ホーム | コラム | 日伯コンサル奮闘日記 | 第4回 サンパウロと違うリオ

第4回 サンパウロと違うリオ

 リオデジャネイロには、約20年以上にわたり、数えられないぐらい「訪問」しているが、リオに事務所を置き、住人になってみると、これまで出張ベースで行っていた頃には見えなかったことに気づく。
 例えば、サンパウロとリオでは使う言葉も違う。私はマンジョカが好きで良く食べるが、これがリオではアイピン(AIPIM)となる。夕食の時に、マンジョッカ・フリット(キャッサバ芋のフライ)を頼んだら、店員がポカンとしているので、てっきり私の発音が悪かったのかと思ったが、そうではなく言葉が違ったのである。

 また、昼食時にポルキロに行こうかと言うと、「リオではポルキロとは言いません。ア・キロです」。夕食のレストランで会計をしようとして、いつも通り「ア・コンタ」と言おうと思ったら、横からリオの友人が「フェッシャー」と。よく耳を澄ませば、みんなそう言っている。所変われば、である。
 そんなリオで、近頃最も驚くのは、やはり物価である。サンパウロでも、デフレが長く続いた日本と比べれば何でも高いが、リオはさらにその上をいく。私の感覚では、スーパーなどで販売されているもので、5〜10%高い。レストランや外食はさらに20%程度違う気がする。
 かつての首都であり世界的観光地なので、多少高くても当たり前だが、観光客向けではない店も総じて高い。ある顧客の薬局ルートの販路開拓を手伝った際に、ブラジル全国薬品販売協会の方から薬局で売られている全製品のリストと州別に分かれた細かい販売価格が掲載された分厚い冊子をいただいた。
 薬品は特殊な物なので、極端に高く売ったりしないように、販売しても良い価格の上限が決められており、それも全国一律ではなく、州によって違う。ここでも全国で一番販売価格を高くして良いのがサンパウロではなく、リオであった。ブラジルの販売の難しさは、このように州ごとに販売価格を調整していかなければならないところにもある。

リオの薬局チェーン店「PACHECO」

リオの薬局チェーン店「PACHECO」

 さらにスーパーや薬局チェーンのブランドも違い、サンパウロでは見ない「PACHECO」という薬局が至る所にあったり、スーパーも「Zona Sul」や「Mundial」などを良く見かける。
 ブラジルは州やエリアによって、このようにチェーンのブランドも違っており、北部・北東部に行けば、われらが日系の大手スーパー「Y・YAMADA」が最大手で数十店舗展開している。
 ブラジルの個人消費は現在約120~130兆円ぐらいと推測されるが、そのうち、3大スーパー(カルフール、ウォルマート、ポン・デ・アスーカル)の占める割合はわずか3%〜4%程度。
 モノによっては一つの問屋に納めれば広く行き渡ることもあるが、大抵は店頭に商品を流通させるために、地域ごとに様々な会社と交渉をしなければならず、各地に拠点や代理店を設置する必要がどうしても出てくる。国土の広いブラジルの営業は体力勝負である。(輿石信男・株式会社クォンタム代表取締役、ニッケイ新聞東京支社長代理)

輿石信男 Nobuo Koshiishi
 株式会社クォンタム 代表取締役。株式会社クォンタムは1991年より20年以上にわたり、日本・ブラジル間のマーケティングおよびビジネスコンサルティングを手掛ける。市場調査、フィージビリティスタディ、進出戦略・事業計画の策定から、現地代理店開拓、会社設立、販促活動、工場用地選定、工場建設・立ち上げ、各種認証取得支援まで、現地に密着したコンサルテーションには定評がある。
 2011年からはJTBコーポレートセールスと組んでブラジルビジネス情報センター(BRABIC)を立ち上げ、ブラジルに関する正確な情報提供と中小企業、自治体向けによりきめ細かい進出支援を行なっている。14年からはリオ五輪を視野にリオデジャネイロ事務所を開設。2大市場の営業代行からイベント企画、リオ五輪の各種サポートも行う。本社を東京に置き、ブラジル(サンパウロ、リオ)と中国(大連)に現地法人を有する。

こちらの記事もどうぞ

  • 第50回・最終回 日本人が信じられないブラジルの不都合な真実 ⑩2015年10月24日 第50回・最終回 日本人が信じられないブラジルの不都合な真実 ⑩  ブラジル南部サンタカタリーナ州のジョインビリ、ブルメナウ、フロリアノポリスの3都市を市場調査で回ったが、ブラジルはやはり広い。ヨーロッパ、特にドイツ風の街並み、白人比率の高さ、街の清潔さ、オーガナイズされた雰囲気がある。 […]
  • 第39回 心配が絶えない五輪を楽しむには?2015年8月8日 第39回 心配が絶えない五輪を楽しむには?  いよいよというか、ついにリオデジャネイロ五輪まで1年を切った。リオに行く機会も増えてきたが、相変わらず国内線は高い。早めに航空券を予約しようと思うのだが、結局ギリギリにサンパウロからの移動が決まる。 今回も航空券が高いので深夜バスで行ったが、最近は夕方に出て深 […]
  • 第48回 日本人が信じられないブラジルの不都合な真実 ⑧2015年10月10日 第48回 日本人が信じられないブラジルの不都合な真実 ⑧  なかなか予定が立たないブラジルという話を何度か書いてきたが、大いに予定を狂わされるものの一つで、今の日本では信じられない、われわれにはどうしようもできないのが、ブラジルのストライキ(以下スト)である。今週もなんと銀行職員のスト。ATMは動いているものの窓口は閉まっている。企業 […]
  • 「ブラジルの秋葉原」ともいわれる聖市セントロのサンタ・イフィジェニア街の電気街の様子(Foto: Fotos Publicas)2015年6月27日 第33回 ギャンブルのような市場で勝ち抜くには?  出張中に愛用のMacの電源アダプターが壊れて、とても困った。やはり、純正を買うべきだったか…。ブラジルにお住まいの方は良くお分かりだと思うが、ブラジルのアップル製品は異常に高い。だいたい日本の2倍から3倍である。 電源アダプターもしかり。日本からブラジルへの移 […]
  • 朝日新聞夕刊1日付紙面「南米で日系人口減少」の誤報が大きく載った2015年6月13日 第31回 朝日の南米紙記事誤報に思うメディアの未来  私は新聞が大好きだ。かつては、数紙と契約し、毎朝読むのが楽しみであった。そして、朝日新聞(以下朝日)とも、もう長いお付き合いである。 まずは、実家が物心ついた頃から、朝日を購読していた。そして、大学進学時にその親しみのある朝日の新聞奨学生として、大学に行きなが […]