ホーム | コラム | オーリャ! | カポエイラの魅力

カポエイラの魅力

 ここ1カ月ほどカポエイラ教室に通っているが、これが面白い。そもそもカポエイラとは、黒人奴隷がアフリカから伝えた格闘技とダンスを織り交ぜたもの。そこに楽器の演奏が伴い、リズムに合わせて手合わせをするのだが、勝敗はつけない。
 魅力は、初心者でも自分の実力を出せるところだと思う。カポエイラはアクロバット的なイメージをもたれがちだが一概にそうではない。
 大切なのは互いが相手の動きをよく見て、自分がどう動くか考えること。だから、たとえ自分のできる技が少なくても、合いの手の出し方の相性が良ければ、よい手合わせだったといえる。
 カポエイラは言葉を使わないコミュニケーション、「以心伝心」に通じる部分を感じる。そんなブラジルを代表する文化の一つを、いつか日本に伝えたいと秘かに願っている。(陸)

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2004年12月28日 コラム オーリャ!  一年の終わりにこんな結末が用意されていたとは誰が想像しただろう。スマトラ沖地震のニュースは世間のクリスマス明けの穏やかな気分を一転させ、地震被害の悲惨さを改めて認識させた。 […]
  • 日本宗教がディズニー監督の心の支え2017年5月23日 日本宗教がディズニー監督の心の支え  ブラジル人初のディズニーアニメ映画監督となった松田レオナルドさんとの取材後、「もしも書きたければ、私が創価学会で仏教を学んでいることを記事に加えても大丈夫です」と松田さんからメールが入った。  調べてみると同学会のニュースサイト「SEIKYO Online」に3月27日付け […]
  • 巨額投資は先見の明?2017年5月26日 巨額投資は先見の明?  先日、某日系損害保険会社の駐在員に話を聞く機会があった。当地の不景気を嘆き、「もともと日本に比べて車の盗難が多いが、不景気だとさらに増えて、保険金の支払いが膨らむ。それに車が売れないから、新規の保険契約も減っている」とため息混じりに話した。  これ以上不景気が続くと、意図的 […]
  • おもてなしの心で握られた寿司2017年5月18日 おもてなしの心で握られた寿司  東洋街に新しくオープンした「謙造鮨」。本格的な寿司と聞き、どんなものかと思い食べてみると、「なるほど」と舌を唸らせるものだった。  当地でも広く定着した寿司だが、庶民的なところではブッフェが一般的でシャリも冷たく、クリームチーズ入りも多い。ポルキロであれば、他の料理と味が混 […]
  • 日本の特撮ヒーローが道徳のモデルに?2017年5月17日 日本の特撮ヒーローが道徳のモデルに?  日本の特撮ヒーロー番組の放映権をとって、伯国で放送してきた江頭俊彦さんが講演会を行った。会終了後、参加したファンが江頭さんのもとに集まり、熱心な様子で番組放送に感謝を述べていた。  江頭さんによると、「スーツをビシッと着こなした伯人から『ヒーローから努力する姿勢を学び、仕事 […]