ホーム | 日系社会ニュース | 日経新聞サ支局=外山支局長が帰国「躍動感ある」=宮本さん再任「伯国重要」

日経新聞サ支局=外山支局長が帰国「躍動感ある」=宮本さん再任「伯国重要」

左から宮本新支局長、外山前支局長(撮影のため一時的にマスクを外している)

左から宮本新支局長、外山前支局長(撮影のため一時的にマスクを外している)

 日本経済新聞社米州総局サンパウロ支局の外山尚之支局長(36歳・埼玉)が帰国、後任の宮本英威支局長(みやもと・ひでだけ、44歳・東京)が再任するにあたり、9月28日に交代挨拶に来社した。
 外山さんは2017年4月に着任し、4年間の中で最も印象的だった出来事として、「ボルソナロ氏が大統領に駆け上がる様を見られて良かった」と振り返った。
 大統領候補時代のボルソナロ氏にも直接取材。「当初は日本でもブラジルでも、彼の人気は一過性と口を揃えていた。『まさか本当に当選するとは!』というブラジルならでは躍動感、ダイナミズムを感じた」と感慨深そうに語った。
 日系社会に関する取材では、任期中にトメアスー移住地入植90周年記念の取材に現地へ趣いた事を挙げ、「とても良かった、ぐっと来る物があった」と頷く。
 後任の宮本さんは伯国2度目。外山さんの前任として12年から17年の間、同支局長を勤めていた。「前回は5年間いましたが、面白い国と感じていた」とメキシコ支局へ異動後もブラジル再着任を志願していたという。
 「ブラジルは日本からみて重要な国。豊富なコモディティや食糧生産国であること、2億人の人口を有する市場など、世界経済で果たす役割が大きい。日本企業も関係を深めた方が良いものの、地理的距離が障害になり中々深まらない様に感じます。両国関係が深まるような記事を出して行きたい」と抱負を述べた。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《リオ》ウビラニーがコロナで死去=パゴッジ生み出したフンド・デ・キンタル創立メンバー2020年12月12日 《リオ》ウビラニーがコロナで死去=パゴッジ生み出したフンド・デ・キンタル創立メンバー  サンバの大物グループ、フンド・デ・キンタルのヴォーカリストとして知られるウビラニー・フェリックス・ド・ナシメントが11日、新型コロナウイルスにより亡くなった。80歳だった。11日付現地サイトが報じている。  ウビラニーは1週間ほど前からリオ市バーラ・ダ・チジュッカ地 […]
  • 奈良県人会=先没者慰霊法要2006年9月21日 奈良県人会=先没者慰霊法要 2006年9月21日付け  奈良県人会(今西ラウル会長)は、二十四日午前十一時二十分から、西本願寺(シャングア街108)で、県人先没者慰霊法要を催す。縁の人たちに出席を呼びかけている。 […]
  • コラム 樹海2006年4月14日 コラム 樹海 […]
  • 佳作に選ばれた作品を持つ大塚さん2015年1月28日 広島県=筆の里絵てがみ大賞で=大塚さん3年連続で佳作に  サンパウロ市在住の大塚弥生さん(70、山口)の作品が「第18回筆の里ありがとうのちょっと大きな絵てがみ大賞」において、応募3回のうち3年連続で佳作に選ばれた。筆の全国生産量の約80%を占めることで有名な広島県安芸郡熊野町の「筆の里振興事業団」と中国新聞が共催するもの。 入 […]
  • コラム 樹海2012年6月14日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2012年6月14日付け […]