ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 この度日本で発売されることになった、ユタテ・レコードの松岡伸雄社長作曲による『母恋慕情』。作詞を担当した内倉信義さんは、元々ブラジル移民だったとか。現在、歌手・水奈月順子さんのマネージャーを務める彼は1958年、16歳で家族と共にあるぜんちな丸で渡伯。農業を経て、聖市カテドラル横で20年間、写真屋を自営した経歴を持つ。30年後に帰国したという経緯もあって、移住者が生み出したCDともいえそう。
     ◎
 ボン・レチーロ野球場の強盗事件(11月29日)で、わき腹に銃弾を浴びたアガタ・ユキミツさん(80)の後日談。その場に居合わせた関係者によれば、貫通したとはいえ、撃たれたはずの本人は「歩いて病院まで行く」と言い張り、呆れた救急隊員から「救急車に乗っていかないと病院で救急窓口が対応しない」といわれ、しぶしぶ乗っていったとか。治療を受けた後も、再び球場に戻り野球に興じたという。さらに夜は野球仲間とビールを飲むという〃鉄人アガタ〃ぶりを発揮。根っからの野球人で毎週末、野球をしないと気がすまないらしい。強盗事件より、アガタさんの元気さの方がニュースだったかも。
     ◎
 「居酒屋の味」をテーマにした写真コンクールを、道クルツラルの高橋ジョー代表が運営する「ジョジョスコープ」とキッコーマンが共催する。構成とメッセージ性を加味して評価し、10作品を選ぶ。受賞者には居酒屋キット(高橋代表著『IZAKAYA』とキッコーマンの醤油・ボール・泡だて器・ランチョンマット)が贈られるとか。写真の腕に自信がある人は応募してみては? 応募締め切りは12日。詳細はサイト(jojoscope.com)まで。

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2018年8月1日 大耳小耳  在聖総領事館の安全情報によれば、7月28日正午ごろ聖市セー駅構内で邦人がバッグを盗難される被害が発生した。被害者は犯人と思われる男に「バッグが汚れている」と声をかけられ、確認したところ液体が付着していた。男と汚れを落としていると、「上着も汚れている」といわれ、バッグを床に置い […]
  • 大耳小耳2018年7月31日 大耳小耳  日本ブラジル中央協会(大前孝雄会長、東京都港区)発行の会報『ブラジル特報』1645号が7月に刊行された。今回も読みどころ満載だ。【特集・ブラジル政治塾】(舛方周一郎・神田外語大専任講師)は、大統領選で《ルーラが出馬しない前提での決選投票で、アルキミン(PSDB)とシロ・ゴメス […]
  • 大耳小耳2018年7月17日 大耳小耳  県連日本祭りの2日目21日(土)18時からは、日本の歌手・宮沢和史さんのスペシャル公演が予定されている。サンバテイストのヒット曲「風になりたい」で有名で、これまでに20回以上来伯している根っからのブラジル好き。宮沢さんは2008年に移民100周年記念ソング「足跡のない道」を携 […]
  • 大耳小耳2018年7月7日 大耳小耳  『JICAボリビア通信』第26号には、ウユニの「列車の墓場」について書いてあった。鉄道ファンならずとも興味のわく名称だ。いわく《ウユニの東側(ウユニ塩湖とは反対)には、「列車の墓場」がある。今は使われていない真っ直ぐな線路、そして、赤く錆びたたくさんの機関車、車両、貨物が放置 […]