ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年8月30日

 8月は県人会の式典続きで、数え切れないほど〃エライ人〃の挨拶を聞いたが、多くはほぼ焼き直しに近いとの印象だった。だが岐阜県人移住100周年式典での岐阜新聞の杉山幹夫社長の挨拶は、珍しく裃を脱いだ、とても心がこもったものだった。事前資料にある杉山社長の挨拶はごく普通の文面だったが、実際に登壇すると紙など見ずに滔々と自らの言葉で語り始めた▼40年前、60周年で知事一行と初来伯した折、社長だけ仕事の都合で一日遅れで当地空港に着いた。「どうやって会まで辿りつくか」と思案していると、20人ほどの青年が手を振っている。「誰かエライ人が来ているのかな」と他人事に思っていたら、自分のほうに寄って来て「県人会からお迎えに参りました」と言われて驚いたという。その一人が山田彦二現県人会長だった▼翌晩こっそり一人で東洋街の日本映画館に入りヤクザ映画を上映しているのを見て、コロニアに強烈な印象を覚えた。「こりゃ根こそぎ取材しなきゃ」と痛感し、トヨタの四駆車一台と記者3人を3カ月に渡って送り込み、大型連載をさせた▼帰ってきた記者から「移民の皆さんは日本の花火を見たがっている」と聞き、20年前にUSP校内で、15年前にも競馬場で花火大会を行なった。「年輩の方が花火に手を合わせて喜んでいる姿をみて心の底から感動した」▼しかし911テロ以降、火薬の国際輸送が厳しくなった。「なんとかもう一度ドカンとやりたい」と締めくくったその挨拶に、これほど移民に共感を覚えている人は珍しいと実感した。無理に花火に拘らずとも、日系社会のためにぜひもう〃一花〃咲かせてほしい。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》「ベストセラー作家・千葉勇の祖父の地の謎=家伝刻む石碑にあり得ない記述=宮村秀光氏訪日で判明=ブラジル宮城県人会会長中沢宏一2017年5月20日 《ブラジル》「ベストセラー作家・千葉勇の祖父の地の謎=家伝刻む石碑にあり得ない記述=宮村秀光氏訪日で判明=ブラジル宮城県人会会長中沢宏一  ブラジル日系文学アカデミーの会長でこの度の団長宮村秀光氏とは、日本・ブラジル歴史の勉強調査などで協力し合ってきている仲です。彼が訪日旅行する機会に宮城県石巻市、登米(とめ)市を訪問する計画を依頼され、県人会から宮城県庁、石巻市役所、登米市役所に受け入れを要請しました。 […]
  • ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!2017年5月20日 ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!  ブラジル岩手県人会(千田曠暁会長)は『第11回わんこそば祭り』を5月28日午前11時から、同県人会館一階ホール(Rua Thomaz Gonzaga, […]
  • 感動の眞子さまご来伯を振り返って2018年8月7日 感動の眞子さまご来伯を振り返って  ブラジル日本移民110周年を記念して訪問された眞子さまは、かつて皇族が足を踏み入れたことがなかった地を何カ所もお訪ねになり、各地で祈りと癒しを実践された。本紙記者が各地で取材した内容からご訪問のハイライトを振り返りたい。  最たるものは、ノロエステ開拓最前線でマラリ […]
  • いよいよ眞子さまご来伯、一世最後の周年行事2018年7月17日 いよいよ眞子さまご来伯、一世最後の周年行事  いよいよ、明日18日に眞子さまがリオにご到着になる。19日にはパラナ州に足を運ばれ、21日からはサンパウロ、今週末は県連日本祭り、日本移民110周年式典だ。平均年齢が80歳前後とみられる一世の大半にとっては、10年ごとの大きな周年行事としては今回が「最後」だろう▼祭典 […]
  • 110周年では日本の支援への感謝を忘れずに2018年7月3日 110周年では日本の支援への感謝を忘れずに  「大事なことが抜けていますよ!」――ブラジル・ラジオ体操連盟の元会長、松浦アントニオさん(88、二世)が同連盟40周年の記念特集ページ(本紙6月23日付)を見て、そう指摘してきた。1999年に日本の全国ラジオ体操連盟理事長だった柳川秀麿さんから普及基金として1千万円を […]