ホーム | 日系社会ニュース | 文協=もどりたいプロジェクト13日から=若年帰国者向け就職支援セミナー

文協=もどりたいプロジェクト13日から=若年帰国者向け就職支援セミナー

プロジェクトのチラシ

プロジェクトのチラシ

 ブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)は「もどりたいプロジェクト」を13日(月)から18日(土)までオンライン開催する。参加費は無料、対象は16歳~25歳までの若年層。
 主な対象となるのは、コロナ禍によりやむを得ず帰伯した元デカセギの若者や、パンデミックで失業した日系人・非日系人の16歳~25歳までの若年層。彼らを、ブラジル国内の雇用市場に再適応させるもの。
 若者が「企業が必要としている職業人材はどんな人か」「厳しい就職競争を生き抜く準備は」「パンデミックがもたらした変革やイノベージョンとは」という答えを求めるためにこのイベントは開催される。職業人として知識や質をあげることがイベントの目標だ。
 ブラジル式の履歴書の書き方から始まり、起業家精神、イノベーションの分野の専門家による講義やワークショップも行われる。多くのビジネススクールでイノベーション及び起業の講師を務めるコンサルタントのマルセロ・ナカガワ氏が講演する。
 イベントでは「就職活動支援」「起業のヒント」「帰国後のヒント」という3ブロックに分かれる。同開会式は13日19時にユーチューブで始まり、6日間にわたり開催される。
 同プロジェクトは、外務省の「海外在住邦人・日系人支援プログラム」の一環として実施されている。申込みは下記リンク(https://modoritai.com.br/)から。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ジウマ=全国州知事集め協力依頼=〃爆弾法案〃の阻止訴え=ICMS統一化に団結求め=罷免には断固対決姿勢2015年8月1日 ジウマ=全国州知事集め協力依頼=〃爆弾法案〃の阻止訴え=ICMS統一化に団結求め=罷免には断固対決姿勢  ジウマ大統領は7月30日、大統領府に全国から26州知事と1副知事と4時間にわたる会議を開き、8月から再開される議会で予想される連邦政府の財政を圧迫する〃爆弾法案〃を承認させないよう、党派を超えた協力を求めた。7月31日付伯字紙が報じている。 今回の中心テーマは、来週からの […]
  • ■ひとマチ点描■これが即位の礼の引き出物2019年11月27日 ■ひとマチ点描■これが即位の礼の引き出物  「即位の礼」に参加した菊地義治さんが「引き出物として受け取った」と見せてくれた、色とりどりの金平糖が入った純銀製の「ボンボニエール(フランス語で〃菓子器〃)」。  NHKの報道によれば、明治時代以降、皇族の結婚式等の慶事の祝宴で出席者に贈る習わしがあるという。現上皇 […]
  • ブラジル保健省=ジカ熱緊急事態宣言を解除=昨年比で9割以上の減少2017年5月13日 ブラジル保健省=ジカ熱緊急事態宣言を解除=昨年比で9割以上の減少  【既報関連】保健省は11日、ジカ熱の国内緊急事態宣言を解除したと12日付現地紙が報じた。この決定は、16年2~11月に世界規模の緊急事態宣言を出していた世界保健機構(WHO)にも伝えられた。  ジカ熱はネッタイシマ蚊が媒介する感染症で、緊急事態宣言は15年11月に出されてい […]
  • 身を切られる悲しみと肩の荷が下りる喜び2020年12月10日 身を切られる悲しみと肩の荷が下りる喜び  キリストの降誕を祝うクリスマスが近づき、2本のローソクに灯を点した6日朝、友人の一人が脳血管障害(AVC)で急死したとの知らせを受け、言葉を失った。  11月18日には別の友人がAVCを起こし、現在も入院中。それに加えて、つい先日は心筋梗塞で義兄弟を失った友人もいた […]
  • 大耳小耳2016年12月14日 大耳小耳  リベルダーデ文化福祉協会(ACAL)の池崎博文会長が、先月末交通事故に合い現在自宅で療養中という。なんでもマイリポランの別荘からの帰り、車が横転し腰を痛めたとか。そのため、東洋街で先日開催された東洋祭りでは、48年の歴史のなかで唯一欠席した。ブラジル人政治家からも「リベルダー […]