ホーム | コラム | 樹海 | 幸せを図るものは?

幸せを図るものは?

 明治の日本を見たければブラジルに行け―。日本からの移民が、来伯当時の日本の文化や概念、言葉をそのまま子供達に伝えてきた事を窺わせる表現だが、最近、それを思い起こさせる会話が何度かあった▼一つは、子供の頃は父親絶対で、おいしいものや貴重なものは先ず父親という習慣の中で幼少時を過ごした人の話だ。リングイッサをもらっても父親の皿に載るだけで、8人いた子供達には回っても来ない。うらやましいと思っていたら、料理した後の油をご飯にかけるとおいしいと言われ、喜んで食べた事、そんな中だったからか、正月は本当に嬉しくて幸せだった事を話してくれた▼日本に行き、若い人と話したら、「何を言っているのか分からない」と言われたが、飛騨の里で年配の人と話したら、「日本語が上手」と褒められたという話もある。文房具屋で「帳面下さい」と言ったら、誰も分からず、店長の母親を呼んだらやっと理解してくれた上、「お茶でもどうぞ」と誘われたという人もいる▼最近はブラジルでもNHKなどが視聴出来るし、インターネットで流れる情報も増えたから、時代や距離の差を感じる事は少ない。だが、これらの話は、多くの物を持ち、便利な生活をする事だけが、豊かで幸せな暮らしではないと教えてくれる。否、むしろ、貧しくて様々な制限があればこそ、普段と違う品や雰囲気をより敏感に感じ取り、幸福感を味わえたのだろう▼物質的な豊かさ故に失われたものがあると気づいても、古き良き時代に戻るのは無理だが、小さな事にも感動する心を忘れず、感謝の中で暮らす贅沢を奪えるものは何もない。コラム子の担当は年内最後。良きナタル(クリスマス)と新年を。(み)

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • ブラジル政治史まで汚してしまったアエシオ2018年4月20日 ブラジル政治史まで汚してしまったアエシオ  17日、最高裁は民主社会党(PSDB)のアエシオ・ネーヴェス上院議員に対し、収賄容疑で裁判の被告人となることを告げたが、これにはつくづく「裏切られた」という思いでいっぱいだ▼その理由のひとつは、やはり彼が「次の大統領」に最も近い存在だったからだ。「10数年継続した労働 […]
  • 人々の不安に付け込む犯罪の怖さ2018年4月19日 人々の不安に付け込む犯罪の怖さ  ゴイアス州州都のゴイアニアに近いアパレシーダ・デ・ゴイアニアで17日、インフルエンザの予防接種ワクチン1050人分が盗まれ、夜、男性2人が逮捕された▼警察によると、この内の1人は看護師で、ネットで宣伝して、非合法に予防接種する闇商売をしていた。2人は逮捕時、1千人分余りのワク […]
  • 「ルーラなき後」を考えられないPTの末路は?2018年4月17日 「ルーラなき後」を考えられないPTの末路は?  昨年から「refem de […]
  • ルーラと角栄2018年4月13日 ルーラと角栄  4月7日、遂にルーラ元大統領は逮捕され、収賄罪で刑執行となった。過去に政治闘争による大統領経験者の逮捕しかなかっただけに、この一件は伯国民にとっては非常に大きな出来事だ▼「これを他の国の基準に当てはめたらどうなるのだろう」。そうしたことをふと考える。たとえばこれが隣国 […]