ホーム | 日系社会ニュース (ページ 2)

日系社会ニュース

5カ国15人集まって研鑽=第33回汎米日本語教師研修会=国境越え、共通の悩み話し合う

記念の集合写真

 ブラジル日本語センター(日下野良武理事長)主催の「第33回汎米日本語教師研修会」の開講式が14日午後5時、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の同センターで開催された。今年は伯国、亜国、ペルー、コロンビア、ドミニカ共和国の5カ国から15人の教師が参加し、26日まで2週間研修を行う。  式の冒頭、日下野理事長はあいさつで「私のような ...

続きを読む »

5県人会が記念式典を開催=北海道、青森、長野、和歌山、宮崎=県知事ら慶祝団の来伯に期待

式典開催予定の5県人会

 2019年に入り、各県人会の周年行事の予定が徐々に固まりつつある。今年は北海道、青森県、長野県、福井県、和歌山県、宮崎県の6県が創立記念の節目を迎える。うち、福井県以外の各県人会は式典を行う予定。11県が記念式典を開催した昨年より落ち着いた年にはなるが、関係者には今年も忙しい8月~11月になりそうだ。記念誌を作成する県人会もあ ...

続きを読む »

今年も新春初生け華やかに=池坊華道会ブラジル支部

初活けの開会式典に参加した皆さん

 華道家元池坊華道会ブラジル支部(河村徳子支部長)主催の「新春初生け」が12、13両日に聖市リベルダーデ区のニッケイパラセホテルで開催された。  会場には、聖州食料保管センター公社(通称セアザ、Ceagesp)やイタケーラの花卉生産者から仕入れたり、自宅の庭で育てた花財を用いて生けた34作品が華やかに展示され、約250人が来場し ...

続きを読む »

神奈川大学OB会新年会=貞方氏の受勲祝いを兼ね

貞方氏の受勲祝いも兼ねて行われた

 神奈川大学在サンパウロOB会(貞方賢彦会長)は新年会を11日夜、市内のエスパッソ和2階で催した。当日はサプライズとして、平成30年度「秋の叙勲」で旭日双光章を受章した貞方賢彦氏の受勲祝いも兼ねて行われた。  貞方氏は、海外貿易に携わりたいとの夢を抱いて同大第2経済学部で経済と西語を学んだ後、66年にブラジルヤクルト商工(株)設 ...

続きを読む »

ゲートボール連合会=役員の大幅な若返り図る=58歳、萩尾会長が就任=「若い人へ普及させたい」

新しく就任した萩尾会長

 「ゲートボールを若い人に任せて、新しい考えでやってほしい」―ブラジルゲートボール連合会(本多八郎会長)の「第36回定期総会」が10日午前9時から宮城県人会会館で開催され、2期4年を務めた本多会長が後進へと席を譲った。新会長になったのは、聖南西カウカイア・ド・アウト支部長の萩尾勝巳ジュリオ氏(58、二世)。萩尾氏は30代から50 ...

続きを読む »

海軍初の日系中将・和田氏=軍技術センター所長に就任

就任式典の様子(提供写真)

 ブラジル海軍で初の日系人将官となった和田典明氏(58、二世)が、昨年の11月に海軍中将に昇進し、1月7日には聖市にある海軍技術センターで所長就任式典が行われた。日系人が海軍中将になったのは、同氏が初めて。元海軍大将でボウソナロ内閣の鉱山動力大臣を勤めるベント・アウブケルケ氏も出席し、異例の式典となった。  和田中将は、1960 ...

続きを読む »

レジストロ=突然の稲妻で日系妻子即死=5時間で755回落雷の異常気象

落雷の様子(参考写真)

 8日夜、南聖レジストロ市のキロンボ区の小農場で果実を収穫していた薬剤師のアキオ・オオヤマさん(47)の妻ルシレイラ・バルボーザ・ダ・シウヴァさん(40)と娘タイス・マユミ・オオヤマさん(11)の2人が、突然の落雷により死亡した。G1サイト10日付けで報じている。  同サイトによれば、一家はパラナ州クリチバ在住で、休暇を利用して ...

続きを読む »

修養団=講習会を6都市で開催=青少年ら1500人参加

来社した一行

 ブラジル修養団連合会(桜井仁会長)は、日本から青年部担当の青木富造常任理事を招聘し、聖、パラナ州6都市を巡り少年少女講習会を実施している。  「愛と汗」の精神を通じて社会教育を行うことを目的として団体で、当地では1971年に創立した。日本から30年近くに及んで講師が派遣されており、毎年講習会を開催している。  各地で開始される ...

続きを読む »

■尋ね人■岡本トシ子さん

 ブラジル広島文化センター(平崎靖之会長)が、日本から土地の相続人探しの依頼を受け、岡本トシ子さんを探している。  岡本さんは1922年、サンパウロ州ピンドラマ生まれなので、生きていれば現在96歳。両親は高知県伊野町出身の西川清吾・福壽さん。1951年に、本籍が広島市東区中山中町の岡本正一さんと結婚している。  心当たりのある方 ...

続きを読む »

平野植民地=盗まれた運平胸像を再贈呈=恩人の没後百年を記念して=銅像溶かされ「再利用」か

平野運平銅製胸像を盗まれ、台座だけの無残な姿に

 来月6日、平野運平没後百年を迎えるに際して、サンパウロ市カンブシ区エスタード大通沿いに位置する平野運平広場に設置され、盗難に遭っていた平野運平の胸像を再贈呈しようとの計画が平野農村文化体育協会(山下薫ファビオ会長)で持ち上がっている。昨年7月に眞子内親王殿下をお迎えした同地では、わずか9世帯ながらも、平野運平の功績を後世に残そ ...

続きを読む »