ホーム | 日系社会ニュース | 聖南西=新年には活動再開の見込み=ピエダーデ婦人部手料理で忘年会

聖南西=新年には活動再開の見込み=ピエダーデ婦人部手料理で忘年会

会議の後、ピエダーデ文化体育協会(ACEP)会館の玄関で全会員団体代表が記念写真  写真=ACEP婦人部が作った手料理で忘年会を行った

会議の後、ピエダーデ文化体育協会(ACEP)会館の玄関で全会員団体代表が記念写真
写真=ACEP婦人部が作った手料理で忘年会を行った

 第2回聖南西文化体育連盟(UCES=山村敏明会長)定例会議が11日午前9時から、ピエダーデ市にある同文化体育協会(ACEP)会館で開かれた。会員25団体と会員6文化部の代表を合わせて49人全員が出席、2021年度決算報告、事業報告および2022年度の事業計画が提案された。その後、ACEP婦人部の手料理で忘年会が行われた。
 決算報告では、300万レアル基金のうち222万9021レアルを達成したと報告された。うち、各会が拠出した34万9500レアル分はコロナ禍に対処するため各団体に払い戻されたと報告された。
 12月4日に落成したピラール・ド・スル日本語学校増築教室は「令和2年度草の根文化無償資金協力」によるもので、32万レアルの協力が日本政府からあったと感謝の言葉があった。

ACEP婦人部が作った手料理で忘年会を行った

ACEP婦人部が作った手料理で忘年会を行った

 2022年度の事業計画案に関しては、各団体がドライブスルーで弁当、果物などを販売して資金確保しようとしていることが伺われた。
 陸上競技部、教育部、音楽部、相撲部、卓球部、和太鼓部の活動はコロナ禍で停止していたが、2022年には通常に戻ると予想される。
 一方で各都市の日本祭りが通常通り実施されるのかどうかが、不明確で不安視されていた。この『日本祭り』に参加して資金を確保する日系の協会が多く、日系文化体育協会の存続にもかかわる問題で憂慮されている。
 定例会議の後は、ピエダーデ文化体育協会の婦人部が作った手料理で忘年会を行った。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2013年7月31日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年7月20日  県連の「日本祭り」が16回目を迎えた。網野弥太郎さんが会長のときに始めたものでありイビラプエノ公園で開かれたのだが、これほど大きな催事になると予想した人は少ない。今やコロニア最大の祭りとなり入場者も20万人を越す賑わいであり、北海道から沖縄 […]
  • コラム 樹海2011年12月24日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2011年12月24日付け […]
  • 大耳小耳2018年2月7日 大耳小耳  ブラジル政治専門ニュースサイト「プラントン・ブラジル」の1月21日付けによると、意外な日系人出馬の可能性が話題になっている。ラヴァ・ジャット作戦で逮捕された大物政治家らを連行する役割を務めて話題になった「Japones da […]
  • はばたけ!ダチョウ飼育(下)=夢追う日系飼育者==高まるブラジルでの需要2003年9月12日 はばたけ!ダチョウ飼育(下)=夢追う日系飼育者==高まるブラジルでの需要 9月12日(金) […]
  • 債務不履者が5640万人に=安易なカード使用に警鐘2015年8月11日 債務不履者が5640万人に=安易なカード使用に警鐘  銀行業務集中サービス会社セラーザ・エクスペリアン社(以下、セ社)が6月末現在でまとめたデータによると、ブラジルの債務不履行者は労働力人口の3分の1にあたる5640万人で、債務総額は2430億レアルに上ると10日付フォーリャ紙が報じた。 半年毎の債務不履行者数は12年6月の […]