ホーム | イベント情報 | 靖国・ド・ブラジル慰霊祭=6日、小野田寛郎三回忌も

靖国・ド・ブラジル慰霊祭=6日、小野田寛郎三回忌も

左から京野さん、上妻さん、作本さん、渡部会長

左から京野さん、上妻さん、作本さん、渡部会長

 靖国・ド・ブラジル(渡部一誠会長)は『慰霊祭』を8月6日午前9時半からブラジル旧兵士協会(Rua Santa Madalena, 46, Bela Vista)で開催する。
 上妻博彦神主が神道式セレモニーを執り行う。第2次世界大戦に参戦したブラジル遠征軍から現在の国連平和維持活動で殉死した兵士までに加え、靖国神社に祀られた英霊、日本移民の開拓先亡者も含む合同の慰霊祭だ。
 同会は54年に「サンパウロ靖国講」として設立され、移民百周年を迎えた08年に「ブラジル靖国英霊奉祭会」に改名、移民先駆者の慰霊を始めた。12年8月15日から現在の名称になった。
 渡部会長、上妻さん、作本登実子さんらが案内に訪れた。京野吉男さんは「当日は〃最後の日本兵〃小野田寛郎三回忌、最後の二世遠征軍参戦兵士だった児玉ラウル三回忌の黙祷もする。ぜひたくさんの方に参加してもらい、共に祈ってほしい」と呼びかけた。問い合わせは、同会(11・5579・3581/yasukunidobrasil@gmail.com)まで。

こちらの記事もどうぞ

  • 小野田さんの遺影を前に、ミサを執り行うアレッシオ神父2014年3月14日 小野田少尉、安らかに―=12団体が聖市で合同ミサ ニッケイ新聞 2014年3月14日 フィリピン・ルパング島から終戦29年後に帰国した元陸軍少尉、小野田寛郎さん(享年91)の追悼ミサが12日、聖市ジョン・メンデス広場のサンゴンサーロ教会で執り行われた。 文協、県連、援協、ブラジル日本会議、日伯文化連盟、和歌山県人会、兵庫県 […]
  • 作家・北杜夫さんと独占インタビュー=ブラジル日本移民を書いた長編小説『輝ける碧き空の下で』=2回訪伯=日系人と心温まる交流=訪伯時のエピソードきく2007年6月27日 作家・北杜夫さんと独占インタビュー=ブラジル日本移民を書いた長編小説『輝ける碧き空の下で』=2回訪伯=日系人と心温まる交流=訪伯時のエピソードきく 2007年移民特集 2007年6月27日付け  「ブラジルの突き抜けるような碧い空がなつかしい」「弓場農場では蝶のおじさんだった」「移民百周年を心から祝福したい」――。歌人・斉藤茂吉を父に持ち、エッセー「どくとるマンボウ」シリーズなどで人気の作家、北杜夫さんがこのほど、 […]
  • 英霊と平和に祈りを=靖国慰霊祭、28日2016年8月24日 英霊と平和に祈りを=靖国慰霊祭、28日  靖国ドブラジル(下本八郎会長)が『第59回慰霊祭』を、28日午前9時半からブラジル旧兵士協会(Rua Santa Madalena, 46, Bela […]
  • 数十年に一度の大仕事『ブラジルの大地に生きる』2017年7月28日 数十年に一度の大仕事『ブラジルの大地に生きる』  コロニア人物紹介本で、これほど網羅した本はもう二度と出版されないかも――このほどサンパウロ新聞から出版された『ブラジルの大地に生きる』(392頁)のことだ。なんと2年半かけて北はアマゾンから南は南大河州まで、靴をすり減らして歩き回って120人も取材した労作だ。  う […]
  • 軍人が日系人らと交流=新年会で協力関係育む2017年3月7日 軍人が日系人らと交流=新年会で協力関係育む  伯国陸軍南東部(マウロ・セザル・ロレナ・シジ総司令官)とリベルダーデ友好協会(平崎靖之会長)は先月16日夜、陸軍南東部宿舎にて新年会を開催した。陸軍関係者や県人会会長ら60人近くが駆けつけ、懇親を深めた。  サンスイ社で社長補佐を務める平崎会長が、その生業から軍上層部の […]