ホーム | コラム | 樹海 | 幸せを図るものは?

幸せを図るものは?

 明治の日本を見たければブラジルに行け―。日本からの移民が、来伯当時の日本の文化や概念、言葉をそのまま子供達に伝えてきた事を窺わせる表現だが、最近、それを思い起こさせる会話が何度かあった▼一つは、子供の頃は父親絶対で、おいしいものや貴重なものは先ず父親という習慣の中で幼少時を過ごした人の話だ。リングイッサをもらっても父親の皿に載るだけで、8人いた子供達には回っても来ない。うらやましいと思っていたら、料理した後の油をご飯にかけるとおいしいと言われ、喜んで食べた事、そんな中だったからか、正月は本当に嬉しくて幸せだった事を話してくれた▼日本に行き、若い人と話したら、「何を言っているのか分からない」と言われたが、飛騨の里で年配の人と話したら、「日本語が上手」と褒められたという話もある。文房具屋で「帳面下さい」と言ったら、誰も分からず、店長の母親を呼んだらやっと理解してくれた上、「お茶でもどうぞ」と誘われたという人もいる▼最近はブラジルでもNHKなどが視聴出来るし、インターネットで流れる情報も増えたから、時代や距離の差を感じる事は少ない。だが、これらの話は、多くの物を持ち、便利な生活をする事だけが、豊かで幸せな暮らしではないと教えてくれる。否、むしろ、貧しくて様々な制限があればこそ、普段と違う品や雰囲気をより敏感に感じ取り、幸福感を味わえたのだろう▼物質的な豊かさ故に失われたものがあると気づいても、古き良き時代に戻るのは無理だが、小さな事にも感動する心を忘れず、感謝の中で暮らす贅沢を奪えるものは何もない。コラム子の担当は年内最後。良きナタル(クリスマス)と新年を。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • ボリビアで「眠っていた怪物」が目覚めてしまったか2019年11月15日 ボリビアで「眠っていた怪物」が目覚めてしまったか  10日に起こったエヴォ・モラレス氏を大統領辞任に追い込んだ、ボリビアのただならぬ異様な雰囲気に包まれたプロテストに、コラム子は戦慄を覚えた。ものすごく怖い思いをした▼今回のプロテストは、当初はエヴォ氏に不利なように思えた。それは同氏が、同国の定める憲法の改憲に失敗した […]
  • 良い知らせを伝える者の足は2019年11月14日 良い知らせを伝える者の足は  4日付の伯字サイトで「良い知らせだけ」というサイト(http://www.sonoticiaboa.com.br/)に関する記事を読んだ。ジャーナリスト歴30年で、殺人や汚職などの悪い知らせばかり報じる内に胃を患い、良い知らせだけ流そうと決めた男性の話だ▼「肉体的な問題ではな […]
  • ルーラ釈放は最高裁が悪いのか?2019年11月12日 ルーラ釈放は最高裁が悪いのか?  ブラジル最高裁が7日、「2審有罪で刑執行」派が5対6で「刑執行反対」派に負けた。これを受けてルーラ元大統領が釈放され、世間がざわついている。ムリもない。ところが、グローボTV局はあえて大騒ぎせず、「なにか裏にあるのでは?」とかえって不気味な雰囲気を醸し出している。 […]
  • むしろ「暴動」を煽りかねないボウソナロ政権の言動2019年11月8日 むしろ「暴動」を煽りかねないボウソナロ政権の言動  「ボウソナロ政権は、むしろチリのような民衆暴動が起こってほしいのか」。ここ2週間くらい、同政権からは耳を疑うような言動が連発で、そう首を傾げざるを得ない▼その突破口を切ったのは大統領三男のエドゥアルド氏、そしてアウグスト・エレーノ大統領府安全保障室(GSI)長官の「チ […]