ホーム | 日系社会ニュース | 6千個のもちつき=大みそかにぎわう東洋人街

6千個のもちつき=大みそかにぎわう東洋人街

1月7日(火)

 もちつき祭りが三十一日午前九時半から、サンパウロ市リベルダーデ広場で開かれた。広場の周りには、『祭』と書かれた赤、白、黄、緑ののぼりが春風にはためき、コバルト色に晴れ上がった空にまぶしいほどだ。
 池崎会長たちがもちをついたあと、六千個のもちが配られた。リベルダーデ広場に長い列ができ、紅白のもちが入った袋を持った人たちは、南米大神宮が設置した茅(ち)の輪をくぐり、同神宮の祭壇前で宮司が一人一人握手した。祭壇には一対の榊(さかき)とお神酒どっくりの横にもち、水、ニンジン、大根、キュウリ、ゴボウ、ブドウが供えられた。もちの入った袋にはポルトガル語でかかれた浦島太郎の漫画パンフレットも添えられている。
 ちの輪くぐりの横では日・韓・ポルトガル語でキリスト教の布教をする韓国人宣教師の姿もあった。大みそかとあって、処刑者のための教会も開けられた。
 サンパウロ総領事館から西山巌邦人保護・証明班担当領事が出席、リベルダーデ広場でもち一俵がつかれた後、来賓はリベルダーデ通り三六五番の東洋会館で雑煮に舌鼓を打った。池崎会長、網野弥太郎さん、山内淳さんたちがほろ酔い機嫌で移民の歌、童謡、軍歌などを威勢よく歌い、NHK取材班が「懐かしい歌を歌ってますね」と、にこにこ顔で取材していた。
 もちつき祭りを開いたのはリベルダーデ商工会(池崎博文会長)、ブラジル日本都道府県人会連合会(中沢宏一会長)、南米大神宮の三団体。
 八団体・個人から寄付されたもち米八俵で、ヒデタカ・カナザワさんが六千個のもちをついた。もち米を寄贈したのは文協、県連、南米神宮、レジストロ文協、カステーラ菓子店、オズワルド・オヤドマリ、ノリオ・ヤギュウ、ジョン・スヤマさん。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日系代表団体の年頭あいさつ2008年1月1日 日系代表団体の年頭あいさつ ニッケイ新聞 2008年1月1日付け 日本祭りで交流をブラジル日本都道府県人会連合会会長 松尾治  謹んで新年のお慶び申し上げます。 旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 海外最大の日系人集団地であるブラジルの皆さんに、ニッケイ新聞を通じ年頭のご […]
  • 2008年7月5日 編集部座談会「ざっくばらんでいこう」=各地の百周年式典を総括 ニッケイ新聞 2008年7月5日付け ◆座談会参加者の紹介深=本紙の編集長ながら、最多のブラジリア、サンパウロ、パラナ、ベロ・オリゾンテを取材。若手記者を大きく引き離す奮迅の活躍ぶりを見せた。神=邦字紙記者歴四十余年、唯一過去の周年行事を取材。サンパウロ・サンボードロモ式典会 […]
  • 外務大臣表彰=例年上回る37個人・団体へ=移民110周年の区切りに=クリチバ領管内から最多16人2018年7月17日 外務大臣表彰=例年上回る37個人・団体へ=移民110周年の区切りに=クリチバ領管内から最多16人  2018年度外務大臣表彰の受賞者が、本日発表された。ブラジル日本移民110周年を迎える今年は、在伯大使館、在聖総領事館、在クリチバ総領事館、在マナウス総領事館、在レシフェ総領事館、在ポルトアレグレ領事事務所から、例年を上回る計37人の個人・団体が選出された。主な受賞者とその功 […]
  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • 2004年1月1日 日本人移住百周年 戦後移民どう関わる=現状はかやの外=「移民が催してこそ移民祭」 新年号 04年1月1日(木)  ブラジル日本移民百周年記念祭典協会(上原幸啓理事長)が昨年、正式に発足し二〇〇八年の日本移民百周年に向けて、動き出した。しかし、戦後移民の動きはやや鈍い。「参加しない戦後移民」の烙印を押されながらも、昨年七月には戦後移住五十周年記念式典を […]