ホーム | 日系社会ニュース (ページ 10)

日系社会ニュース

「親切」テーマにモジ秋祭り=入植100周年を顕彰=4日間で来場者10万人見込む

開会式の鏡割り

 今年で入植100周年を迎えたモジ・ダス・クルーゼス文化協会(津田フランキ理事長)主催の「第34回秋祭り」が、6日から同文協総合運動場で始まった。テーマは日本人移民を受け入れてくれたブラジルに感謝を込めた「親切」。年々拡大し華やかになる同祭では、7、13、14日と4日間で10万人の来場を見込んでいる。  今年で日本人移民の入植1 ...

続きを読む »

池田中将、第三師団司令官に就任=国境警備で4万4千人と統轄

ミオット総司令官から激励を受ける池田中将

 伯陸軍の池田隆蔵中将は、今月5日、南大河州を管轄する第3師団司令官に就任した。歴代司令官からは軍政期のコスタ・エ・シルヴァ、メジシ両大統領を輩出している出世街道だ。現在、3人の日系中将がおり、その中から初の日系大将誕生が期待されている。  同師団は南大河州を管轄し、司令官は4万4千人の兵を統轄する。同州は近隣3カ国と国境を接し ...

続きを読む »

デカセギ子弟=自閉症児が日本人の2倍?!=シンポで教育問題が浮き彫りに=「今こそ日系社会が支援すべき」

 「自閉症と診断されている日本人児童は平均2~3%。一方で、発達に何かしらの障碍があると見込まれる外国人児童はその2倍に上る」――14日、ジャパン・ハウスで催されたシンポジューム「在日ブラジル人労働者子女の教育課題―日伯における文化的影響と学校適応―」で、愛知教育大学の二井紀美子准教授が調査結果を公表した。発達障碍と誤診された伯 ...

続きを読む »

モジ=お茶屋敷、運営権巡り訴訟=州裁判所が継続を許可=市長、中谷家の貢献を評価

 モジ市コクエラにある「カザロン・デ・シャ」(お茶屋敷)を連邦文化財に登録・復旧し、その運営を市役所から任されてきた御茶屋敷協会。ところが、その運営権を差し止める仮処分命令が先日、裁判所から出された。しかし聖州司法裁判所は3日、同会による運営継続を許可する判断を下した。オ・ジアーリオ紙が5日付けで報じた。  1942年に製茶工場 ...

続きを読む »

「国際日系人デー」の制定を=野村市議、聖市議会に法案

 昨年の海外日系人大会に於いて6月20日が「国際日系デー」と採択されたことを受けて、先月26日、野村アウレリオ聖市議は、同日をサンパウロ市の公式カレンダーに組み入れることを制定する法案を市議会に提出した。  これは日系人の価値観を守り普及するとともに、次世代に日本文化の伝統継承を図って広範に広め、ブラジル社会と共有することを目的 ...

続きを読む »

日系政治家運動が初会議=下本八郎元州議がよびかけ=昨年の落選受けて対策練る

 昨年の全国統一選挙で、聖州の日系社会と関係を持つ連邦下議、州議がことごとく落選した。この事態を打破すべく、下本八郎元聖州議は3月29日に日系政治家らを召集し、「日系政治家運動(Movimento  Politico Nikkei)」会議を文協ビルの県連会議室で行なった。今後は日系団体の代表者も交え、関係強化に努める意向だ。 & ...

続きを読む »

お釈迦さまの生誕を祝う=リベルダーデで今年も花祭り

 お釈迦さまの生誕を祝う「第53回花祭り」が1日からリベルダーデ日本広場で行なわれ、最終日の6日、しめやかに法要が営まれた。ブラジル仏教連合会(采川道昭会長)、釈尊讃仰会(伊藤パウロ勉(つとむ)会長)、仏教婦人連盟(上村光代会長)とリベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)が共催した。  ガルボン・ブエノ街の日本庭園には ...

続きを読む »

「イート・アジア」開店=一押しは和牛バーガー!

 伝統的なアジア諸国の屋台飯から着想を得たレストラン『Eat Asia』が先月8日、リベルダーデ日本広場145番にオープンした。  なかでも一押しは、和牛生産大手ケンスタール社の肉汁たっぷりで柔らかな特製和牛を使用した「ジャッパ・ドッグ」と「ジャッパ・バーガー」。牛丼、唐揚げ、焼き蕎麦や抹茶、バニラ、ベルギーチョコ味のシュークリ ...

続きを読む »

国士舘再開発=110周年目玉計画ついに着工=パビリオン建設の起工式=7月の桜祭りまでに上棟へ

 ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)はブラジル日本移民110周年記念事業である「国士舘大学スポーツセンター再開発計画」の起工式を、3日午前10時に同センターで行った。昨年12月にサンロッケ市から工事許可が下りていた。起工式には文協関係者や、コチア青年連絡協議会、マレットゴルフ協会等の同地の利用者ら28人が出席。7月の桜祭り ...

続きを読む »

第41回聖州相撲選手権大会=4部門で約150人が競い合う

 ブラジル相撲連盟(土屋守雄オスカル会長)主催の「第41回聖州相撲選手権大会」が、先月24日、聖市ボン・レチーロ区の常設土俵場で行なわれた。  今回、初めて成年部門を加えた同大会。会場には幼年から成年まで4部門に参加する男女合わせた約150人の力士が集い、互いの実力を競い合った。  また、前日の23日には、10月に米国ハワイで開 ...

続きを読む »