ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 この度日本で発売されることになった、ユタテ・レコードの松岡伸雄社長作曲による『母恋慕情』。作詞を担当した内倉信義さんは、元々ブラジル移民だったとか。現在、歌手・水奈月順子さんのマネージャーを務める彼は1958年、16歳で家族と共にあるぜんちな丸で渡伯。農業を経て、聖市カテドラル横で20年間、写真屋を自営した経歴を持つ。30年後に帰国したという経緯もあって、移住者が生み出したCDともいえそう。
     ◎
 ボン・レチーロ野球場の強盗事件(11月29日)で、わき腹に銃弾を浴びたアガタ・ユキミツさん(80)の後日談。その場に居合わせた関係者によれば、貫通したとはいえ、撃たれたはずの本人は「歩いて病院まで行く」と言い張り、呆れた救急隊員から「救急車に乗っていかないと病院で救急窓口が対応しない」といわれ、しぶしぶ乗っていったとか。治療を受けた後も、再び球場に戻り野球に興じたという。さらに夜は野球仲間とビールを飲むという〃鉄人アガタ〃ぶりを発揮。根っからの野球人で毎週末、野球をしないと気がすまないらしい。強盗事件より、アガタさんの元気さの方がニュースだったかも。
     ◎
 「居酒屋の味」をテーマにした写真コンクールを、道クルツラルの高橋ジョー代表が運営する「ジョジョスコープ」とキッコーマンが共催する。構成とメッセージ性を加味して評価し、10作品を選ぶ。受賞者には居酒屋キット(高橋代表著『IZAKAYA』とキッコーマンの醤油・ボール・泡だて器・ランチョンマット)が贈られるとか。写真の腕に自信がある人は応募してみては? 応募締め切りは12日。詳細はサイト(jojoscope.com)まで。

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2018年6月12日 大耳小耳  6日付の上院ニュースサイトによると、在日本伯大使にエドゥアルド・パエス・サボイア氏の就任が決定した。2013年にボリビアから亡命を求めた上議を「人道的理由」で受入れを決定し批判を浴びた一方、「苦しむ同胞を助ける伯人の伝統にのっとった行動」とも賞賛された。同日午前に行なわれた外 […]
  • 大耳小耳2018年6月8日 大耳小耳  トラックストの影響で聖南西のいくつかのイベントが日程変更にした。レジストロで行われる「第18回聖南西カラオケしんぼく」が5月27日から7月1日に、カッポンボニートで行われる「第62回相撲大会」が6月3日から同月24日にそれぞれ日程を変更した。またサンミゲル・アルカンジョの「第 […]
  • 大耳小耳2018年5月31日 大耳小耳  米国出身の演歌歌手ジェロさん(36)が今月12日、音楽活動の無期限休止を自分のブログで発表した。紅白にも出場し話題となったが、米ボストン大大学院修了しコンピューター関係の仕事に就くことにしたという。一方、ブラジル出身の演歌歌手エドアルド(34)は今月発売のカラオケ雑誌に記事が […]
  • 大耳小耳2018年5月29日 大耳小耳  昨年8月に家庭用電子血圧計の伯国生産を発表したオムロンヘルスケア株式会社。24日付の京都新聞によると、聖州ジュンジャイー市に新工場を建設すると発表した。ここを拠点に南米市場を開拓し、2022年には生産能力を540万台にするとの計画。建設予定の工場では、血圧計やぜんそく用呼吸器 […]