fbpx
ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 この度日本で発売されることになった、ユタテ・レコードの松岡伸雄社長作曲による『母恋慕情』。作詞を担当した内倉信義さんは、元々ブラジル移民だったとか。現在、歌手・水奈月順子さんのマネージャーを務める彼は1958年、16歳で家族と共にあるぜんちな丸で渡伯。農業を経て、サンパウロ市カテドラル横で20年間、写真屋を自営した経歴を持つ。30年後に帰国したという経緯もあって、移住者が生み出したCDともいえそう。
     ◎
 ボン・レチーロ野球場の強盗事件(11月29日)で、わき腹に銃弾を浴びたアガタ・ユキミツさん(80)の後日談。その場に居合わせた関係者によれば、貫通したとはいえ、撃たれたはずの本人は「歩いて病院まで行く」と言い張り、呆れた救急隊員から「救急車に乗っていかないと病院で救急窓口が対応しない」といわれ、しぶしぶ乗っていったとか。治療を受けた後も、再び球場に戻り野球に興じたという。さらに夜は野球仲間とビールを飲むという〃鉄人アガタ〃ぶりを発揮。根っからの野球人で毎週末、野球をしないと気がすまないらしい。強盗事件より、アガタさんの元気さの方がニュースだったかも。
     ◎
 「居酒屋の味」をテーマにした写真コンクールを、道クルツラルの高橋ジョー代表が運営する「ジョジョスコープ」とキッコーマンが共催する。構成とメッセージ性を加味して評価し、10作品を選ぶ。受賞者には居酒屋キット(高橋代表著『IZAKAYA』とキッコーマンの醤油・ボール・泡だて器・ランチョンマット)が贈られるとか。写真の腕に自信がある人は応募してみては? 応募締め切りは12日。詳細はサイト(jojoscope.com)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇 =(36)2017年8月9日 わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇 =(36)  幸い小柳さんの鶏舎作りの手法を学びブラジル人耕地のユーカリ樹を買い受け伐採して家の柱に、更にボルクスワーゲン社工場より廃材の箱板をもらい受けたり、氏の手厚い厚意と支援で事はスムーズにはこんだのであった。謂いようのない感謝の毎日であった。しかし奥地で一農年働いて貰った6コントス […]
  • 大耳小耳2016年8月11日 大耳小耳  神戸の日伯協会機関紙『ブラジル』972号が7月に刊行された。9月のパラグアイ日本人移住80周年出席をひかえて、眞子内親王殿下が7月15日に移住ミュージアムを2時間余りご視察されたとか。11月19日には同協会創立90周年記念式典を予定。興味深いのは9月24日午後2時半からの90 […]
  • 県連故郷巡り(北東伯編)=歴史の玉手箱=第25回=ナタルにもいたコチア青年2016年5月13日 県連故郷巡り(北東伯編)=歴史の玉手箱=第25回=ナタルにもいたコチア青年  ナタルでは珍しい60代の一世、野溝稔さん(のみぞみのる、68、長野県)は13歳の時、1961年にあるぜんちな丸で家族と共に渡伯した。「ナタルで一世は全部で10人いるかどうか」という。 最初はサンパウロ州ジャカレイに入植し、サンタイザベルにも住んだ。16年前にナタルから30キロ […]
  • 花嫁移民=海を渡った花嫁たちは=滝 友梨香=722014年12月12日 花嫁移民=海を渡った花嫁たちは=滝 友梨香=72  五十年前、移民船は蚕棚式の船室で、五十数日の船旅をしてブラジルにきた第一回目の十二人の花嫁で今年金婚式を迎えられたのは五組。二十歳前後で移住した花嫁も二人他界したとのことである。 金婚式の花嫁はもうみんな七十歳代に入っているが、それでも厳しい移住生活にたえ生き抜き恵まれた […]
  • 「太く長い絆を今後も」=あるぜんちな丸12次航=50年目の同船者会開く=4カ国約80人が一堂に2012年5月15日 「太く長い絆を今後も」=あるぜんちな丸12次航=50年目の同船者会開く=4カ国約80人が一堂に ニッケイ新聞 2012年5月15日付け […]