ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》教師が子供用マスクを制作=子供達も楽しみ、率先して使用

《ブラジル》教師が子供用マスクを制作=子供達も楽しみ、率先して使用

モニカさんが作ったフェイスシールドと同色のマスクを着けたMFちゃん(8日付G1サイトの記事の一部)

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、全国でマスク着用の義務化が進んでいるが、ブラジリアのある連邦直轄区でもマスクが義務化された事を受け、公立校の教師が子供用に顔全体を覆うタイプのマスク(フェイスシールド)を作成したところ、好評で、子供達も率先して使用している。
 親戚の子供達がコロナウイルスに感染しないよう、布地とアクリル板を組み合わせ、スパイダーマンやバットマンなど、子供達もよく知っているキャラクターのフェイスシールドを作り始めたのは、モニカ・アパレシーダ・デ・ボルバさん(45)だ。
 モニカさんはこれらのフェイスシールドを、親戚の子供達にプレゼントするために作ったが、それを見た人達が注文してくるようになった。
 モニカさんは注文されたフェイスシールドを1個20レアルで販売。これまでに約60個が売れており、思わぬ副収入に繋がったという。

 「子供達が楽しめるようにと考えて作った」というモニカさんは、「子供達を守り、子供達を見分けるのを容易にするだけでなく、子供達が楽しんでくれるなら、それに越した事はない」と目を細める。
 モニカさん作成のフェイスシールドを見て、早速、お気に入りのキャラクターの品を選んだMFちゃん(6)は、「学校が始まったら、皆でマスクを着けてパレードをやるのよ」と、授業再開を楽しみにしている。
 手作りのフェイスシールド誕生を喜んでいるのは子供だけではない。MFちゃんの母親は、「いくら言ってもマスクを着けるのを嫌がっていたのに、今は遊び感覚で着けている」と、新しい防具の効果に驚いている。
 MFちゃんは、フェイスシールドと共に布のマスクも使う事や手洗いを忘れてはならない事などを、自分から率先して語っているという。(8日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コロナ禍=「肺がやられて話せない!」=入院後、24時間未満で死亡2020年5月29日 《ブラジル》コロナ禍=「肺がやられて話せない!」=入院後、24時間未満で死亡  新型コロナウイルスに感染しても無症状の人や軽症で済む人が多いが、コロナ感染症が急速に進み、入院から24時間経たずに死亡する例もある。  サンパウロ州ソロカバ市に住んでいたルイス・リカルド・デウフィノ氏(27)は、15日未明に体調不調を訴え、兄弟の一人のカリーナ・アパ […]
  • 《ブラジル》一足早いクリスマスプレゼント=消防士の日に路上生活者の夕食会2019年12月17日 《ブラジル》一足早いクリスマスプレゼント=消防士の日に路上生活者の夕食会  クリスマス(ナタール)が近づき、歳末商戦や恒例行事などの報道が続いているが、この時期ならでは暖かい心の触れ合いを報じるニュースも伝わってきている。  その一つは、サンパウロ州サンカルロス市の消防士達が、8歳のカウエ君の要望に応えた話だ。  カウエ君は小さい頃から消 […]
  • リオ市=キリスト像建立から88年=子供の日兼ねた記念行事も2019年10月12日 リオ市=キリスト像建立から88年=子供の日兼ねた記念行事も  リオ市はもちろん、ブラジルでも有数の観光名所であるコルコバードのキリスト像が12日に建立88周年を迎えるため、リオ市では様々なイベントを用意して、祝いの時を持つと11日付現地紙サイトが報じた。  コルコバードのキリスト像は建立を記念するイベントは、11日午後6時の「 […]
  • 《サンパウロ州》ドニゼッティ司祭が福者に 少年の足を手術をせずに直す奇跡起こす2019年4月10日 《サンパウロ州》ドニゼッティ司祭が福者に 少年の足を手術をせずに直す奇跡起こす  6日、ローマ法王は、サンパウロ州タンバウーの聖職者だったドニゼッティ・タヴァレス・デ・リマ司祭(1882年~1961年)を、福者に認定した。  この知らせは7日、タンバウーのノッサ・セニョーラ・アパレシーダ聖堂で行われたミサで公にされた。  ドニゼッティ司祭を福者 […]
  • 餅つき祭りで紅白餅2万袋配布=お雑煮3千杯に長蛇の列2020年1月4日 餅つき祭りで紅白餅2万袋配布=お雑煮3千杯に長蛇の列  「お雑煮が美味しかった。デカセギに行っていた頃のお正月を思い出したよ」―今年初めて餅つき祭りに来場したという目黒三男さん(80、二世)は、そう言いながら久々の日本の味に舌鼓をうった。  大晦日恒例、リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)主催の […]