ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 在任中はいたって不人気で、昨年の選挙に敗れ、1期のみの任期で終わった前リオ市長のマルセロ・クリヴェラ氏が、南アフリカ駐在のブラジル大使に指名されていたことが明らかになった。同じ保守派であり、リオに政治拠点を置いていることで、市長選でも強い支持を行っていたボルソナロ大統領の計らいによるものだと考えられている。ただ、クリヴェラ氏は昨年12月に贈収賄工作を指揮した容疑で逮捕されているし、複数の汚職疑惑で騒がれている。大使になるには上院の承認が必要だが、クリヴェラ氏自身のかねてからの悪評に加え、コロナ禍に関する議会調査委員会(CPI)でボルソナロ大統領への印象が悪くなっているタイミングでもある。果たして承認されるか?
     ◎
 アミウトン・モウロン副大統領は7日、サッカーのコパ・アメリカ出場に難色を示しているセレソンの選手とチッチ監督を批判。チッチ氏に対しては、「(全国選手権1部に今昇格した)クイアバーが監督を探してるぞ」と辞任勧告ともとれる発言を行った。セレソン人事に介入しようとしたボルソナロ大統領が問題になったすぐ後に、副大統領がこの発言とは。ブラジル・サッカー連盟はチッチ氏辞任の火消しに回っており、「留任」との報道も出ているが、どうなるか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝2021年6月19日 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝  ブラジルで現在開催中のコパ・アメリカで、選手、関係者のコロナウイルス感染が続いている。その最中にブラジル代表(セレソン)は、ペルーを相手に4―0で快勝し、2連勝を飾った。17、18日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジル保健省が17日付で発表したところによると、同大会に […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカが反発の中で開幕=デモ発生、視聴率過去最低2021年6月15日 《ブラジル》コパ・アメリカが反発の中で開幕=デモ発生、視聴率過去最低  国民の大半がコロナ禍を理由に開催を反対する中、ブラジル開催のサッカーのコパ・アメリカが低調にはじまった。14日付現地紙などが報じている。  コロナ第3波が恐れられる中でのブラジルでのコパ・アメリカ開催に、国民は強い反発を示している。11日にXPインヴェスチメントスが […]
  • 東西南北2021年6月22日 東西南北  20日のサッカーの全国選手権。サンパウロはサントスにボール占有率で勝りながら、0―2で敗戦。5試合終わって3敗2分の18位と苦しんでいる。今季はここまで意外な展開で、上位3チームをアトレチコ・パラナエンセ、フォルタレーザ、ブラガンチーノといった伏兵が占めている。強豪たちもそろ […]
  • 特別寄稿=スポーツ界に見るハイブリッドの躍進=国際化で変わる“新日本人”の誕生=サンパウロ市在住  駒形 秀雄2021年6月19日 特別寄稿=スポーツ界に見るハイブリッドの躍進=国際化で変わる“新日本人”の誕生=サンパウロ市在住  駒形 秀雄  今年4月21日、ゴルフの松山秀樹さんが米国で行われたマスターズでの大会優勝を果たしました。「日本人が初めて海外メジャーを制した」と日本人は大喜びしました。  次いで、6月6日、今度は全米女子オープンで笹生優華(さそうゆうか)さんが優勝、賞金100万ドル(約1億1千万円)を獲 […]
  • 東西南北2021年6月19日 東西南北  先月29日に行われたボルソナロ大統領に対する全国的な抗議デモが記憶に新しい中、今日19日は2回目の大統領抗議デモが行われる。今回のデモには政治家も参加を検討していると報じられており、ルーラ元大統領の動向も注目されている。これまで報じられているところから察するに、ルーラ氏は「参 […]