ホーム | 日系社会ニュース | 聖南西=新年には活動再開の見込み=ピエダーデ婦人部手料理で忘年会

聖南西=新年には活動再開の見込み=ピエダーデ婦人部手料理で忘年会

会議の後、ピエダーデ文化体育協会(ACEP)会館の玄関で全会員団体代表が記念写真  写真=ACEP婦人部が作った手料理で忘年会を行った

会議の後、ピエダーデ文化体育協会(ACEP)会館の玄関で全会員団体代表が記念写真
写真=ACEP婦人部が作った手料理で忘年会を行った

 第2回聖南西文化体育連盟(UCES=山村敏明会長)定例会議が11日午前9時から、ピエダーデ市にある同文化体育協会(ACEP)会館で開かれた。会員25団体と会員6文化部の代表を合わせて49人全員が出席、2021年度決算報告、事業報告および2022年度の事業計画が提案された。その後、ACEP婦人部の手料理で忘年会が行われた。
 決算報告では、300万レアル基金のうち222万9021レアルを達成したと報告された。うち、各会が拠出した34万9500レアル分はコロナ禍に対処するため各団体に払い戻されたと報告された。
 12月4日に落成したピラール・ド・スル日本語学校増築教室は「令和2年度草の根文化無償資金協力」によるもので、32万レアルの協力が日本政府からあったと感謝の言葉があった。

ACEP婦人部が作った手料理で忘年会を行った

ACEP婦人部が作った手料理で忘年会を行った

 2022年度の事業計画案に関しては、各団体がドライブスルーで弁当、果物などを販売して資金確保しようとしていることが伺われた。
 陸上競技部、教育部、音楽部、相撲部、卓球部、和太鼓部の活動はコロナ禍で停止していたが、2022年には通常に戻ると予想される。
 一方で各都市の日本祭りが通常通り実施されるのかどうかが、不明確で不安視されていた。この『日本祭り』に参加して資金を確保する日系の協会が多く、日系文化体育協会の存続にもかかわる問題で憂慮されている。
 定例会議の後は、ピエダーデ文化体育協会の婦人部が作った手料理で忘年会を行った。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リオ市サンセバスチアン・メトロポリタナ教会の信者達が作ったカーペット(Tânia Rêgo/Agência Brasil)2015年6月6日 色とりどりのカーペット=各地各様で聖体祭を祝う  4日の「聖体祭」はカトリックの重要な行事の一つで、信者達が路上に色とりどりのカーペットを作るなど、各地各様の方法でキリストに思いをはせた。 カーペットを作るのに使う材料はおが屑や煎じた後のコーヒー、シュラスコに使う粗塩、水槽などに入れる色のついた石などで、朝も暗いうちから […]
  • 継父が女児5人殺害=妻の家出話にしっとして 南大河州2004年3月13日 継父が女児5人殺害=妻の家出話にしっとして 南大河州 3月13日(土)  【フォーリャ・デ・サンパウロ紙十二日】リオ・グランデ・ド・スル州大ポルト・アレグレ圏ヴィアモン市で十一日、女児五人が継父に殺害された。 […]
  • サンパウロ州=黄熱病の猿の死を確認=予防接種による死者2人目2008年2月5日 サンパウロ州=黄熱病の猿の死を確認=予防接種による死者2人目 ニッケイ新聞 2008年2月5日付け  サンパウロ州内陸部のノヴァ・アリアンサとメンドンサで黄熱病の猿の死が確認され、これら二市を中心とした一三市で、二日から予防接種キャンペーンが始まった。 […]
  • 回復傾向の今、打つべき手は?=商議所部会長シンポ24日2017年8月18日 回復傾向の今、打つべき手は?=商議所部会長シンポ24日  5時間で今のブラジル経済の難解な動向が手に取るように分かる――ブラジル日本商工会議所の総務と企画戦略の両委員会が共催する『2017 下期業種別部会長シンポジューム』が24日午後1時からサンパウロ市インターコンチネンタルホテル(Alameda Santos, […]
  • 焼きそば会へどうぞ=鳥取県人会で25日2010年4月21日 焼きそば会へどうぞ=鳥取県人会で25日 ニッケイ新聞 2010年4月21日付け  ブラジル鳥取県人会(本橋幹久会長)は25日正午から同会館(R. Dona Cesaria Fagundes, 323)で焼きそば会を開催する。 […]