ホーム | 日系社会ニュース | 神戸でブラジル移民祭=日系人ら〃祖父母の道〃たどる

神戸でブラジル移民祭=日系人ら〃祖父母の道〃たどる

2007年5月5日付け

 【神戸新聞】ブラジルへの移民が一九〇八年に初めて神戸港を出発してから丸九十九年となった四月二十八日、神戸市中央区山本通の旧神戸移住センターで「ブラジル移民祭2007」が開かれた。かつて移民が歩いた港への道をたどるウオーキングには、日系ブラジル人ら約百五十人が参加し、新天地へと旅立った祖父母らに思いを寄せた。
 同センターは一九二八年の設立。七一年に閉鎖されるまで、南米へ旅立つ移民約二十五万人が出発の手続きなどをした。移民は同センターから港まで南北約三キロの坂道を、戦前は歩いて、戦後はバスで下ったという。
 この日、参加者は両国の国旗を手に出発。日系ブラジル人のための学校「滋賀ラテン学園」(大津市)の生徒ら約六十人も参加した。道沿いの商店主らも、昔と同じように手を振って見送った。
 神戸大に留学中で、将来は日本の移民を研究したいというアルベルト・ヒカル・シンタニさん(20)は「祖父母は同じ道を夢や希望を持って歩いた。そのおかげで僕はここにいることができる」と語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 新会長に神戸さん就任=ブラジル日本交流協会2017年4月5日 新会長に神戸さん就任=ブラジル日本交流協会  ブラジル日本交流協会の会長を10年務めた二宮正人さん(68、長野)が名誉会長に就任し、神戸保さん(53、愛知)が新しく会長を務めることになった。  神戸新会長は1986年に、同会の前身「ブラジル青少年交流協会」の研修生として来伯。以降ブラジルに移住し同会の運営に携わった。 […]
  • 集合写真に納まる関係者2015年2月17日 パレード成功祝う打ち上げ=本番直後、疲れの中にも笑顔  本番を早朝に終えたばかりの14日午後、「耳にサンバのリズムがこだましている」という福嶌教輝在聖総領事の言葉で、同公邸での「ねぷたプロジェクト記念レセプション」が始まった。 パレードに参加した外務大臣政務官の宇都隆史参議院議員(40、鹿児島)、デザイナーのコシノ・ジュンコ氏 […]
  • 宮崎県人会書道=教室、会員を募る2007年5月9日 宮崎県人会書道=教室、会員を募る 2007年5月9日付け […]
  • フィデル・カストロ=妹がCIAのスパイ=大量処刑に落胆し寝返る2009年10月28日 フィデル・カストロ=妹がCIAのスパイ=大量処刑に落胆し寝返る ニッケイ新聞 2009年10月28日付け  キューバのカストロ前、現議長の妹、フアニッタ・カストロ氏がCIAのスパイであったとする回想録を刊行と27日付けジアリオ・ド・コメルシオ紙が報じた。 […]
  • 大耳小耳2012年1月25日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2012年1月25日付け […]