樹海

 世界で初めて原爆が投下されて70年の節目を迎えた6日、広島市であった「平和記念式典」には約5万5千人が参列した。報道によれば、過去最多の100カ国、EUの代表が出席した。コラム子の知人も「原爆の日」にあわせて広島に徒歩で向かったり、イベントを行ったりしている。原発の問題や、昨今の憲法改正の動きで、若者の意識は高まっているようだ▼ブラジルでは、移民百周年があった2008年以降、「平和灯ろう流し」や州立校の生徒たちによる平和イベントなどがイビラプエラ公園で行われたりした。しかし、今年は寡聞にして知らない。予算などの問題はあろうが、百周年フィーバーの余波による一過性のものだったのなら、残念なことだ▼30年近く行われているブラジル被爆者平和協会とブラジル広島文化センターによる法要の出席者も、わずか西本願寺の僧侶らを含め30人ほどだった。これも教育関係者らに呼びかけるなど、平和をPRする機会になったように思う。被爆者や広島にゆかりのある人が静かに平和を願う場となった法要は、NHKが取材していた。日本の人にも知られたなら良かったと思う▼先月末にサンパウロ州タピライ市であった本門佛立宗の「佛立聖地」の宝塔に吊り下げられたのは、「平和の鐘」。同市から広島市に許可を得ており、世界唯二の名称だ。これから毎年5日夜に、タピライ市から聖地までを市民と行進、原爆投下時間に合わせ法要を行うことも発表された。もちろん記念すべき第1回は無事行われ、約100人が松明と共に6キロを歩いた。この小さな行進が大きくなり、末永く続くことを願う。(剛)

こちらの記事もどうぞ

  • 婦人部からブラジル社会へ日本料理の普及を2017年4月28日 婦人部からブラジル社会へ日本料理の普及を  継承日本語を残して行くためには、地方日系団体が「日本文化クラブ」的な方向性を取り入れていく取り組みが必要ではないか―と18日付本欄で書いた。その中で、大きな柱になるのは、やはり婦人部の刷新だろう。大イベントを実施する地方日系団体の台所をのぞくと、例外なく婦人部の皆さん […]
  • 《ブラジル》「ジウマの政策失敗のつけは、LJ作戦のそれより大きい」2017年4月25日 《ブラジル》「ジウマの政策失敗のつけは、LJ作戦のそれより大きい」  23日付エスタード紙の経済面トップは《ラヴァ・ジャット(LJ)作戦で疑惑を指摘された企業は、この3年で60万人弱を解雇》と報じた。最多解雇をしたのはペトロブラスで、13年12月に44万6千人いた社員が昨年末には18万6千人と、約26万人減、マイナス58%になった―との […]
  • 2800万のブラジル人を悩ます耳鳴り2017年4月27日 2800万のブラジル人を悩ます耳鳴り  国によっては人口の24%、ブラジルの場合は少なくとも2800万人が耳鳴りに悩んでいる。蜂の羽音のようだ、セミの鳴き声のようだ、はたまた、圧力鍋の蒸気が漏れる音のようだなど、耳鳴りの表現の仕方は様々だが、サンパウロ大学サンカルロス校の研究班が、耳鳴りを感じるのは脳の前頭前野(前 […]
  • ラヴァ・ジャットの賄賂が正しく使われていたら…2017年4月20日 ラヴァ・ジャットの賄賂が正しく使われていたら…  最高裁のファキン判事がラヴァ・ジャット作戦(LJ)関連で、オデブレヒト社の報奨付供述に基づく捜査開始許可を出して以来、庶民が首を傾げる機会が一段と増えた▼06~14年にオ社が払った賄賂は33億ドル(160億レアル)とされ、この金額で、保育所を建てれば5241カ所(86万736 […]
  • 《ブラジル》汚職文化は政治家だけか?2017年4月21日 《ブラジル》汚職文化は政治家だけか?  改心した悪党が真情を吐露した言葉には、妙な説得力がある――。オデブレヒト社(以下O社)のエミリオ前社長が怒涛の暴露をする司法取引証言の映像を見ながら、メンサロンを最初に内部告発したPTB党首ロベルト・ジェフェルソン氏に近いものを感じた▼前々回の樹海コラムで、エミリオ氏 […]