ホーム | コラム | 樹海 | ブラジル人の5人に1人は肥満

ブラジル人の5人に1人は肥満

 TVのニュースで、ブラジル人の半数以上は適正体重を超え、2割は肥満である事と、肥満だと癌や脳血管障害(AVC)なども起こり易くなる事を話していた。8、9、10月と3カ月続けて癌やAVCによる知人の死を経験した後だけに、この話は耳に残った▼ブラジルの成人の2割が肥満との話は、保健省が昨年行い、4月に発表した電話アンケートの結果と一致する。06年は11・8%だった肥満者が16年は18・9%に増えた事は、それだけでかなりインパクトがある。しかも、糖尿病は5・5%が8・9%、高血圧も22・5%が25・7%に増えている▼先に挙げた知人3人は、癌、AVC、糖尿が原因で亡くなった。肥満者は年齢と共に増えるが、25~44歳でも17%が肥満である事や、ブラジル人の死因の74%は心臓疾患や血管障害と慢性的な呼吸器疾患、糖尿、癌が占める事などを考えれば、事の深刻さがより明確になる▼かつては食糧難や栄養失調が問題だったブラジルが、肥満や太り過ぎで悩むようになったのは、食生活の変化や運動不足が主因だ。物事が便利になると体を動かす機会が減り、加工食品の摂取量が増えればカロリーや塩分のとり過ぎが起こり易い。ストレスが溜まるとやけ食いする人などはなおの事、注意が必要だ▼肥満の人には骨粗しょう症や不妊、関節や腰などの痛み、皮膚の炎症、胃潰瘍といった問題も生じ易い上、問題は女性の方が深刻とも。やせている人にはやせている人なりの悩みや問題もあるのだろうが、適正体重になったら、生活全般が快適になったという証言も数多くある。全てにバランスが取れている事は難しいが、時折は生活全般を見直す事も必要だ。(み)

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • アウキミンは「伯国政界の徳川家康」か?2017年12月8日 アウキミンは「伯国政界の徳川家康」か?  来年10月の大統領選挙は、汚職裁判で出馬失格の危険性のある中、国民の圧倒的な支持率を元に突っ走る元大統領のルーラ氏(労働者党・PT)と、「反ルーラ、反PT」の支持を集める極右候補のジャイール・ボウソナロ氏の一騎打ちのような様相を現時点では見せている。だが、まだ選挙本番 […]
  • 待降節と贈り物2017年12月7日 待降節と贈り物 […]
  • 《ブラジル》日系出版界の縁の下の力持ちが初めて自分の本2017年12月6日 《ブラジル》日系出版界の縁の下の力持ちが初めて自分の本  「画文集を出すなんて、初めてで最後だな」と謙遜しながら、恥ずかしそうにほほ笑むのは田中慎二さん(82、福岡県)。この『アンデスの風』(146頁)は、1950年代のスケッチから新聞の風刺画、本の表紙やイラスト、最近のアクリル画まで200点以上が網羅された「作品で見る自伝 […]
  • リオから大統領が生まれないその理由は?2017年12月1日 リオから大統領が生まれないその理由は?  伯国の政界用語の中のひとつに「カフェ・コン・レイテ(コーヒーと牛乳)」という言葉がある。これは「カフェ」が聖州、「レイテ」がミナス・ジェライス州を、それぞれの特産品に喩えたものだ。これはつまり、「伯国の大統領は伝統的にこの2州の政治の長の持ち回り」ということを意味する […]