ホーム | クイアバ 関連記事

クイアバ 関連記事

へき地医療の実情など視察=慶応医学部第42次派遣団

 慶応義塾大学医学部国際医学研究会(IMA)の「第42次派遣団」が今年も来伯、3人の学生が6年生の夏休みを利用し、マナウス、クイアバ、ドウラードス、聖市、ポルト・アレグレなどで7月14日から8月17日まで医療研修を行い、16日に来社して報告した。  学生責任者の横山祐磨さん(24、岡山県)は、「マナウス市保健局の診療船に同乗し、 ...

続きを読む »

《ブラジルサッカー》2部リーグで不戦敗が発生=給料支払い遅れで選手がプレーを拒否

 ブラジルリーグ2部に所属するフィゲイレンセの選手たちが20日、給料の支払い遅れに対する抗議として、試合を行うことを拒否、不戦敗となる事件が発生した。  選手たちは試合開催地、アウェイのクイアバには向かったが、ホテルを出ることを拒否、その後予定より50分遅れでスタジアムに向かうバスに乗り込んだが、最終的に試合をすることを拒否した ...

続きを読む »

人気曲ばかり「花の歌謡祭」=野口総領事、菊地実行委員長も

 「ありがとう昭和・平成、今日は希望あふれる令和」をテーマに、ブラジル日本アマチュア歌謡連盟(INB、北川ジューリア好美会長)と藤瀬圭子プロダクションが共催する「花の歌謡祭」が、8月4日(日)午前10時からブラジル日本文化福祉協会ビルの大講堂で開催されるが、野口泰在聖総領事も特別参加して「アイ・ラブ・ユー」(尾崎豊)を歌う可能性 ...

続きを読む »

令和最初の「花の歌謡祭」=コロニア歌手が豪華総出演!=人気曲ばかり、8月4日開催

 令和最初の大歌謡祭――「ありがとう昭和・平成、今日は希望あふれる令和」をテーマにブラジル日本アマチュア歌謡連盟(INB、北川ジューリア好美会長)と藤瀬圭子プロダクションは、「花の歌謡祭」を8月4日(日)午前10時からブラジル日本文化福祉協会ビルの大講堂で開催する。  本歌謡祭では令和時代の到来を祝し、82歳を迎えたINB名誉会 ...

続きを読む »

《ブラジル》緊急着陸機から460万レ=前歴あるイタリア人操縦士

 ブラジル中西部のマット・グロッソ州アウタ・フロレスタ市の空港で、6月30日に緊急着陸した小型機から460万レアル以上が入ったトランクが見つかり、操縦していたイタリア人が逮捕されたと同日ならびに7月1、2日付現地紙サイトが報じた。  同州州都のクイアバ市から約800キロの町の農村地帯にある空港に緊急着陸したのは、2005年製造の ...

続きを読む »

【日本移民の日2019】着々と増える剣士の人口=大人中心、インテリのスポーツ

蛯原忠雄さん

 蛯原さんは「6年前は780人、現在は900人が剣士として登録されている。7割が日系人、200人は女性です」との内訳を説明する。  「全体の7割は今でもサンパウロ州ですが、最近一番勢いがあるのはマット・グロッソ州都クイアバ。ブラジル人教師が生徒5、6人から道場を始めて、今は60人もいます。一人も日系人はいません。あとノルデスチ、 ...

続きを読む »

《ブラジル》マット・グロッソ州=養子縁組待つ子供たちが親候補の前でファッション・ショー=未成年者の人身売買を想像させ騒動に

 養子縁組を待つ子どもたちが、養子縁組を希望する養育親候補たちを前にファッション・ショーもどきのパレードを行うという事態がマット・グロッソ州で起き、問題となっている。  21日に開かれたイベントは第2回目で、マット・グロッソ州養子縁組支援調査協会(AMPARA)が、ブラジル弁護士会同州支部の児童青年委員会の協賛を得て開催した。 ...

続きを読む »

《ブラジル》JBS社に100万レアルの罰金=動物から元従業員への病気感染で

 ブラジル中西部マット・グロッソ州の労動裁判所が、食肉大手のJBS社に対し、職場で動物を扱っていたために病気に罹った元就業員への賠償金として、100万レアルの支払いを命じた。  同州の労働検察が24日明らかにしたところによると、同州州都のクイアバ市から800キロのアウタ・フロレスタ市にある同社工場で働いていた従業員がブルセラ症ま ...

続きを読む »

全伯幼少年剣道大会に190人=林ケンジさん、二大会連続優勝

 ブラジル剣道連盟(須合ジョニ会長)は「第37回全伯幼少年剣道大会」を10日、スザノ市のアレナ新体育館で開催した。少年女子ではゴンサウヴェス・ビトリヤ(聖武館)が優勝、注目の少年男子個人戦では、地元福博村の林ケンジさん(16)が二年連続優勝を果たした。団体選では三重が幼々年で2位、幼年で1位、少年で1位、段外で2位を占めるなど健 ...

続きを読む »

ネッタイシマカに要注意!=半数の市で病気蔓延の危険

ネッタイシマカ(Divulgação/Fiocruz)

 保健省が12日、デング熱やジカ熱、チクングニア熱の流行や蔓延に警戒すべき市が47・5%に上るとの調査結果を発表したと同日付現地紙サイトが報じた。  これらの病気は皆、ネッタイシマカ(Aedes aegypti)が媒介する。全国5358市(96・2%)でボウフラの発生状況などを調べた結果、ネッタイシマカが媒介する病気が皆無または ...

続きを読む »