新聞ヨーロッパ総局ロンドン特派員の小杉敏之記者(45、東京)が、6日に行われたW杯の組み合わせ抽選会に合わせ来伯し、当地の取材を行った。 […]
  • 挨拶をする花田会長2015年4月11日 カンピーナス文協で夕食会=韓国料理で予想外の大盛況  カンピーナス日伯文化協会(花田忠義会長)が3月28日、同会館で「秋祭り日本文化紹介」の一環として夕食会を開催し、500人が来場した。 同会は例年では日本食となっていたが、今回は日韓文化交流に鑑みて、韓国料理を振舞った。日頃、世界文化交流に力を注ぐ花田会長ならではのアイデア […]
  • コラム オーリャ!2006年8月22日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2006年8月22日付け  「日本」の原風景は何か――。  現在、来伯中の詩人、吉増剛造さんの映画「島ノ唄」。効果音や音楽を付けることなく、撮影中に入った音のみで映画が作られている。 […]