ホーム | コラム | 樹海 | 新レジ袋となあなあ主義

新レジ袋となあなあ主義

 ハダジ市長が聖市内で使うレジ袋統一を発表したのは今年1月。4月5日からは全市共通の袋の使用が義務付けられ、警告や罰金適用も始まったが、日々目にする光景は90日間の適応期間中の市民への通達や啓蒙活動が十分でなかった事を如実に表している▼緑の袋は再生資源ごみ用で、生ごみなどを捨てるのにこの袋を使えば罰金と市は決めた。だが、少なくとも自宅周辺では、非再生資源ごみ回収日に見かけるのは、非再生資源ごみ用の灰色の袋よりも緑の袋の方が多い。環境保護のために採用されたレジ袋削減や素材変更への工夫の意図が、一般庶民には十分理解されていない事は明らかだ▼緑の袋で生ごみなどを捨てたら罰金と知っている人がどの位いるか調べてはいないが、知っていても違反行為を通報する気はないだろう。最初は袋代も徴収していた店が市長の働きかけで二つまでは無料とした事で、問題は解決したと感じている庶民さえいるのだから▼だが、これでは元の木阿弥だ。分解しやすい材質を使っているとはいえ、無料で袋がもらえるならマイバッグ不要と考えるのか、ごみ出し用の袋が必要だからと考えるのか、緑や灰色のレジ袋のみをぶら下げて歩く人は依然として多い。環境面への配慮が進んだのか否か、判断に苦しんでいるのはコラム子のみか▼悪い事に、啓蒙活動や事前の話し合い不足と感じる事や本当に実行されるのかと案ずる例は多い。電化製品や蛍光灯の回収、ゴミ捨て場撤廃も徹底されたとは言い難い。レジ袋撤廃騒ぎで揺れた袋業界の懸念軽減のために取り入れられた新レジ袋のその後に、「なあなあ主義」はここにもと変な感心をして2カ月が過ぎた。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 「リオのカーニバル」のパレードの歴史はどのくらい?2019年3月1日 「リオのカーニバル」のパレードの歴史はどのくらい?  もう、今日が終わりそうなあたりから聖市、そして全国が注目のリオで3日の23時30分からカーニバルのデスフィーレ(パレード)がはじまる。伯国民にとっては、それに興味があろうとなかろうと、もはや無意識のうちに刷り込まれた日常、とでもいうべき、不可欠な存在でもある▼エスコー […]
  • 歌と人生、世代交代2019年2月28日 歌と人生、世代交代  21日付ジョルナル・ニッパク(弊紙ポルトガル語版)に、16~17日に開かれた第25回サンパウロ州選抜カラオケ大会(通称パウリスタン)の記事が掲載された。4頁は弊紙記者の記事で開会式などが中心、12頁は外部からの特別寄稿で、2日目のグランプリなどが中心になっている▼記者やテーマ […]
  • 元隠れキリシタンが作った保和会の役割2019年2月26日 元隠れキリシタンが作った保和会の役割  「保和会がもうなくなるかもしれない」―そんな噂を聞いて愕然とし、関係者を急いで探した。  保和会といえば、福岡県三井郡大刀洗町今村出身者で、元隠れキリシタンの青木家、平田家らが中心になって作った親睦会だ。1960~70年代には、平田ジョン進連邦下議の選挙応援で大活躍 […]
  • 「極右」を通り越して「王朝の権力争い」2019年2月22日 「極右」を通り越して「王朝の権力争い」  1月中旬からのボウソナロ政権のつまづきがお粗末だ。それを引き起こしたのはボウソナロ大統領自身ではない。それを起こしたのはまぎれもなく、彼の息子たちだ▼つまづきの発端となったのは長男フラヴィオ上院議員の、リオ州議員時代の幽霊職員の不正雇用疑惑で、昨年末にさかのぼる。疑問 […]