ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》ヘリコプター墜落で6人死亡=薬品会社副社長を乗せ

《サンパウロ州》ヘリコプター墜落で6人死亡=薬品会社副社長を乗せ

墜落したヘリの残骸(Divulgação/Corpo de Bombeiros)

墜落したヘリの残骸(Divulgação/Corpo de Bombeiros)

 24日、サンパウロ州カンポス・ド・ジョルダンでヘリコプターが墜落し、6人が亡くなる事故が起きた。25日付現地紙が報じている。
 このヘリコプターは午前10時にサンパウロ州イタピーラを飛び立ち、11時にカンポス・ド・ジョルダンに着くはずだったが、到着寸前に交信が途絶えた。
 ヘリの残骸は、到着予定地に近いマンチケイラ山脈のピコ・ド・イタペーヴァで発見された。
 このヘリは「アグスタAW109SPグランド・ニュー」と呼ばれる型で、医療企業の「クリスタリア社」の医薬品関係の輸送を目的に飛行を行っていたという。
 捜索作業は午後中かけて行われ、午後7時頃、残骸発見と共に、アントニオ・ランジ・ネット操縦士やジュリアノ・マルチンス・ペリザット副操縦士、クリスタリア社副社長のカチア・ステヴァナット・サンパイオ氏と医師で夫のパウロ氏、同社研究者のロノエル・ショル氏、設計士のレティシア・テレス氏の計6人の死亡が確認された。遺体の回収は25日に行われた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ネッタイシマカ撲滅週間開始=黄熱病やマラリアにも警鐘2018年11月27日 ネッタイシマカ撲滅週間開始=黄熱病やマラリアにも警鐘  本格的な夏を前に、25~30日にネッタイシマカ(Aedes […]
  • 《ブラジル》政府がロライマ州の刑務所管理を統括=検察庁長官の要請に応じる2018年11月15日 《ブラジル》政府がロライマ州の刑務所管理を統括=検察庁長官の要請に応じる  ブラジル連邦政府は13日、今年12月31日までを期限として、国内北端の州である、ロライマ州の刑務所機構管理及び、社会教育部門を連邦政府が統括するための協力協定に署名したと、13、14日付現地紙・サイトが報じた。この場合の「社会教育部門」は、違反行為を犯した未成年者の罰 […]
  • 《ブラジル》米州機構が人権視察団派遣=8州で先住民保護区など訪問2018年11月8日 《ブラジル》米州機構が人権視察団派遣=8州で先住民保護区など訪問  米州機構の人権視察団が5日から、先住民保護区やキロンボ(逃亡奴隷集落)の訪問、社会運動を行っている諸機関の代表との会見などを行っていると1、7日付現地紙サイトが報じた。  同視察団は12日まで滞在し、サンパウロ州、リオ州、バイア州、ロライマ州、マット・グロッソ・ド・ […]
  • ベネズエラ危機ブラジル北部に波及=国境の町に溢れる密入国難民=市長お手上げ「受け入れも限界」2016年10月11日 ベネズエラ危機ブラジル北部に波及=国境の町に溢れる密入国難民=市長お手上げ「受け入れも限界」  マドゥーロ政権下、政治・経済危機の続くベネズエラと国境を接するブラジル北部のロライマ州パカライマ市にベネズエラ人が押し寄せている様子を10日付現地紙が報じた。  連邦警察(PF)の調べでは、多くは入国したその日に帰国し、長く滞在しても一晩限りだ。しかし国境法を犯し、ブラ […]
  • 東西南北2018年11月9日 東西南北  ジャイール・ボウソナロ氏が大統領に就任する際、国民の気になることの一つは「銃の自由化」の問題だ。サンパウロ市ではそれを見越してか、もうすでに、「銃所有申請」の宣伝を行っている企業が存在しているという。それは、南部サントアマーロにある「カルトーリオ・ファーシル」という会社で、「 […]