樹海

 朝晩冷える毎日だ。日本から来たばかりの末端冷え性の知人は、寒い季節が恐いらしいが、「このくらいなら天国」だとか。とはいえ当地に慣れてくると、この程度の寒さでも身が引き締まる。そして新聞紙面に見かける温かい言葉にも敏感になる。7月の言葉から▼すでに4年。東日本大震災が人の口に上ることも少ない。だが、まだ自宅に帰れない被災者がいることを忘れたくない。「ブラジルから元気を届けましょう」。震災の翌年から、ブラジル日本交流協会生らが日本祭りで「布地蔵」を販売している。昨年は早々に売り切れた。同祭で震災支援をする団体は唯一かも。売上金を被災地に届ける小さな善意は続く▼「県人で良かった」。広島県人会は、同郷である中前隆博・在サンパウロ総領事夫妻を会館に招いた。ささやかながらも心のこもったもてなしに、夫妻は終始笑顔。日本国外唯一の神楽団が舞った「恵比寿」、広島弁での口上には大喜び。楽屋で演者に声をかけ労うほど。こういった交流は、どの赴任地でもなかったようで雅子夫人大感激一言だ。会員らの喜びも一入▼「先生も喜んでくれている」。移民の父、上塚周平の80回忌がプロミッソンであった。〃墓守〃安永忠邦さんによれば、80年前の葬儀のさい、渋滞で間に合わなかった人もいたとか。没後これほど長く惜しまれる人も少ない。人のためになにかすることを学んだという忠邦さん、それを守る安永ファミリーの思いあってこそ▼今週末は「第18回日本祭り」。美味しいものを食べ、思わぬ再会で温まってほしい。そして何より日本晴れならぬ、日系晴れを望みたい。(剛)

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 伯国のネット上の「嫉妬」にウンザリ2018年3月23日 伯国のネット上の「嫉妬」にウンザリ  先週の半ば以降、伯国では、14日に衝撃の殺害事件で世を去ったマリエーレ・フランコ・リオ市議があらゆるメディアのニュースを独占し続けている。「ファヴェーラが生んだ、人権運動の若き女性闘士」ともなれば伯国での黒人やマイノリティへの受けは抜群で、今やその波はアメリカをはじめ […]
  • 女性判事のネット発言を法務審議会が調査2018年3月22日 女性判事のネット発言を法務審議会が調査  14日に起きた、リオ市議のマリエーレ・フランコ氏殺害事件後にデマを流したリオ州地裁の女性判事に対し、国家法務審議会が事実関係の調査を始める▼治安部門への直接統治開始直後に、市議1期目だが、人種差別や性差別、警官の暴力などの摘発その他で活躍していたマリエーレ氏が殺された。この事 […]
  • 「選挙対策」としてリオ直接統治を見ると?2018年3月20日 「選挙対策」としてリオ直接統治を見ると?  ここ1カ月のリオの動き、連邦政府による治安部門の直轄統治は、「選挙対策」として見ると興味深い。現政権が腕まくりして取り組んできた社会保障制度改革が、週明けの下院承認がムリだと噂され出した2月16日、テメルは突然、直接統治暫定令を出した。しかも、社会保障制度改革を通すた […]
  • まさか「蚊の病気」に悩まされるとは2018年3月16日 まさか「蚊の病気」に悩まされるとは  コラム子が日本から聖市に越して生活を始めてもうすぐ8年になる。これまで特に生活上で大きく不安になったことはないが、ひとつだけ「こんなことが起きるとは。大丈夫か」と思わされたことがある。それが「蚊のもたらしうる病」だ▼8日、自分の携帯電話のフェイスブックを確認していたら […]