ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 この度日本で発売されることになった、ユタテ・レコードの松岡伸雄社長作曲による『母恋慕情』。作詞を担当した内倉信義さんは、元々ブラジル移民だったとか。現在、歌手・水奈月順子さんのマネージャーを務める彼は1958年、16歳で家族と共にあるぜんちな丸で渡伯。農業を経て、聖市カテドラル横で20年間、写真屋を自営した経歴を持つ。30年後に帰国したという経緯もあって、移住者が生み出したCDともいえそう。
     ◎
 ボン・レチーロ野球場の強盗事件(11月29日)で、わき腹に銃弾を浴びたアガタ・ユキミツさん(80)の後日談。その場に居合わせた関係者によれば、貫通したとはいえ、撃たれたはずの本人は「歩いて病院まで行く」と言い張り、呆れた救急隊員から「救急車に乗っていかないと病院で救急窓口が対応しない」といわれ、しぶしぶ乗っていったとか。治療を受けた後も、再び球場に戻り野球に興じたという。さらに夜は野球仲間とビールを飲むという〃鉄人アガタ〃ぶりを発揮。根っからの野球人で毎週末、野球をしないと気がすまないらしい。強盗事件より、アガタさんの元気さの方がニュースだったかも。
     ◎
 「居酒屋の味」をテーマにした写真コンクールを、道クルツラルの高橋ジョー代表が運営する「ジョジョスコープ」とキッコーマンが共催する。構成とメッセージ性を加味して評価し、10作品を選ぶ。受賞者には居酒屋キット(高橋代表著『IZAKAYA』とキッコーマンの醤油・ボール・泡だて器・ランチョンマット)が贈られるとか。写真の腕に自信がある人は応募してみては? 応募締め切りは12日。詳細はサイト(jojoscope.com)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年1月10日 大耳小耳  俳誌『蜂鳥』344号が刊行された。《思ひ出せぬまま初夢の失せにけり》(富重かずま)は、皆に心当たりのある体験。《忘れてたお金見つかる春の服》(伊藤みち子)は、仕舞う前に洗濯をしていたら紙幣がバラバラになっていたかも。《春霞喉元過ぎてラヴァジャット》(高橋紫葉)では、春が来てポ […]
  • 大耳小耳2018年12月11日 大耳小耳  第59回海外日系人大会(6月6日~9日、米国ハワイ)の報告書を見ていたら、カナダ日系文化センターの五明明子さんが「日系プレース」というユニークな施設の説明をしていた。バンクーバーのほぼ中心部にあり、3エーカー(約1万2千平米)の土地に、日系文化センター、博物館、シニア向けの集 […]
  • 大耳小耳2018年11月10日 大耳小耳  薩摩琵琶奏者の櫻井亜木子さんが日本移民110周年を記念し、聖市で演奏会を行う。11日午後4時半からサンパウロ市立劇場、入場料は20~10レ。15日午前11時からはイビラプエラ公園内の日本館で演奏する。櫻井さんは2015年度の文化庁文化交流使。同年も伯国各地で演奏会を行なった。 […]
  • 大耳小耳2018年10月27日 大耳小耳  熟年クラブ連合会が発行する『ブラジル老荘の友』は、タブロイド版4ページだが中身が濃い。炭坑節の替え歌《うちの娘は よその嫁 ヨイヨイ/よその娘がうちの嫁 三千世界を歩いても/死に水とるのはうちの嫁 サノヨイヨイ》も傑作だが、チャチャチャ・バンブーの歌(「おもちゃのチャチャチャ […]