ホーム | 日系社会ニュース (ページ 2)

日系社会ニュース

日本財団=日系人の日本留学を支援=6月1日から募集実施

日系スカラーシップ奨学生の皆さん

 公益財団法人・海外日系人協会(上田清司会長)が、ブラジルを含む中南米などに在住する日系人子弟の日本留学を支援する給付型奨学金プログラム「日本財団・日系スカラーシップ『夢の実現プロジェクト』」の受給希望者を6月1日から募集する。応募締め切りは7月31日。  同プログラムは、居住国と日本の両国間の理解促進や、居住国、地域社会の発展 ...

続きを読む »

■訃報■下小薗昭仁さん

 現地からの連絡によると、本紙「パラー州通信員」の下小薗昭仁さんが22日朝、パラー州ベレン市のアマゾニア病院で亡くなった。詳細は不明。22日晩に通夜、23日午前9時から市内の墓地で埋葬される予定だという。

続きを読む »

日本移民と皇室の深い絆語る=二宮正人さんJHで講演会=大統領通訳、コロニアを代弁=「毎年お茶にお誘い頂く」

「内親王殿下3人の初ご訪問国はブラジル」と日伯の強い絆を語る二宮正人さん

 「上皇上皇后両陛下のおぼしめしで、3人の内親王殿下はみな、ブラジルを最初の公式訪問国にしておられます。そのお一人が今回、天皇陛下にご即位されました」――歴代の大統領通訳として皇室と深い面識を持つ二宮正人サンパウロ総合大学(USP)法学部教授は5月9日晩、聖市のジャパン・ハウスで「天皇―日本のシンボル」をテーマに講演し、皇室とブ ...

続きを読む »

19人が受勲の栄誉に輝く=令和元年の春の叙勲で=教育、スポーツなど多分野で

 日本政府は21日、2019年(令和元年)春の受勲者を発表した。伯国からは邦人7人、外国人12人の計19人が叙勲を受けた。一昨年は7人、昨年は13人と増えているが、在聖総領事館広報によれば「特に増えた理由はありません。審査した結果そうなったということです」とのこと。受勲者の一人、安永信一氏(71、三世)は、「とても嬉しい。自分一 ...

続きを読む »

休日のATM利用に要注意=高齢者狙ったカード詐欺か

 「母の日」だった12日(日)午前10時、東洋街の銀行で高齢者を狙ったカード盗難事件が発生した。被害者の戦後移民女性が来社して事件の詳細を語り、注意を呼びかけた。  被害者によれば、事件は聖市リベルダーデ区ガルボン・ブエノ通りのサンタンデール銀行で発生。休日なので現金自動預け払い機(ATM)はガラガラだった。奥から二番目の機械で ...

続きを読む »

NHK紅白歌手=三山ひろしからメッセージ=公演チケット、残り僅か=スペシャル晩餐会も決定=北パラナ・アサイでも開催

 「松前ひろ子・三山ひろしスペシャルコンサート」(池田マリオプロダクション主催)までついに1カ月を切った。日本移民111周年を記念して、6月16日(日)に聖市の文協大講堂(Rua Sao Joaquim, 381)で催される。企画・チケット販売を行う藤瀬圭子プロ事務所の藤瀬さんは、「高齢者向け半額チケットは1週間でなくなった。残 ...

続きを読む »

インジオの伝統文化を体験=白熱の格闘技「ウカウカ」も

伝統舞踊を披露するクイクロ族

 トレンディ・ツーリズモ(関根いつ子社長)は「インディオツアー」を11日に実施した。駐在員やその家族ら24人が参加し、インジオの儀式を見学、体験して先住民文化に触れた。  普段はマット・グロッソ州のインジオ保護区「シングー国立公園」に暮らすインジオ部族「クイクロ族」が、毎年3月末から5月中旬まで、聖州ジュキチーバの施設「トッカ・ ...

続きを読む »

■人探し■坂本ムメノさん

 長崎県島原市在住の諸山(もろやま)絹子さんが、義理の妹である坂本ムメノ(漢字表記は梅野)さんの消息を探している。  坂本さんは1936年(昭和11年)に長崎県南高来郡有明町(現・島原市有明町)よりブラジルに家族で移住。諸山さんによれば、37年頃にサンパウロ州プロミッソン市コアレゴアズールから坂本さんの手紙が届いたという。 手紙 ...

続きを読む »

日本食親善大使=白石テルマ、初の日系伯人=「伝統的な日本食広める」=元デザイナー、異色の経歴

日系ブラジル人としては初めて任命された白石さん

 「責任を持って、伝統的な日本食の普及に努めていきます」――日本食レストラン「藍染」のオーナー兼シェフの白石佑佳テルマさん(三世)は、「日本食普及の親善大使」就任にあたってそう決意を語った。今月10日午後に同親善大使の任命式が在聖総領事公邸で行われたときの一コマだ。日系ブラジル人で同親善大使に任命されるのは初めて。関係者ら約40 ...

続きを読む »

伯国、亜国勢が上位席巻=ブエノスで南米相撲選手権大会

出場した選手ら

 南米相撲協会(籠原功会長)、アルゼンチン相撲連盟共催の「南米相撲選手権大会」が5日、アルゼンチンのブエノス・アイレスの市営体育館にて開催された。男子は24回目、女子は12回目を迎える今大会には、伯国、亜国、チリ、パラグアイの4カ国から12人、28人、3人、6人の計49人の選手が出場した。  少年の部は軽量級、中量級、重量級、無 ...

続きを読む »