ホーム | 日系社会ニュース | 日本館=キティーや仲間達に会おう!=スタンプラリーや交流イベントも

日本館=キティーや仲間達に会おう!=スタンプラリーや交流イベントも

西尾ロベルト文協副会長とキティちゃん

西尾ロベルト文協副会長とキティちゃん

 ブラジル日本文化協会(文協、石川レナト会長)が運営するイビラプエラ公園内の日本館(栗田クラウジオ運営委員長)が、サンリオと提携したアトラクションを1月31日まで開催中だ。
 この間、日本館でスタンプラリーが開催され、参加者は判子を押すための専用パスポートが貰える。日本館や庭園の各所に設置された専用判子を全て集めると、特別なポストカードがもらえるというもの。
 各判子設置個所では日本文化に関する紹介や、サンリオのキャラクターのパネルが設置され、来場者が企画と共に楽しみながら隅々まで日本館を楽しむ事ができる。
 交流イベントでは着物姿のキティーが登場し、来訪者を楽しませた。西尾ロベルト文協副会長も「50代の娘たちもハローキティーのファン」だといい、喜びと共にサンリオへの感謝を表した。

プレイベントでのキティちゃん

プレイベントでのキティちゃん

 サンリオ・ド・ブラジルのコマーシャル・マーケティングマネージャーであるモニカ・ジョセフさんは、「子供だけでなく、家族で楽しめる休暇期間のアクティビティとなる企画が出来ないか探していたところ、このような素敵な出会いがありました。サンリオファンだけでなく、サンパウロ市の方々にこれまでとは違う1年の締めくくりを提供できると思います」と開催への手応えを語る。
 開館日時は木~日・祝日の10時から17時。入場料は15レアル。半額券は7レアル。木曜日のみ一般公開で入場無料。なお休館日は12月24日、25日、31日、1月1日が休館。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 開発に燃えた青年隊が60周年=記念大会に国内外から164人=再会に笑み「5年後に会おう」2016年11月1日 開発に燃えた青年隊が60周年=記念大会に国内外から164人=再会に笑み「5年後に会おう」  南米開発の夢に燃えた青年たちが、ブラジルの大地に第一歩を印してから60年―。南米産業開発青年隊協会(渡邉進会長)は先月29、30両日、サンパウロ州郊外アヴァレー郡にあるアクァヴィレ・ホテルで、『60周年記念大会』を開催した。遠くは日本やポルトガルからも元青年隊員が駆けつけ […]
  • 《記者コラム》予防接種の割り込み告発4700件2021年2月25日 《記者コラム》予防接種の割り込み告発4700件  24日朝、ノートパソコンを開いた途端、予防接種開始以来の割り込み告発が4700件との記事が目に飛び込んだ。  その前にも、政治家や企業家、医療関係者とその家族が優先グループでもないのに接種を受けたとか、高齢者の振りをして接種を受けようとしたといったニュースを聞いてい […]
  • ■今週末の催し2015年6月18日 ■今週末の催し  土曜日(20日) 石川県人会文化祭、午前10時、同会館(Rua Tomas Carvalhal, 184)、日曜日も     ◎ コロニア芸能祭、午前9時、文協大講堂(Rua Sao Joaquim, […]
  • 心配停止の仲間救う=浜松=ブラジル人3人に感謝状2009年5月21日 心配停止の仲間救う=浜松=ブラジル人3人に感謝状 ニッケイ新聞 2009年5月21日付け  【静岡新聞】浜松市消防局は十九日、同市中区の同局でサッカーの試合中に心肺停止状態となったブラジル人男性(54)に適切な救命処置をした市内の男性三人に消防長感謝状を贈った。 […]
  • 大学入試の人種枠は合憲=黒人や先住民受験者に光明=いつまで継続かは課題に2012年4月28日 大学入試の人種枠は合憲=黒人や先住民受験者に光明=いつまで継続かは課題に ニッケイ新聞 2012年4月28日付け  大学入試における人種による特別枠の割当についての最高裁(STF)審議が行われ、満場一致で合憲と判断された。27日付伯字紙が報じた。 […]