ホーム | コラム | 樹海 | 幸せを図るものは?

幸せを図るものは?

 明治の日本を見たければブラジルに行け―。日本からの移民が、来伯当時の日本の文化や概念、言葉をそのまま子供達に伝えてきた事を窺わせる表現だが、最近、それを思い起こさせる会話が何度かあった▼一つは、子供の頃は父親絶対で、おいしいものや貴重なものは先ず父親という習慣の中で幼少時を過ごした人の話だ。リングイッサをもらっても父親の皿に載るだけで、8人いた子供達には回っても来ない。うらやましいと思っていたら、料理した後の油をご飯にかけるとおいしいと言われ、喜んで食べた事、そんな中だったからか、正月は本当に嬉しくて幸せだった事を話してくれた▼日本に行き、若い人と話したら、「何を言っているのか分からない」と言われたが、飛騨の里で年配の人と話したら、「日本語が上手」と褒められたという話もある。文房具屋で「帳面下さい」と言ったら、誰も分からず、店長の母親を呼んだらやっと理解してくれた上、「お茶でもどうぞ」と誘われたという人もいる▼最近はブラジルでもNHKなどが視聴出来るし、インターネットで流れる情報も増えたから、時代や距離の差を感じる事は少ない。だが、これらの話は、多くの物を持ち、便利な生活をする事だけが、豊かで幸せな暮らしではないと教えてくれる。否、むしろ、貧しくて様々な制限があればこそ、普段と違う品や雰囲気をより敏感に感じ取り、幸福感を味わえたのだろう▼物質的な豊かさ故に失われたものがあると気づいても、古き良き時代に戻るのは無理だが、小さな事にも感動する心を忘れず、感謝の中で暮らす贅沢を奪えるものは何もない。コラム子の担当は年内最後。良きナタル(クリスマス)と新年を。(み)

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 政治批判を受け止めたリオのカーニバル2018年2月16日 政治批判を受け止めたリオのカーニバル  14日に行なわれた、今年のリオのカーニバルのスペシャル・グループのパレードの採点結果発表で画期的な出来事が起こった。政治批判を行なって物議を醸したエスコーラ、ベイジャ・フロールが優勝、パライゾ・ド・ツイウチが2位となったのだ▼今回のリオのパレードがこうした内容になるこ […]
  • 自分の基準を全ての人に適用してはならない2018年2月15日 自分の基準を全ての人に適用してはならない  カーニバルにはサンバ熱でフィーバー(Febreの事、熱狂)するブラジル。だが、例年は近くのチームが地下鉄ヴィラ・マチウデ駅の脇で行うパレードを見に行く息子も、今年は体調が優れず、友人の家に行くに止まったし、親二人は夏風邪で39度台のフィーバーで苦しんだ▼コラム氏は11日、主人 […]
  • カーニバルのパレードとは真剣な競技だ!2018年2月9日 カーニバルのパレードとは真剣な競技だ!  今週から来週にかけて、ブラジルでは、最も有名なリオをはじめとしたカーニバルの週間だ。コラム子がブラジルに来て住みはじめたのは2010年4月のことだが、この季節を体験するのも8回目。既に自分にとってもおなじみのものとなっている▼ただ、日本からやってきた身として毎度思うこ […]
  • 形あるものは必ず壊れる?2018年2月8日 形あるものは必ず壊れる?  ブラジリアで6日、首都中心部を走る自動車専用道の高架橋の一部崩落が起きた▼連邦直轄区道2号線はエイションとも呼ばれる幹線道路で、高架橋下は当初、「タイムズ・スクエアのような場所に」との構想もあったらしい。現在は周辺の銀行職員などが利用するレストランとかがある程度だ。崩落時は走 […]