ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》遠隔授業で国内外の生徒獲得?=コロナ禍での予期せぬ副産物

《ブラジル》遠隔授業で国内外の生徒獲得?=コロナ禍での予期せぬ副産物

ボリビアからサンパウロ州の学校の授業に参加しているダミアン君(19日付エスタード紙の記事の一部)

 新型コロナのパンデミックで対面授業ができず、学力が低下する生徒などが出る一方、遠隔授業の恩恵を満喫している生徒や学校もある。
 サンパウロ大都市圏サンタナ・ド・パライバ市の私立校の新入生のダミアン君(7)は、2千キロ以上離れたボリビアのサンタクルス・デ・ラ・シエラ市から、遠隔授業に参加している。
 ダミアン君は父親の転勤でブラジルに転居する事が決まっているが、転居が遅れ、遠隔授業を受けている。ダミアン君は家族揃ってブラジルに移動する日に備え、写真とビデオで学校や級友を知り、ポルトガル語を学ぼうとしている。両親は、遠隔授業で学校の雰囲気や生活のリズムを体験できる事も期待している。
 対面授業ができなくて生じる不都合は多々あるが、遠隔授業故に可能となるのが、市や州といった枠や国境を越えた生徒との出会いだ。越境通学は大変だが、遠隔授業だと、市や州などの境は難なく越えられる。
 また、時差調整の必要や忍耐が必要となる場面はあるが、遠隔授業で異文化や他国での経験を共有する体験は、自分達が住む国や町にいながらできる「交換留学」だ。
 ダミアン君がポルトガル語に不慣れなため、先生達はゆっくり話してくれる。級友達も、聞きなれない訛り混じりのポルトガル語に興味津々だという。ダミアン君が唯一苦労しているのは、時差のため、朝7時前には起きていなければならない事だという。

 昨年、サンパウロ市の学校に入学したが、パンデミックで対面授業が中断され、マット・グロッソ州クイアバ市で遠隔授業を受けているラウラ・ファブリスさん(16)も早起き組だ。ラウラさんは6時半にはスタンバイしているが、学校の時計は7時半。最初は大変だったが、「もう慣れた」と彼女は笑う。
 ラウラさんは2月にサンパウロ市に戻ったが、感染再燃による対面授業中断で地元に帰った。対面授業再開後も、感染の危険度が高い間は地元にいるつもりだという。
 ギリェルメ君(6)は転校直後に、サンパウロ市からミナス州バロン・デ・コカイス市に引っ越したが、サンパウロ市の学校に籍を残し、遠隔授業を受け続けている。母親のマリアナ・ジラウデスさん(39)は、技師の夫と共に転居するため、弁護士としての仕事を全面的にリモートワークに切り替えた。
 また、9歳のガブリエル君と7歳のララちゃんは、サンタカタリーナ州ブルメナウ市からサンパウロ市に引っ越してくる予定だったため、2~4月は遠隔授業を受けた。現在はサンパウロ市に着き、ララちゃんは先週、ガブリエル君は今週、学校に初登校した。両親は「遠隔授業は国外からでも受けられるが、生徒同士や先生との触れ合い、社会生活のためには、対面授業や共同生活が必要だ」と述べている。
 遠隔授業を利用して国内外の学校で学ぶ例は仕事でも見られ、国内にいながら大手の多国籍企業に就職し、活躍する人も増えている。(19日付エスタード紙などより)

★2020年5月6日《サンパウロ州》コロナ禍で教育現場に格差 遠隔授業受けられぬ生徒も
★2020年6月9日《ブラジル》教師が子供用マスクを制作=子供達も楽しみ、率先して使用
★2020年6月19日《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 記者コラム「樹海」=外出自粛でも2週間で抗体所持率50%増の現実2020年6月16日 記者コラム「樹海」=外出自粛でも2週間で抗体所持率50%増の現実 「時間を稼げば良いのだ、と少し気が楽になりました」との読者の声  先週の記者コラム「樹海」《これからが危ない感染ピーク/でも年末にはコロナフリー?!》を読んだアマゾナス州マナウス市在住の読者からメールで、《この感染爆発中の中で、時折気がくじけそうにもなるのですが、科学 […]
  • 《サンパウロ州》現行の外出規制2週間延長=商店の営業時間は9時までに2021年5月8日 《サンパウロ州》現行の外出規制2週間延長=商店の営業時間は9時までに  サンパウロ州政府が8日、新型コロナ対策としての外出規制を「移行レベル」のまま2週間据え置くが、商店などの営業時間は延長すると発表したと同日付伯字サイトが報じた。  移行レベルの据え置きは、直近7日間の死者の平均値や新規の入院患者数の平均値が期待したほど下がらず、高止まりして […]
  • サンタクルス病院=29日に「日本病院」名復活=戦中の連邦介入以来79年ぶり2021年5月8日 サンタクルス病院=29日に「日本病院」名復活=戦中の連邦介入以来79年ぶり  サンパウロ市南部にあるサンタクルス病院(Hospital Santa Cruz、佐藤マリオ理事長)は7日、同院の創立記念日4月29日を機に「サンタクルス日本病院(HOSPITAL JAPONÊS […]
  • 《ブラジル》マンジック氏が死去=ネット黎明期の成功者2021年5月8日 《ブラジル》マンジック氏が死去=ネット黎明期の成功者  ブラジルにおけるインターネット黎明期の成功者として知られるアレッシャンドレ・マンジック氏が6日、サンパウロ市で死去した。66歳だった。6、7日付現地紙、サイトが報じている。  マンジック氏は1954年にサンパウロ市で生まれ、1972年にサンパウロ州技術学校を卒業後、シーメン […]
  • 《リオ州》4月は3度目の人口減少月に=パンデミックで様相に変化2021年5月7日 《リオ州》4月は3度目の人口減少月に=パンデミックで様相に変化  新型コロナ感染症などによる死者の増加やパンデミックで妊娠を控える人達が出ている事などにより、リオ州では4月にパンデミック下で3度目となる人口減少が起きたと同日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。  リオ州自然人登録者協会(Arpen―RJ)によると、4月に同州で発 […]