樹海

 世界で初めて原爆が投下されて70年の節目を迎えた6日、広島市であった「平和記念式典」には約5万5千人が参列した。報道によれば、過去最多の100カ国、EUの代表が出席した。コラム子の知人も「原爆の日」にあわせて広島に徒歩で向かったり、イベントを行ったりしている。原発の問題や、昨今の憲法改正の動きで、若者の意識は高まっているようだ▼ブラジルでは、移民百周年があった2008年以降、「平和灯ろう流し」や州立校の生徒たちによる平和イベントなどがイビラプエラ公園で行われたりした。しかし、今年は寡聞にして知らない。予算などの問題はあろうが、百周年フィーバーの余波による一過性のものだったのなら、残念なことだ▼30年近く行われているブラジル被爆者平和協会とブラジル広島文化センターによる法要の出席者も、わずか西本願寺の僧侶らを含め30人ほどだった。これも教育関係者らに呼びかけるなど、平和をPRする機会になったように思う。被爆者や広島にゆかりのある人が静かに平和を願う場となった法要は、NHKが取材していた。日本の人にも知られたなら良かったと思う▼先月末にサンパウロ州タピライ市であった本門佛立宗の「佛立聖地」の宝塔に吊り下げられたのは、「平和の鐘」。同市から広島市に許可を得ており、世界唯二の名称だ。これから毎年5日夜に、タピライ市から聖地までを市民と行進、原爆投下時間に合わせ法要を行うことも発表された。もちろん記念すべき第1回は無事行われ、約100人が松明と共に6キロを歩いた。この小さな行進が大きくなり、末永く続くことを願う。(剛)

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • ブラジル司法界は〃現代の貴族階級〃か?2018年8月14日 ブラジル司法界は〃現代の貴族階級〃か?  ブラジルには良心といえる社会機構が存在しないのか――そんな暗澹たる気持ちになった。最高裁が8日、2019年の自らの給与を16・38%増やす調整を〃お手盛り可決〃したというニュースを聞いて、そう感じた。「espelho moral da […]
  • 期待の候補は政界の地図を変えられたのか?2018年8月10日 期待の候補は政界の地図を変えられたのか?  5日に各政党の党大会が終わったことで、各大統領候補の連立や、8月31日からの政見放送の時間が決まった▼今回の大統領選は、ラヴァ・ジャット作戦、ジウマ前大統領の罷免の後の初の大統領選挙ということもあり、本来なら「政界改革への期待」が高まるはず・・のものだった▼だが、ふた […]
  • 両親の涙が涸れるのはいつ?2018年8月9日 両親の涙が涸れるのはいつ?  3日未明、ニカラグアで医学を学び、研修で当直勤務を行った帰りに機銃掃射を受けて死んだライネイア・リマさんの遺体がペルナンブコ州に着き、昼前に埋葬が行われた▼この件は4日付サイト記事にも書いたが、リマさんの帰郷を心待ちにしていた母親が、大学が特別に出した卒業証書を手に娘への思い […]
  • 感動の眞子さまご来伯を振り返って2018年8月7日 感動の眞子さまご来伯を振り返って  ブラジル日本移民110周年を記念して訪問された眞子さまは、かつて皇族が足を踏み入れたことがなかった地を何カ所もお訪ねになり、各地で祈りと癒しを実践された。本紙記者が各地で取材した内容からご訪問のハイライトを振り返りたい。  最たるものは、ノロエステ開拓最前線でマラリ […]