ホーム | コラム | 樹海 | 《ブラジル》親が日系人だと算数の成績が良くなる?!

《ブラジル》親が日系人だと算数の成績が良くなる?!

親が持つ移民文化が子の学習結果にもたらす影響の調査を報じた記事

親が持つ移民文化が子の学習結果にもたらす影響の調査を報じた記事

 《両親のどちらかが日系人である子どもは、公立小学校での算数の学力がイベリア(スペイン、ポルトガルなどイベリア半島出身者)系子孫よりも1年先をいく》――そんな興味深い調査結果が、17年12月24日2時00分付けフォーリャ紙電子版で発表された。これは両親が持つ移民文化が、子どもの学力にどんな影響を与えるかを調べた画期的な調査だ。
 全国学力試験の受験者の苗字から、親がイベリア系、日系、ドイツ系、東欧州系、イタリア系、シリオ・リバネース系のいずれかである場合の学力を比較したもの。その結果、日系人の子どもの場合は算数の成績が特に優秀だった。
 《両親のどちらかが日系、ドイツ系、東欧州系、イタリア系の場合、算数の成績がイベリア系子孫よりも優れている。父と母が日系である場合、算数の優位性は学習1年分に相当する》とも。
 これはIPEA(応用経済研究所)の研究者レオナルド・モンテイロ氏とダニエル・ロペス氏、INEP(国立教育研究院)のジェラルド・シウヴァ・フィーリョ氏らの共同調査だ。ブラジル生まれで、同じ教育機関で学んでいるが、違う文化遺産を持つ子ども(三世まで)を比較する目的で行われた。
 調査方法としては、まずサンパウロ州移民記念館で7万1千の苗字のルーツを調べ、さらにコンピューターの調査プログラムによって22万の苗字を加えた。それをCenso Escolar2013と2015の参加者の苗字と掛け合わせ、ルーツが判明した7万4608人に対して成績を調べた。つまり、れっきとした全伯調査だ。
 ロペス氏は《文化だけが学習に差をつける訳ではない。そして、なぜか小学3年から5年の間に差が拡大する》と指摘し、追加調査を提言。
 フォーリャ紙が取材した日系子孫は《両親を落胆させることが怖いし、うまく行くこと、生活をより良くすることが当たり前という空気がある》と答えている。
 日系数学教師クリスチーナ・カントさん(43)も同取材に対し、《数学を学習する事は、楽器を弾くこと、運動をすることと一緒。練習する必要がある。この練習の必要性に関して、日系人は自然に受け入れる部分がある》と認めている。
 彼女は《ジャポネースは生まれつき数学が得意》と言われることに疑問をもち、USP大学院修士で研究までした。クリスチーナさんの両親は小商店主。一度も「勉強しろ」と強制されたことはないが、「良い生活を得るためには、学校でいい成績を取らないといけないという信念(家族の雰囲気)があった」と同紙に答えている。
 さらに中川ヒロコ・イベッチさん(60)も記事中で、《家族の名誉を苗字の重みに感じている。母は小学三年、父は4年までしか行かなかった。彼らは学歴でバカにされたから、私たちの教育は彼らにとってとても重要なものだった。私たちは、両親が大事だったから、その期待に応えようと勉強した》と語り、さらに孫のタイスちゃん(11)に関しても《(10点満点中の)8点では「良くできた」とは思わない》と同じ期待を抱く。
 同調査によれば、一番成績が良いのが「日本文化を持つ親」、次が「ドイツ系」、「東欧州系」、「イベリア系でない両親」、「イタリア系」、「片親がイベリア系でない」という順番だった。
 両親が持つ「勤勉」「真面目」「正直」な性行が子どもに伝わり、学習面で発揮されると、学校の成績に影響が生まれるようだ。同じ学校で勉強しても、勤勉な方が良い成績を取るのは自然なことだ。良い成績をとり、良い大学へ行ければ、良い職業に就ける可能性が高まり、社会上昇につながる。
 戦後の日本移民の戦略は、まさにそれだった。それが戦後73年経った今まで連綿と続いていることは、日本移民がブラジルに残した最大の精神遺産かもしれない。これを調査・判明させたブラジル人研究者に拍手を送りたい。(深)

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 感動の眞子さまご来伯を振り返って2018年8月7日 感動の眞子さまご来伯を振り返って  ブラジル日本移民110周年を記念して訪問された眞子さまは、かつて皇族が足を踏み入れたことがなかった地を何カ所もお訪ねになり、各地で祈りと癒しを実践された。本紙記者が各地で取材した内容からご訪問のハイライトを振り返りたい。  最たるものは、ノロエステ開拓最前線でマラリ […]
  • 一度だけ身内の話を2018年7月31日 一度だけ身内の話を  かつて身内のことを、本コラムで書いたことはない。  だが社長から「今回の眞子さまの取材では記者が全伯を飛び回って、全員ががんばった。ポルトガル語編集部も。そのことを一度ぐらい書いてくれ」と言われた。  もしも吉田尚則前編集長に「身内の話を書いてもいいか」と相談した […]
  • 「眞子さま」という癒し2018年7月25日 「眞子さま」という癒し  「眞子さまのお言葉は僕らに癒しを与えてくれた。ブラジルに暮らしている僕らのことを、日本の人たちは忘れていないんだと思わせてくれた」。21日、県連日本祭りで110周年記念式典が終った直後、なにげなく参加者の声を会場で集めていたとき、小西ジューリオ武雄さん(60、二世)か […]
  • 長崎の世界遺産認定を喜ぶブラジルの信者の声2018年7月11日 長崎の世界遺産認定を喜ぶブラジルの信者の声  「昨日とっても嬉しいニュースを聞いたの。長崎の潜伏キリシタン関連遺産が世界遺産に認定されたって。今までカトリックとして苦しめられてきた歴史が認められて、少し報われた気がするわ」――久能木(くのき)チエコさん(86)は、そう笑顔を浮かべた。  1日にサンパウロ市のサン […]