ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 12日、バイア州でテレビ局の取材班が、ボルソナロ大統領の護衛や支持者たちから暴行を受ける事態が起こった。被害を受けたのはグローボ系列の現地テレビ局「TVバイア」の取材班で、同州で起きた集中豪雨で被災したイタマラジュを視察に訪れたボルソナロ氏への取材を試みたときに、問題となる行動が起こった。大統領はトラックの荷台部分に乗っての移動を試みたが、大統領にマイクを差し出したレポーターを護衛が突き飛ばしただけでなく、女性レポーターの首や上腕を抑える行為まで行った。ボルソナロ氏の護衛による取材陣への暴力が報じられるのはこれが初めてではない。また、大統領自身も暴言を頻繁し、度々問題を引き起こしている。
     ◎
 12日、イスラエルでミス・ユニバースが開催され、全世界にテレビ中継された。セアラー州出身でブラジル代表のテレーザ・サントスさんは残念ながら上位入賞はならなかった。テレーザさんは2018年にも国内で3位に入賞しており、今年は念願の本大会出場となったが、終了後のインタビューでは、「私は精一杯のことをやった」と悔いがないことを伝えた。優勝はインド代表のハルナーズ・カウル・サンドゥさんで、パラグアイ代表のナディア・フェレイラさんが準ミスとなった。
     ◎
 12日、サッカーのブラジル杯の決勝第1戦がベロ・オリゾンテのミネイロン・スタジアムで行われ、ホームチームのアトレチコ・ミネイロ(ガロ)がアトレチコ・パラナエンセを4―0で圧倒した。第2戦は15日にクリチーバで行われるが、4点差を跳ね返すのはかなり難しく、全国選手権に引き続いて、ガロの2冠がかなり有力な状況だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ