ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 ブラジル日系熟年連合会の機関紙『ブラジル老荘の友』527号が12月に発行された。昨年末、新規に2クラブ(パラー熟年クラブ、ピラール・ド・スール老人会)が加入したとのこと。「老いてますます盛ん」(後漢書)という言葉があるが、まさにその通り。現在、塾連では教養講座が16教室も開催されており、ほぼ満員の盛況ぶり。例えば民謡、舞踊、俳句、川柳、ポ語会話、各種書道、名画鑑賞会、マージャン、日本語、コーラス、カラオケ・ダンス、カラオケ、表現体操、練功体操、絵手紙、百人一首、なつメロ、健康表現体操などの教室がズラリ。家でじっとNHKを見ていることが多い方、たまには外出して参加体験してみては?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2018年12月21日 大耳小耳  『ブラジル岐阜県人会便り』327号が11月に刊行された。長屋充良会長宅で11月24日、忘年会をかねて、来年の県連日本祭りで出す郷土食の試食会も行われたそう。NHKドラマ『半分、青い!』で有名になった「五平餅」と「鶏ちゃん」が振る舞われて好評を博した。そのほか、タコ焼き、牛肉串 […]
  • 大耳小耳2018年12月20日 大耳小耳  『ブラジル日系文学』第60号では、本紙で掲載した突撃ルポ「ジョアン・デ・デウスの館」の読後、実際にゴイアス州アバジニアの同館に行った際の体験記「アバジニア」(山本紅)が掲載されている。《不思議なのは夜、館上空の写真を撮ると青い玉や、黄色、赤などの色がちりばめられていること。他 […]
  • 東西南北2018年12月13日 東西南北  駐ブラジル日本国大使館が出すPDF版『大使館情報』2018年12月号によれば、山田彰大使は11月21日にキム・カタギリ次期下議、23日にはエルネスト・アラウージョ次期外務大臣、4日にはジャイル・ボウソナロ次期大統領と懇談した。中でもカタギリ下議は「自分に出来ることがあれば是非 […]
  • 大耳小耳2018年12月12日 大耳小耳  南米産業開発青年隊協会が発行するPDF版会報『南青協便り』第 […]