ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》飛行機事故が連続して発生=アマゾナス、マット・グロッソで

《ブラジル》飛行機事故が連続して発生=アマゾナス、マット・グロッソで

マナウスで起きた事故機の残骸(Divulgação/Corpo de Bombeiros)

 16日にブラジル国内で、小型機の事故が連発して起きたと16、17日付伯字紙が報じた。
 最初の事故は、同日昼過ぎに、アマゾナス州マナウス市西部のエドゥアルド・ゴメス国際空港から同州内陸部のマウエス市に向かおうとした乗客8人と乗員2人を乗せた単発機が、離陸直後に空港敷地内の雑木林に突っ込んだものだ。
 幸い、乗客、乗員共に死者はなく、市内三つの病院に運ばれた。内1人は同日中に退院許可が出て帰宅した。乗客の中には州福祉局や州労務局の職員が含まれていた。
 同空港は事故の後、負傷者を救助する人達の安全確保のため、15時10分から16時45分の間の航空便の発着が見送られた。到着便4便中2便はパラー州のサンタレンとロライマ州のボア・ヴィスタに進路を変更。残る2便はボア・ヴィスタに戻った。
 事故を起こしたのはTwo LinhasAereas社のセスナ機で、強風でうまく離陸できなかったため、強制着陸を試みた可能性があるという。真相は現在も調査中だ。

マット・グロッソ州で起きた墜落・炎上事故の現場(Divulgação)

 2件目は、同日夕刻にマット・グロッソ州州都のクイアバから約721キロのグアランタン・ド・ノルテ市で起きた、墜落・炎上事故だ。
 事故を起こしたのは同市に住む企業家のジャイール・デムスキ氏が所有する小型機で、息子で技師のジョアン・アンデルソン・デムスキ氏が同乗していた。事故機は同市の空港に戻って来る途中だったが、空港まで2キロのところで高度を失い、地面に激突して炎上したという。
 消防によると、デムスキ親子の遺体は事故機の外で見つかったが、遺体の一部は炭化していた。遺体は法医学研究所に送られ、市警が事故の原因の調査を始めている。(16、17日付G1サイト、16日付R7サイトなどより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》MT州で鉱滓ダム決壊=2人が負傷、地域は孤立2019年10月3日 《ブラジル》MT州で鉱滓ダム決壊=2人が負傷、地域は孤立  マット・グロッソ州州都のクイアバから42キロのノッサ・セニョーラ・ド・リヴラメントで1日、鉱滓ダム決壊事故が起きたと1日付現地紙サイトが報じた。  国家鉱業庁(ANM)によると、決壊したのは高さ15メートルの鉱滓ダムで、金採掘に伴う鉱滓が58万2171・51立方メー […]
  • 《ブラジル》銀行までの秘密トンネル発見=5月から70メートル掘り進む2019年12月24日 《ブラジル》銀行までの秘密トンネル発見=5月から70メートル掘り進む  ブラジル中西部の南マット・グロッソ州カンポ・グランデ市で22日未明、市内にあるブラジル銀行に向かってトンネルを掘っていたグループが摘発され、警官との間で銃撃戦が展開された。  グループが目指していたのはブラジル銀行中央管理センターの金庫で、現地時間の22日午前0時3 […]
  • 《ブラジル》緊急着陸機から460万レ=前歴あるイタリア人操縦士2019年7月3日 《ブラジル》緊急着陸機から460万レ=前歴あるイタリア人操縦士  ブラジル中西部のマット・グロッソ州アウタ・フロレスタ市の空港で、6月30日に緊急着陸した小型機から460万レアル以上が入ったトランクが見つかり、操縦していたイタリア人が逮捕されたと同日ならびに7月1、2日付現地紙サイトが報じた。  同州州都のクイアバ市から約800キ […]
  • 《ブラジル》国立公園の火災2週間超える=観光名所も焼けて、高速道にも煙2019年9月10日 《ブラジル》国立公園の火災2週間超える=観光名所も焼けて、高速道にも煙  マット・グロッソ州シャッパーダ・ドス・ギマランエス国立公園での火災が2週間を超え、週末には、同公園内の観光名所の一つのポルタン・ド・インフェルノ(地獄の門)にも火が及んだ。また、ポルタン・ド・インフェルノの傍を通り、同州州都のクイアバ市と同公園を結ぶ州道251号線は、 […]
  • 記者コラム「樹海」=外出自粛でも2週間で抗体所持率50%増の現実2020年6月16日 記者コラム「樹海」=外出自粛でも2週間で抗体所持率50%増の現実 「時間を稼げば良いのだ、と少し気が楽になりました」との読者の声  先週の記者コラム「樹海」《これからが危ない感染ピーク/でも年末にはコロナフリー?!》を読んだアマゾナス州マナウス市在住の読者からメールで、《この感染爆発中の中で、時折気がくじけそうにもなるのですが、科学 […]