樹海

 朝晩冷える毎日だ。日本から来たばかりの末端冷え性の知人は、寒い季節が恐いらしいが、「このくらいなら天国」だとか。とはいえ当地に慣れてくると、この程度の寒さでも身が引き締まる。そして新聞紙面に見かける温かい言葉にも敏感になる。7月の言葉から▼すでに4年。東日本大震災が人の口に上ることも少ない。だが、まだ自宅に帰れない被災者がいることを忘れたくない。「ブラジルから元気を届けましょう」。震災の翌年から、ブラジル日本交流協会生らが日本祭りで「布地蔵」を販売している。昨年は早々に売り切れた。同祭で震災支援をする団体は唯一かも。売上金を被災地に届ける小さな善意は続く▼「県人で良かった」。広島県人会は、同郷である中前隆博・在サンパウロ総領事夫妻を会館に招いた。ささやかながらも心のこもったもてなしに、夫妻は終始笑顔。日本国外唯一の神楽団が舞った「恵比寿」、広島弁での口上には大喜び。楽屋で演者に声をかけ労うほど。こういった交流は、どの赴任地でもなかったようで雅子夫人大感激一言だ。会員らの喜びも一入▼「先生も喜んでくれている」。移民の父、上塚周平の80回忌がプロミッソンであった。〃墓守〃安永忠邦さんによれば、80年前の葬儀のさい、渋滞で間に合わなかった人もいたとか。没後これほど長く惜しまれる人も少ない。人のためになにかすることを学んだという忠邦さん、それを守る安永ファミリーの思いあってこそ▼今週末は「第18回日本祭り」。美味しいものを食べ、思わぬ再会で温まってほしい。そして何より日本晴れならぬ、日系晴れを望みたい。(剛)

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 数十年に一度の大仕事『ブラジルの大地に生きる』2017年7月28日 数十年に一度の大仕事『ブラジルの大地に生きる』  コロニア人物紹介本で、これほど網羅した本はもう二度と出版されないかも――このほどサンパウロ新聞から出版された『ブラジルの大地に生きる』(392頁)のことだ。なんと2年半かけて北はアマゾンから南は南大河州まで、靴をすり減らして歩き回って120人も取材した労作だ。  う […]
  • カリスマ医師、日野原重明氏を偲ぶ2017年7月27日 カリスマ医師、日野原重明氏を偲ぶ  7月18日、超遅咲きのカリスマ医師といわれた日野原重明氏が105歳で亡くなった。聖路加病院名誉院長で、地下鉄サリン事件の際、サリンガスに違いないと最初に気づいた医師だ▼日野原医師は97歳だった08年に、移民100周年の記念事業の一つとしてブラジルに招かれ、複数の場所で特別講演 […]
  • 日伯関係の大変化を予感させた夜2017年7月25日 日伯関係の大変化を予感させた夜  下地幹郎衆議院議員(日本維新の会)による四世ビザ説明会からの帰り道、「日伯関係の大変化を予感させる一晩だった」としみじみ感じた。別室での記者会見で下地衆議に「票にもならない日系人のことを、どうしてそんなに一生懸命やってくれるのか?」と単刀直入に聞いたのに対し、思いもか […]
  • 《ブラジル》四世ビザは今後50年を占う重要なテーマ2017年7月21日 《ブラジル》四世ビザは今後50年を占う重要なテーマ  「四世ビザ」は、今後50年の日系社会、いや日伯関係を左右する最重要なテーマではないか。1990年6月、日本法務省が入国管理法を改正し、二、三世への在留条件を緩和したのに匹敵する衝撃を、日系社会に与えるかもしれない。  とはいえ、それ以前に気になっている四世のビザの問 […]