ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 平日の昼間、CPFの記載事項変更をするために、聖市セントロのショッピング・ライチ2階にある連邦税務局(Receita Federal)支所に行ったら、受付嬢から「今だと1時間半待ちだけど大丈夫?」と言われ、即諦めた。その受付嬢は「朝8時台に来ればすいてる」との耳寄りな情報を教えてくれた。さっそく朝8時すぎに行ってみたら本当にガラガラ。10分も待たないで終った。というのも朝8時台にはショッピング自体が開いていない。でも入口の警備員に「Receita Federal」というと入れてくれる。つまり一般の人は8時台に、中の税務署が開いていると知らないので詰めかけてこないらしい。忙しい人には狙い目かも。

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2018年4月24日 大耳小耳  2012年に山本喜誉司賞を授賞した戸田さんのメロン農場はたったの1・7ヘクタール。家族4人で作業し、高い利益を生んでいるという。選考委員会の長井委員長は、「品質を高めれば小規模農家でも高収入を得られる。最近はオクラやサヤインゲンを作る農家が減って値段があがっています。農業には […]
  • 大耳小耳2018年4月20日 大耳小耳  編集部に届けられた『平成29年度岐阜県農業高校生 海外実習派遣事業報告書』を見ていたら、日本の高校生一行はコロニア・ピニャールに滞在中、地元の「飛翔太鼓」の演奏で歓迎された。さらに太鼓を打つ姿の写真に《地元青年に和太鼓を教わる》との説明書きも。「ブラジルに残る日本の伝統を、日 […]
  • 大耳小耳2018年4月19日 大耳小耳  聖州パウリスタ線の中心都市にあるマリリア日系文化体育協会(シミズ・ケンイチ会長)が主催する「第16回ジャパン・フェスチ」が、19、20、21、22日の4日間、同協会(Av. Benedito Alves Delfino, […]
  • 大耳小耳2018年4月18日 大耳小耳  日本貿易振興機構(JETRO)のサイトによると、伯国の農牧食糧供給省令第35令が改正され、伯国内で流通する混成酒類の成分規制が緩和された。今回の規制緩和によって、これまでできなかった日本の梅酒の輸入が可能になるそう。日本では毎年、「全国梅酒祭り」が茨城、福岡、東京、京都で開催 […]