ホーム | コラム | 樹海 | これ以上、外出自粛規制を厳しくしたくないのでは?

これ以上、外出自粛規制を厳しくしたくないのでは?

サンパウロ州の現状の外出自粛規制レベル(Plano SP)

サンパウロ州の現状の外出自粛規制レベル(Plano SP)

 22日、サンパウロ州の外出自粛規制のさらなる厳格化が発表されたが、これはかなり厳しいものだったように思う。州内すべての地域で、午後8時から午前6時にかけては最も厳しい赤レベル。
 これはまだ良いのだが、コラム子にとって「これは厳しいな」と思ったのは、「土日と祝日に終日適用」というものだった。
 商業施設にとって「土日が両方使えない」というのはかなりの打撃だ。仮に月曜から金曜に商業活動が認められていたにせよ、土日が開かないとなると売り上げ的には通常の半分にも満たなくなるのではないだろうか。
 現在、バーやレストランの業界関係者が連日のようにデモを行っているが、それも納得。彼らにとってはこれは死活問題。全く営業が認められなかった昨年の第2四半期の業績がトラウマが頭にあるから、引き下がるわけにもいかないといったところだろう。
 外出自粛規制には基本賛成のコラム子ではあるが、土日のうち、片方は営業させても良いのではとは思わないではない。
 もっとも「経済活動を休ませたくない」というのはサンパウロ州政府側の本音でもあるだろう。現状、5段階中の2番目の地域では月〜金の午後8時までの営業は可能だが、これを現在許されている都市は、聖市やグアルーリョス、オザスコ、ABC地区のある大サンパウロ市圏やカンピーナス、サントス海岸部といった、人口の多い市が集まる地域ばかり。
 「規制段階は入院率で決める」とは言いながらも、これらの市がのきなみ商業活動をまだ認められているところからすると、州経済の流れを止めたくない州の本音は感じられる。
 今年に入って、これまでであれば黄レベル(3段階)でなければ認められなかった美容院やジム、公園の運営などをオレンジでも認めているのも、こうしたことが考慮にあるからだろう。商業活動のみならず、市民のメンタル・ヘルス(精神衛生)のことも気にかけていることだろう。
 昨年の第2四半期のときは、はじめてのことでもあったし、「協力すればパンデミックは終わるはず」と信じて我慢してやれた。ただ、いったん規制緩和をし、便利な生活の有難みを味わった今、「また、あの憂鬱な段階に逆戻り」と言われてしまうと、最初は飲み込めても、集中力が長く続くかは正直なところ微妙か。
 このあたりは、「赤、オレンジ・レベルであっても、授業は行う」とした判断にも見て取れる。外にも出れず、友達にも会って遊べずでは、一番精神的につらいのは子供であるだろうから。
 コラム子の本音としては現状を最低レベルとしてなんとか継続して欲しいと願いたいところだが、いかがだろうか。(陽)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 特別寄稿=新移民の頃の事ども=サンパウロ市 村上 佳和2021年3月5日 特別寄稿=新移民の頃の事ども=サンパウロ市 村上 佳和 「行け行け南米新天地」のポスターを見て  八十歳を迎え、移住してより、六十年。世界中がコロナ禍で旅行も出来ず、外出も控えて、家でゴロゴロして居る今日この頃である。早くコロナが終息する事を祈りながら、暇にまかせて、新移民の頃を思い返してみよう。  高校最後の夏休み […]
  • 《ブラジル》サッカー全国選手権 フラメンゴが2年連続V=判定に泣いた2位インテル2021年2月27日 《ブラジル》サッカー全国選手権 フラメンゴが2年連続V=判定に泣いた2位インテル  25日、サッカーの全国選手権の最終節が行われ、フラメンゴが2年連続7回目の優勝を飾った。26日付現地紙が報じている。  この日は同選手権最終節のため、例年通り、全10試合が同時刻に一斉スタート。21時30分にキックオフした。  優勝がかかっていた首位フラメンゴはこ […]
  • 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格2021年2月27日 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格  26日、サンパウロ州政府のコロナ対策である「プラノSP」で外出規制の見直しが行われ、大サンパウロ市圏を含む4地区がオレンジ・レベル(下から2番目)に降格した。26日付現地サイトが報じている。  プラノSPは24日にも、26日から3月14日まで、州内全域で23時から翌朝5時の […]
  • 《記者コラム》ブラジル・サッカー「12強時代」の終わり2021年2月26日 《記者コラム》ブラジル・サッカー「12強時代」の終わり 「ついに“12強時代”は終わってしまうんだな」。今季のサッカー全国選手権を終えるにあたり、コラム子はそう思わずにはいられない。  来季の全国選手権2部にはすでにクルゼイロがいて、現在1部最下位のボタフォゴが降格して名前を連ねることが確実視されており、そこにヴァスコ・ダ […]
  • 《ブラジル》大統領令でPPIの対象認定=民営化計画には公社も含める2021年2月24日 《ブラジル》大統領令でPPIの対象認定=民営化計画には公社も含める  ボルソナロ大統領が投資パートナーシップ・プログラム(PPI、官民合同投資計画)の対象となる道路や港、空港のリスト入りの大統領令を出し、開発を認定したと23日付官報に掲載した。  この大統領令では、港湾や空港部門に関連する連邦公社を国家民営化計画(PND)に含める事も […]