ホーム | コラム | 樹海 | 新レジ袋となあなあ主義

新レジ袋となあなあ主義

 ハダジ市長が聖市内で使うレジ袋統一を発表したのは今年1月。4月5日からは全市共通の袋の使用が義務付けられ、警告や罰金適用も始まったが、日々目にする光景は90日間の適応期間中の市民への通達や啓蒙活動が十分でなかった事を如実に表している▼緑の袋は再生資源ごみ用で、生ごみなどを捨てるのにこの袋を使えば罰金と市は決めた。だが、少なくとも自宅周辺では、非再生資源ごみ回収日に見かけるのは、非再生資源ごみ用の灰色の袋よりも緑の袋の方が多い。環境保護のために採用されたレジ袋削減や素材変更への工夫の意図が、一般庶民には十分理解されていない事は明らかだ▼緑の袋で生ごみなどを捨てたら罰金と知っている人がどの位いるか調べてはいないが、知っていても違反行為を通報する気はないだろう。最初は袋代も徴収していた店が市長の働きかけで二つまでは無料とした事で、問題は解決したと感じている庶民さえいるのだから▼だが、これでは元の木阿弥だ。分解しやすい材質を使っているとはいえ、無料で袋がもらえるならマイバッグ不要と考えるのか、ごみ出し用の袋が必要だからと考えるのか、緑や灰色のレジ袋のみをぶら下げて歩く人は依然として多い。環境面への配慮が進んだのか否か、判断に苦しんでいるのはコラム子のみか▼悪い事に、啓蒙活動や事前の話し合い不足と感じる事や本当に実行されるのかと案ずる例は多い。電化製品や蛍光灯の回収、ゴミ捨て場撤廃も徹底されたとは言い難い。レジ袋撤廃騒ぎで揺れた袋業界の懸念軽減のために取り入れられた新レジ袋のその後に、「なあなあ主義」はここにもと変な感心をして2カ月が過ぎた。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 政党再編するなら、どの党から?2018年7月27日 政党再編するなら、どの党から?  大統領選まで、早いものであと2ヵ月あまり。サッカーW杯も終わり、伯字紙もこの話題が中心になっている▼今回の選挙は、ラヴァ・ジャット作戦以降の政界大混乱の収束が求められる選挙と位置づけられている。だが、それが故に、まだどう転ぶかわからず国民は迷っている最中だが、それは政 […]
  • ブラジルの人口のピークは2047年?2018年7月26日 ブラジルの人口のピークは2047年?  地理統計院が今後42年間の人口の推移を見直し、ブラジルの人口のピークは2047年の2億3320万人で、2060年には2億2830万人まで減ると発表した▼先進国では当たり前となった人口減少だが、今も人口流出が流入を上回る12州では2048年以前に人口が減り始める一方、人口流入が […]
  • 「眞子さま」という癒し2018年7月25日 「眞子さま」という癒し  「眞子さまのお言葉は僕らに癒しを与えてくれた。ブラジルに暮らしている僕らのことを、日本の人たちは忘れていないんだと思わせてくれた」。21日、県連日本祭りで110周年記念式典が終った直後、なにげなく参加者の声を会場で集めていたとき、小西ジューリオ武雄さん(60、二世)か […]
  • 今こそ伯国のJリーグへの貢献を!2018年7月20日 今こそ伯国のJリーグへの貢献を!  15日にサッカーのW杯が終わった。今はセレソンの雪辱優勝はならなかったが、本紙読者的にとっては日本代表のこれまでにない大活躍が強く印象に残ったことだろう。セレソンを破った強豪ベルギーに対し、一時は2点リードし、最後まで互角に戦ったゲームは、日本サッカー史に記念すべき一 […]