樹海

 世界で初めて原爆が投下されて70年の節目を迎えた6日、広島市であった「平和記念式典」には約5万5千人が参列した。報道によれば、過去最多の100カ国、EUの代表が出席した。コラム子の知人も「原爆の日」にあわせて広島に徒歩で向かったり、イベントを行ったりしている。原発の問題や、昨今の憲法改正の動きで、若者の意識は高まっているようだ▼ブラジルでは、移民百周年があった2008年以降、「平和灯ろう流し」や州立校の生徒たちによる平和イベントなどがイビラプエラ公園で行われたりした。しかし、今年は寡聞にして知らない。予算などの問題はあろうが、百周年フィーバーの余波による一過性のものだったのなら、残念なことだ▼30年近く行われているブラジル被爆者平和協会とブラジル広島文化センターによる法要の出席者も、わずか西本願寺の僧侶らを含め30人ほどだった。これも教育関係者らに呼びかけるなど、平和をPRする機会になったように思う。被爆者や広島にゆかりのある人が静かに平和を願う場となった法要は、NHKが取材していた。日本の人にも知られたなら良かったと思う▼先月末にサンパウロ州タピライ市であった本門佛立宗の「佛立聖地」の宝塔に吊り下げられたのは、「平和の鐘」。同市から広島市に許可を得ており、世界唯二の名称だ。これから毎年5日夜に、タピライ市から聖地までを市民と行進、原爆投下時間に合わせ法要を行うことも発表された。もちろん記念すべき第1回は無事行われ、約100人が松明と共に6キロを歩いた。この小さな行進が大きくなり、末永く続くことを願う。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 刺青や大麻に対する受け止め方の違い2018年10月18日 刺青や大麻に対する受け止め方の違い  ホームレスの男性に密着取材したNHKの番組で、首筋や袖口にも刺青を覗かせた青年が、「刺青をしている人が全て悪人ではないと知ってもらいたくて、善行を心がけている」と語っていた。確かに日本ではまだ、刺青は極道などと結び付けて考えられるんだろうなと思い、文化の差を感じた▼ブラジルで […]
  • 「樹海」拡大版=ボウソナロという虚像=デジタル空間に移った選挙活動の主戦場2018年10月16日 「樹海」拡大版=ボウソナロという虚像=デジタル空間に移った選挙活動の主戦場  今選挙の特徴の一つは、前回までは道端にあふれていた候補者のサンチーニョ(ビラ)を配ったり、候補者の応援旗を振ったりする人がほぼいなかった点だ。にも関わらず、「ボウソナロ効果」が起きて、政治地図が大激変した。これが意味するのは、「宣伝活動の主戦場が道端という実際の空間か […]
  • なぜシロは健闘し、アウキミンは惨敗したのか2018年10月12日 なぜシロは健闘し、アウキミンは惨敗したのか  大統領選はジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党・PSL)とフェルナンド・ハダジ氏(労働者党・PT)という、世界中が「危険」と目する極右候補と、汚職で凋落したかつての長期政権の再挑戦という対決になっていることは本紙でも何度も報じていることだ。だが、今回ここではあえて、こ […]
  • ブラジルでも進む高齢化2018年10月11日 ブラジルでも進む高齢化  統一選の最中で余り注目されなかったが、ブラジルでは、10月1日は高齢者に関する特別法発効から15年の節目だった▼発効当時(03年)の高齢者は1500万人で、12年の高齢者は2540万人、17年の高齢者は3020万人だから、高齢化は確実に進んでいる。12~17年の高齢者は18・ […]