ホーム | コラム | オーリャ! | 気合の入ったカラオケにビックリ

気合の入ったカラオケにビックリ

 日本から来て、当地の生活が始まって2週間が経つ。この間、最も驚かされたのは「カラオケ」だ。老若男女がマイクを握り、思い思いの好きな歌を皆の前で歌う。それはブラジルも日本も同様。ただ、当地におけるカラオケへの情熱は、日本の比ではない。

 リベルダーデ近辺で700人ほどが参加するカラオケ大会が開催されると聞き、見学にいった。力の入った歌い方は、遊びのカラオケとは全く別物。聞けば、歌唱法が学べる「カラオケ教室」が習い事として人気で、日ごろから鍛錬を重ねている人も多いとのこと。

 カラオケといえば、放課後に友人とふらっと歌いにいくものと思っていた記者としては、なんだか不思議な気分になってくる。ただ、参加者の皆さんのいかにも気持ち良さそうに歌う表情を見て、「そこは同じだ」と少し安心した。(陸)

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2004年12月28日 コラム オーリャ!  一年の終わりにこんな結末が用意されていたとは誰が想像しただろう。スマトラ沖地震のニュースは世間のクリスマス明けの穏やかな気分を一転させ、地震被害の悲惨さを改めて認識させた。 […]
  • フェイスブックもひとつの友情?2017年4月29日 フェイスブックもひとつの友情?  ベルゲイロ駅上のサンパウロ文化センターにはいつも若者たちがたくさんいる。ポ語の会話練習のため、勇気を出して集団のいくつかに話しかけてみた。初めは怪訝そうな顔をされるが「日本から […]
  • 日系民謡歌手の日本プロデビューを目指しては2017年4月25日 日系民謡歌手の日本プロデビューを目指しては  来場者数約130人を記録した昨年の『本荘追分ブラジル大会』。久保田紀世会長はその大会で優勝し、日本での全国大会で特別賞を受賞した。「ブラジルから出場したから」と謙遜しつつも、「 […]
  • 受賞者に共通する『公』の精神2017年4月20日 受賞者に共通する『公』の精神  「受賞できたのは、先輩方のお陰。今後は世の為に尽くしたい」―。受賞者が口々に語ったのは、受けた恩を次世代に還元したいという恩送りと『公』の精神だった。  陸上部門で受賞した安 […]
  • 元気の源は体操と笑顔2017年4月18日 元気の源は体操と笑顔  本紙で働き始めて4日目、リベルダーデ駅前でラジオ体操が行なわれていると聞き、足を運んだ。まだ日が上がりきらない朝6時、おそろいの白いユニフォームを着た男女30人ほどが広場に集ま […]