ホーム | 日系社会ニュース (ページ 2)

日系社会ニュース

➡【無料朝刊サービス登録】緊急対応の無料PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!

■訃報■コロニア最高齢112歳、川村さたよさん

川村さたよさん

 「コロニア最高齢」といわれていた川村さたよさんが9日午前11時40分に、サンパウロ市リベルダーデ区のレフォート病院で肺炎により亡くなった。行年112歳。同日午後10時から近親者のみでベラビスタ区のフネラルホームで告別式を行い、翌日、カンポ・グランデ墓地に埋葬された。初七日ミサは15日にサンタリッタ教会で行われた。  さたよさん ...

続きを読む »

CIATE=国際シンポをオンライン開催=コロナ禍の在日ブラジル人の挑戦テーマに

ライブ配信中の様子。左から二宮CIATE理事長と司会のジョルジ・マツモト氏

 国外就労者情報援護センター(CIATE、二宮正人理事長)が恒例の「国際シンポジウム」を3日と4日にユーチューブ上(https://www.youtube.com/c/CIATEvideos)で開催した。今年は「コロナ禍における在日ブラジル人の挑戦と2022年に向けた展望」をテーマに日伯両国から各分野の講演者を招き、日ポ両語の同 ...

続きを読む »

喜怒哀楽=トマス・ゴンサガ街に新店=豪華重箱弁当やおつまみどうぞ

重箱弁当を手にする佐藤さん

 「長らくお待たせしました。一新して『喜怒哀楽』がオープンしました。皆さんぜひ重箱の懐石料理を、広々としたこのお店でお楽しみください」――サンパウロ市リベルダーデ区トマス・ゴンサガ街にオープンした新店店長の佐藤浩香さん(北海道・55歳)はそう皆に呼びかけた。東洋街で30年以上親しまれてきた日本食レストラン「喜怒哀楽」が7日、トマ ...

続きを読む »

二宮正人さん=リオ・ブランコ勲章異例の3度目=今回はコメンダドール位受章

 国外就労者情報援護センター(CIATE)の理事長などを務める二宮正人氏(73歳、長野県)が、ブラジル外務省からリオ・ブランコ国家勲章コメンダドール位受章を受けた。11月25日付けの連邦官報で発表された。  7日に外務省からの電話連絡で知ったという二宮氏は、「大変名誉な事。令和元年の秋には日本政府から瑞宝中綬章を受けましたが、ブ ...

続きを読む »

■訃報=卓球監督の小林マウリシオさん

小林マウリシオさん

 卓球監督の小林マウリシオさんが8日、サンタカタリーナ州ジョインビレ市で開催された卓球大会後に体調を崩し、救命救急病院に搬送されが2度心肺停止となり亡くなった。享年74歳。  葬儀は16日午後8時からサンパウロ市プラナウト・パウリスタ区の教育施設IMSJT(Instituto Meninos de São Judas Tadeu ...

続きを読む »

海外在留邦人=在外ネット投票求め署名活動=26日に目標の1万筆達成=更なる署名や協力を呼びかけ

Change.orgの同プロジェクト署名ページ

 11月26日、在外有権者のネット投票の導入に向け、邦人女性3人が署名サイト「Change.org」で立ち上げたプロジェクトに目標人数の1万筆が集まった。今後、日本政府に署名陳情を提出に向けてスケジュールの調整を行っている。  署名活動発起人のひとりであるイタリア在住邦人の田上明日香さんは「皆様のおかげで目標数1万筆到達し、現在 ...

続きを読む »

池崎商会=コロナ禍越えて美容見本市=南米最大ビューティーフェア

開会の挨拶をする池崎氏

 池崎商会主催の国際美容見本市『第16回ビューティー・フェア』が11月20日から23日までの4日間、サンパウロ市内のエキスポセンターノルテで華やかに開催された。  同イベントは、中南米最大の規模を誇るが、昨年はコロナ禍により開催中止。本年はコロナ禍が治まってきたことから、感染対策を徹底して開催された。今年は約500のブースが設置 ...

続きを読む »

JHSP=『吹く-日本の硝子デザイン』展=伝統と現代が共存する職人技

真中の窪みにスマートフォンを入れることで温かみある音色に変わるスマホスピーカー

 サンパウロ市のジャパン・ハウス(JH、エリック・アレシャンドレ・クルッグ館長)は、『吹く-日本の硝子デザイン』展を15日から3月6日までブラジル式地上階と1階で開催する。入場無料。  江戸時代に誕生し、現在も東京の硝子職人に継承される「江戸硝子」。伝統の技法で1点1点制作された作品を約300点展示する。伝統の技により制作された ...

続きを読む »

第17回栢野定雄杯大会開催=マレットゴルフの概要や歴史

左からイクオ・キヨハラ連盟会長、日本カントリークラブ・マレット・ゴルフ部初代部長の栢野定雄さん、ブラジル国家鉱業会社(CSN)で貿易課長を務めていたIdelson Alves de Azevedoさん、吉田アキミツ・エジソン部長(76)

 第17回栢野定雄杯マレットゴルフ大会が12日、アルジャ市の日本カントリークラブで行われた。男子71人、女子31人、計102人が参加した。  初回からスポンサーを務めてきたアルヴァロ・ヤマカワ副会長(85歳)は、「マレットゴルフは日本由来の新しいスポーツ。サンパウロ州には30の競技場があり、約1千人の競技者がいる。高齢者に適した ...

続きを読む »

裏千家宗旦忌28人に許状授与=感染対策徹底し55人超出席

花月の様子

 茶道裏千家ブラジルセンター(林宗一代表)は、茶会「宗旦忌」を11月28日、ブラジル日本文化福祉協会ビルの裏千家教場「伯栄庵」で行った。宗旦忌は、宗家三大忌のひとつ千利休の孫である千宗旦の忌日を偲ぶ会だ。  当日は、約60人が参加した。同会には参加希望者が100人以上いたが、感染対策を徹底するため、先着順で人数制限をして開催され ...

続きを読む »