ホーム | 日系社会ニュース (ページ 20)

日系社会ニュース

石塚大陸さんお別れ会

 18日に脳内出血で亡くなった元ニッケイ新聞記者、石塚大陸さんの「お別れ会」が、27日(土)午前10時から聖市サンジョアキン街285番の仏心寺で行われる。

続きを読む »

第65回全伯川柳大会を終えて=ロンドリーナ在住 鈴木甘雨

第65回全伯川柳大会の参加者の皆さん

 第65回目を迎えた全伯川柳大会が本年はロンドリーナ親和川柳会の主催となり、9月15日、パラナ州ロンドリーナ市ルア・ガポレ街962番アキラ食堂1階サロンにおいて開催されました。  参加者柳人19名、特別参加1名、計20名でした。 【当日の出席者】(敬称略) サンパウロ…青井万賀、今立帰、斉藤晃伯、駒形エリオ ローランジャ…那須ア ...

続きを読む »

北海道協会=10年前の雪だるまに恩返し=安平町支援イベントに300人=広がる復興支援の輪

北海道協会の皆さん(提供・ブラジル北海道協会)

 先月3日に北海道胆振東部を震源として発生した地震で甚大な被害を受けた安平町――そこと縁のあるブラジル北海道協会(大沼宣信会長)は、「北海道安平町震災支援イベント」を今月12日に開催した。3連休初日の祝日にも関らず、予想を上回る約300人が来場。焼きいかやニシン等の販売収益と募金を合わせて、一万レアル以上が集まった。同会が募金活 ...

続きを読む »

コチア青年=遠方より友集いて旧交温め=古希・喜寿・傘寿・米寿祝賀会

舞台上の古希・喜寿・傘寿・米寿者の前で挨拶する前田会長

 コチア青年連絡協議会(前田進会長)が主催する「古希・喜寿・傘寿・米寿祝賀会」が14日、聖市の宮城県人会館で行われ100人余りが集まり、何十年ぶりに再会した友らと語り合った。  最初に先亡者に黙祷を捧げ、前田会長が「今日一日、旧交を温めましょう」と挨拶、来賓の楠彰首席領事は「2508人のコチア青年から今日、約100人が節目の日を ...

続きを読む »

■訃報■本紙元記者 石塚大陸

 邦字紙記者を一生貫いた石塚大陸さん(だいりく)が18日午後4時ごろ、脳内出血により、聖市のサンタマギオレ病院で亡くなった。享年80。  9日晩もいつも通り近くのバールで晩酌し、自宅アパートに戻り、夕食を食べてから寝た。トイレのためかいったん起き上がった際、転んで頭部などを痛打した。その後、病院に運び込まれたが回復せず、8日後に ...

続きを読む »

中津川市=「観光や仕事でどうぞ!」=青山市長、杉本団長呼びかけ

青山市長、杉本団長

 岐阜県中津川市から公式訪問団17人が、レジストロ入植105周年、日本移民110周年、ブラジル岐阜県人会創立80周年を祝う記念式典に出席するため、18日に来伯した。青山節児市長と、中津川姉妹都市友好推進協会の杉本潤会長(訪問団団長)が夕方、聖市内ホテルで記者会見を行なった。今年は聖州レジストロ市との姉妹都市提携38周年でもある。 ...

続きを読む »

イビウーナ文協創立70年祝う=約600人が節目を祝う=奨学舎記念碑の除幕式も

70周年を祝いケーキカット

 聖南西地区のイビウーナ文化体育協会(CCEI、前田博文会長)が、『イビウーナ文化体育協会創立70周年並びにブラジル日本移民110周年記念式典』を14日午前から同会館で開催した。式典には地元日系人や文協関係者ら約600人が参加し、節目の日を祝った。また、新たに建立された記念碑の除幕式も行なわれた。  浄土宗イビウーナ日伯寺の桜井 ...

続きを読む »

横浜市で110周年記念イベント=イベント資金を募集中=クラウドファンディングで

クラウドファンディングサイト内のページ

 ブラジル日本移民110周年を祝う横浜市民の会(小林正博代表)がブラジル日本移民110周年記念イベント「VIVA! 110 de Yokohama」(横浜でみんなで祝おうブラジル日本移民110周年)を11月にJICA横浜で開催する。  同イベントのため、クラウドファンディングのサイト(https://camp-fire.jp/p ...

続きを読む »

ピニェイロス文化親睦会=創立55周年記念式典、28日

案内のため来社した皆さん

 ピニェイロス文化親睦会(寺田洋子会長)は、「創立55周年記念式典」を28日午前9時から、ピラチニンガ文化体育協会(Rua Valerio de Calvalho, 63, Pinheiros)で開催する。  午前9時から西本願寺の梶原洋文マリオ総長による物故者慰霊法要が行われる。その後式典となり、山下譲二氏の講話「ピニェイロス ...

続きを読む »

先没者慰霊碑に正式な管理権=野村市議が仲介、市が県連に=民営化で撤去の危険も

(左から)コバス市長と山田県連会長

 聖市のイビラプエラ公園民営化計画の検討が進められるなか、権利の所在を明記する書類がないことが懸案事項となってきた「ブラジル日本移民開拓先没者慰霊碑」。その管理権を明記する書類が今月4日、ブルーノ・コバス市長からブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)に正式に渡された。市長自ら文協貴賓室を訪れ、譲渡式を行った。  主に無縁 ...

続きを読む »