ホーム | 日系社会ニュース (ページ 20)

日系社会ニュース

■人探し■壷屋増男さん知りませんか?

高校一年の頃の壷屋さん

 埼玉県在住の加島広さんが、東京都の私立目黒高校時代に一年後輩だった壷屋増男さんを探している。  壷屋さんは1949年生まれで、存命であれば今年で70歳を迎える。渋谷区立代々木中学校、私立目黒高校を卒業し、中高一貫でブラスバンド部に所属していた。高校卒業から一年後の69年4月にブラジル丸で渡伯している。  加島さんは「高校時代の ...

続きを読む »

静岡文化芸術大学=学生がJHで県紹介=「日伯は強い絆で繋がっている」=初の伯国青少年派遣事業で

講演での発表の様子

 「日本とブラジル、2つの国は強い“絆 ”で繋がっています」――日系伯人三世の宮城ユカリ・モニカさんは発表の最後にそう結んだ。静岡県庁、日本外務省、ブラジル静岡県人会が連携した初めての試み「ブラジル青少年派遣事業」。ジャパン・ハウス(JH)で約1週間研修を行った学生らは、最終日の24日午後3時に一般客向けに静岡県の紹介を行った。 ...

続きを読む »

農大会=創立50周年記念を7月に=総会と新年会に約50人集まる

総会で記念の集合写真

 伯国東京農大会(原島義弘会長)の「第40回定期総会」及び新年会が17日正午から、聖市サウーデ区の同会館で開催された。パラー州ベレンからもブラジル各地から約50人が集まり、創立50周年に向けた結束力を見せた。  農大会はブラジルにおける大学OB会の中で唯一法人登録されている。現在までに35人の留学生を送る等、母校との交流も盛んだ ...

続きを読む »

■訃報■川田敏之さん

 アマゾナス日系商工会議所元会頭でマナウス在住の川田敏之さんが、胸膜炎により23日に逝去した。享年88。  長崎県出身。59年6月にアクレ州キナリー植民地入植した。63年にトレーゼ・デ・セテンブロ植民地に移転し、その後、マナウスで野菜や果物の卸で生計を立てた。  87年設立されたアマゾナス日系商工会議所の立上げメンバーで、92年 ...

続きを読む »

奉祝、天皇陛下ご在位30周年=コロニアから感謝の声!

憩の園をご訪問された両陛下(天皇・皇后両陛下ブラジル御訪問 p117)

 24日、天皇陛下ご在位30年記念式典が、東京都の国立劇場で催される。陛下は4月30日にご退位され、平成の御代もいよいよ幕引きとなる。天皇皇后両陛下は皇太子時代の1967年、78年、ご即位後の97年の計3回に及んでブラジルを訪問された。移住者と子弟にずっと心を寄せられ、デカセギブーム以降は、日本国内に還流する日系ブラジル人の生活 ...

続きを読む »

リオ・フンシャル移住地=今なお語り継がれる電撃訪問=早朝6時の衝撃、村民呆然

フンシャル移住地を訪問された若かりし頃の陛下

 「殿下がお見えになったのは、昭和42(1967)年5月27日の早朝6時頃でした。あの日の衝撃は今でも忘れられない」――リオ州フンシャル移住地在住の小松滋さん(63、北海道)は、当時の様子を昨日のことのように刻銘に記憶している。  1967年5月、ご成婚後、初めてブラジルをご訪問された両殿下は26日にリオ入りし、同日は州知事主催 ...

続きを読む »

78年、モジ日系社会ご訪問=日本通りが発展の礎に

山元さん

 聖市近郊、モジ・ダス・クルーゼス文化協会元理事長の山元治彦さんは、78年に両殿下がモジをご訪問された際、警備にあたり、市内の移民広場を車でお通りになったときに遠くから拝謁したという。「すごい人だかりで、感激したのを今でも覚えている」と話す。  両殿下のご訪問を記念して、その後、市内には「日本大通」りの名を冠する通りが制定された ...

続きを読む »

松柏・大志万学院=「これが日本の神様なんだね」=拝謁に浴した生徒が変心

川村さん

 日本の心を教え続けるる松柏・大志万学院の創立者、川村真倫子さん(90、二世)は「両陛下は本当に不思議なおかた。拝謁した子供達がみるみると変わるのを間近で見てきた」と話す。  同校では、2年毎に訪日使節団を派遣し、生徒は約50日間、全国津々浦々を訪問している。新年の一般参賀や伊勢神宮参拝など日本の真髄に触れる旅となっており、20 ...

続きを読む »

「娘がお世話になりました」=皇后陛下の気配りに感激

山内さん

 97年の両陛下ご来伯でご案内役を務めた文協元会長の山内淳さん(87、二世)は、皇后陛下の細やかなお気遣いに深い感銘を受けたという。  イタマラチー宮(ブラジル外務省)でご接見を受けた時のこと。皇后陛下が「娘がお世話になりました」とお言葉をかけられた。山内さんは「何のことかピンと来ずに目を回した」と笑う。だが、よくよく考えてみる ...

続きを読む »

苦労が滲んだご在位30年=慰霊の旅を続けた今上陛下

山城さん

 「もう、ダメか」――病床にて最期の瞬間まで沖縄に思いを寄せ、ご訪問叶わずに崩御された昭和天皇。その遺志を継がれ、地上戦で20万人以上が犠牲となった沖縄に計11回訪れ、慰霊の旅を続けてこられた今上陛下に特別な思いを寄せる人がいる。  沖縄県人会元会長で、糸満市米須出身の山城勇さん(90、沖縄県)だ。山城さんは、満蒙開拓青年義勇軍 ...

続きを読む »