ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 手縫いのマスクをしていると、ゴムをかけている耳が痛くなったりすることがある。そこで、最近は耳が痛くないようにするヘアバンドを立て続けに2つ貰った。使い方は、こうだ。ヘアバンドにはボタンが二つ縫いつけられており、通常のヘアバンドのように装着すると耳の上辺りボタンが来る。そこにマスクのゴムを引っかけると、耳が痛くならない。手作りマスク生活が当たり前となり、「いかに快適に着用するか」という生活の知恵が必要になってきている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2011年1月19日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2011年1月19日付け  新会長が決まらなかった岩手県人会の総会を見ながら、県人会の後継者問題について考えた。 […]
  • 《ブラジル》家庭用ガス9.8%値上げ=13キロボンベ限定で21日から2017年3月21日 《ブラジル》家庭用ガス9.8%値上げ=13キロボンベ限定で21日から  家庭用ガスボンベ(ボチジョン)の価格が21日より値上がりすると、17、18日付現地紙・サイトが報じた。  ガス配給会社組合(Sindi―gas)セルジオ・デ・メッロ会長によると、ペトロブラス(PB)社が液化天然ガス(LPG)の製油所出口価格を21日から平均9・8%値上げする […]
  • アンゴラ人女性が死亡=口論したブラジル人が発砲2012年5月25日 アンゴラ人女性が死亡=口論したブラジル人が発砲 ニッケイ新聞 2012年5月25日付け  アフリカのアンゴラからの女子留学生がサンパウロ市セントロで射殺され、友人のアンゴラ人3人も重軽傷を負った。24日付伯字紙が報じている。 […]
  • テメルの進退決める裁判劇=ピアーダのような裁判の構図=乗り切ったが次の嵐がそこに=サンパウロ市在住  橘 馨2017年6月13日 テメルの進退決める裁判劇=ピアーダのような裁判の構図=乗り切ったが次の嵐がそこに=サンパウロ市在住  橘 馨  空は晴れたが寒くなりましたね。この気候につられるのか、ブラジル政界も中々厳しい日々が続いております。先週6日から9日まで、ブラジリアの選挙高等裁判所(TSE)で現テメル大統領がその職を失うか否かの審理、判決がなされました。  それは2014年末に行われた大統領選挙で […]
  • 「南」に目向ける=年末・年初連休の観光=日系旅行社のすすめ2003年11月29日 「南」に目向ける=年末・年初連休の観光=日系旅行社のすすめ 11月29日(土)  年越はどこで過ごしますか?新年まであと一カ月。クリスマスから正月にかけての連休に、旅行に出掛ける人も多いはずだろう。年末ツアーの集客合戦もそろそろ大詰めの段階。日系旅行社の多くは、南部ブラジルやパタゴニアなど南方面に目を向けているようだ。各社自慢 […]