ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年8月30日

 8月は県人会の式典続きで、数え切れないほど〃エライ人〃の挨拶を聞いたが、多くはほぼ焼き直しに近いとの印象だった。だが岐阜県人移住100周年式典での岐阜新聞の杉山幹夫社長の挨拶は、珍しく裃を脱いだ、とても心がこもったものだった。事前資料にある杉山社長の挨拶はごく普通の文面だったが、実際に登壇すると紙など見ずに滔々と自らの言葉で語り始めた▼40年前、60周年で知事一行と初来伯した折、社長だけ仕事の都合で一日遅れで当地空港に着いた。「どうやって会まで辿りつくか」と思案していると、20人ほどの青年が手を振っている。「誰かエライ人が来ているのかな」と他人事に思っていたら、自分のほうに寄って来て「県人会からお迎えに参りました」と言われて驚いたという。その一人が山田彦二現県人会長だった▼翌晩こっそり一人で東洋街の日本映画館に入りヤクザ映画を上映しているのを見て、コロニアに強烈な印象を覚えた。「こりゃ根こそぎ取材しなきゃ」と痛感し、トヨタの四駆車一台と記者3人を3カ月に渡って送り込み、大型連載をさせた▼帰ってきた記者から「移民の皆さんは日本の花火を見たがっている」と聞き、20年前にUSP校内で、15年前にも競馬場で花火大会を行なった。「年輩の方が花火に手を合わせて喜んでいる姿をみて心の底から感動した」▼しかし911テロ以降、火薬の国際輸送が厳しくなった。「なんとかもう一度ドカンとやりたい」と締めくくったその挨拶に、これほど移民に共感を覚えている人は珍しいと実感した。無理に花火に拘らずとも、日系社会のためにぜひもう〃一花〃咲かせてほしい。(深)

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》「ベストセラー作家・千葉勇の祖父の地の謎=家伝刻む石碑にあり得ない記述=宮村秀光氏訪日で判明=ブラジル宮城県人会会長中沢宏一2017年5月20日 《ブラジル》「ベストセラー作家・千葉勇の祖父の地の謎=家伝刻む石碑にあり得ない記述=宮村秀光氏訪日で判明=ブラジル宮城県人会会長中沢宏一  ブラジル日系文学アカデミーの会長でこの度の団長宮村秀光氏とは、日本・ブラジル歴史の勉強調査などで協力し合ってきている仲です。彼が訪日旅行する機会に宮城県石巻市、登米(とめ)市を訪問する計画を依頼され、県人会から宮城県庁、石巻市役所、登米市役所に受け入れを要請しました。 […]
  • ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!2017年5月20日 ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!  ブラジル岩手県人会(千田曠暁会長)は『第11回わんこそば祭り』を5月28日午前11時から、同県人会館一階ホール(Rua Thomaz Gonzaga, […]
  • ブラジル日系社会のための井戸とは?2017年5月11日 ブラジル日系社会のための井戸とは?  サンパウロ市リベルダーデ区の静岡県人会館で7日、第5回橘和音楽祭が開かれた。保江氏が指導する歌唱部門の生徒や娘の早苗氏が教えるコーラスやシンセサイザーの生徒が、橘和ファミリーで組んだバンドやカラオケの演奏で練習の成果を披露。外部からの人も含め、参加者全員が1日中、音楽や交わり […]
  • 日本語とポルトガル語の遠さ2017年1月17日 日本語とポルトガル語の遠さ  コラム子の実家は静岡県沼津市にあり、朝に晩に霊峰富士を見ながら育った。体力自慢の父親からは、「若い頃は工場の勤務が終わった後に、夜9時頃から富士宮駅から徹夜で歩いて、朝までに富士山頂へ行った」という話を百回ぐらい聞かされた▼ふと調べてみると、富士宮駅から富士宮ルート五合目 […]
  • 《ブラジル》小野ジャミルさんを日本移民110周年実行委員長に推薦2017年1月31日 《ブラジル》小野ジャミルさんを日本移民110周年実行委員長に推薦  来年に控えた日本移民110周年実行委員長の選考が難航しているとの噂を聞く。飯星ワルテル連邦下議には半年前と同様、就任への招待が再度行われたが断られたとか。来年が選挙の年であることから、より国政に関わることに専念したいとの思いが強いのではないかと想像される。110周年を機に […]