ホーム | コラム | 樹海 | 幸せを図るものは?

幸せを図るものは?

 明治の日本を見たければブラジルに行け―。日本からの移民が、来伯当時の日本の文化や概念、言葉をそのまま子供達に伝えてきた事を窺わせる表現だが、最近、それを思い起こさせる会話が何度かあった▼一つは、子供の頃は父親絶対で、おいしいものや貴重なものは先ず父親という習慣の中で幼少時を過ごした人の話だ。リングイッサをもらっても父親の皿に載るだけで、8人いた子供達には回っても来ない。うらやましいと思っていたら、料理した後の油をご飯にかけるとおいしいと言われ、喜んで食べた事、そんな中だったからか、正月は本当に嬉しくて幸せだった事を話してくれた▼日本に行き、若い人と話したら、「何を言っているのか分からない」と言われたが、飛騨の里で年配の人と話したら、「日本語が上手」と褒められたという話もある。文房具屋で「帳面下さい」と言ったら、誰も分からず、店長の母親を呼んだらやっと理解してくれた上、「お茶でもどうぞ」と誘われたという人もいる▼最近はブラジルでもNHKなどが視聴出来るし、インターネットで流れる情報も増えたから、時代や距離の差を感じる事は少ない。だが、これらの話は、多くの物を持ち、便利な生活をする事だけが、豊かで幸せな暮らしではないと教えてくれる。否、むしろ、貧しくて様々な制限があればこそ、普段と違う品や雰囲気をより敏感に感じ取り、幸福感を味わえたのだろう▼物質的な豊かさ故に失われたものがあると気づいても、古き良き時代に戻るのは無理だが、小さな事にも感動する心を忘れず、感謝の中で暮らす贅沢を奪えるものは何もない。コラム子の担当は年内最後。良きナタル(クリスマス)と新年を。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 今のブラジルを思うとゾッとする、昭和の名コラム2018年10月26日 今のブラジルを思うとゾッとする、昭和の名コラム  「汚職は国を滅ぼさないが、正義は時に国を滅ぼす」という、日本では比較的有名な言葉がある。その言葉の主は「昭和の名コラムニスト」と呼ばれた山本夏彦氏(1915~2002年)だ▼この言葉は、正確には同氏が1980年に書いた「汚職で国は滅びなない」と83年の「正義は時に国を […]
  • これまでになく怖い選挙2018年10月25日 これまでになく怖い選挙  統一選の決選投票を前に、かつて見た事のない類の情報が行きかっている▼その一つは弊紙も報じた、大統領候補のジャイール・ボウソナロ氏の息子のエドゥアルド下議が、「最高裁を閉鎖するには伍長と兵士だけでよい」と語ったものだ。ボウソナロ氏自身も同時期(6、7月)、「最高裁判事達は汚職を […]
  • イグアスの滝、アマゾン河、そして悪魔の洞窟2018年10月23日 イグアスの滝、アマゾン河、そして悪魔の洞窟  「これが太古の闇か…」――ガイドが鍾乳洞の電気を消した瞬間、深い感動を覚えた。  「悪魔の洞窟」(Caverna do […]
  • まるで「ロッキードの後の2・26」2018年10月19日 まるで「ロッキードの後の2・26」  大統領選はどうやらジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党・PSL)の勝利で揺らぎそうにない勢いになってきているが、先日、コラム子は同氏の政見報道を見て、大きな違和感を覚えた。それは、この10数年間というもの間、伯国や南米があたかも左翼勢力の支配の抑圧下に置かれているかの […]