ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 平日の昼間、CPFの記載事項変更をするために、聖市セントロのショッピング・ライチ2階にある連邦税務局(Receita Federal)支所に行ったら、受付嬢から「今だと1時間半待ちだけど大丈夫?」と言われ、即諦めた。その受付嬢は「朝8時台に来ればすいてる」との耳寄りな情報を教えてくれた。さっそく朝8時すぎに行ってみたら本当にガラガラ。10分も待たないで終った。というのも朝8時台にはショッピング自体が開いていない。でも入口の警備員に「Receita Federal」というと入れてくれる。つまり一般の人は8時台に、中の税務署が開いていると知らないので詰めかけてこないらしい。忙しい人には狙い目かも。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2018年9月18日 大耳小耳  第70回全伯短歌大会の「批評と感想」で小池みさ子さんは、《鹿児島のボンタン飴も買いたして母の一周忌ブラジルに発つ》(天野江利沙)という作品に注目していた。「ブラジルで母が亡くなって一周忌に駆けつけるとき、母の故郷の名物・鹿児島のボンタン飴を買って帰るという二世の歌。日本とブラ […]
  • 大耳小耳2018年9月15日 大耳小耳  日本ブラジル中央協会(大前孝雄会長)の会報『ブラジル特報』1626号が9月に刊行された。いつもながら読みどころ満載なのに驚く。なぜブラジルがサッカーW杯で最近勝てなくなったのかを人種論から論じた《ブラジルが「普通に」勝てる時代は終った》とのコラムが俊逸。かつてペレの時代のW杯 […]
  • 大耳小耳2018年9月14日 大耳小耳  聖州北東海岸部ウバツーバ市のアンシェッタ島のクルーズツアーが今月22日に企画されている。聖州環境保護区に指定されている同島は、かつて監獄島だったことで知られる。46年から3年間のうちに172人の日本人が収監され、そのうちの160人は、ただ単に臣道連盟幹部だっただけの無実の人々 […]
  • 大耳小耳2018年9月13日 大耳小耳  『ブラジル岐阜県人会便り』6月号を見ていたら、レジストロ市と岐阜県中津川市の姉妹都市記念式典が10月20日に、現地で行なわれるとの記事があった。リベルダーデから貸し切りバスが出て、ピラルク養殖場、茶畑、鍾乳洞の観光なども含まれている1泊旅行だ。まだレジストロ未訪問の人には、格 […]