2018年5月16日の記事一覧

《ブラジル》3月サービス業前月比0・2%減=今年の第1四半期は前年比1・5%減

 ブラジル地理統計院(IBGE)は15日、国内サービス業月次調査(PMS)を発表。3月のブラジル国内サービス業売上は、前月2月比で0・2%の減少だった。  また3月の結果が判明した事で、今年第1四半期の結果も、昨年比1・5%減だった事が明らかになった。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登 ...

続きを読む »

代表補欠にも“うれし涙”=怪我に泣き続けた悲運の名センターバック、デデー

 14日に発表されたサッカーW杯の代表23人には入れなかったものの、6月4日までの交代期間の補欠選手に自分の名前が入っていたことを知り、クルゼイロのセンターバック、デデー(29)が思わず涙をこぼして、話題を呼んだ。  デデーはこの日、別のイベントで記者会見を行っていたが、その席でセレソンのチッチ監督が代表発表に際し、「交代枠の1 ...

続きを読む »

《ブラジル》グアルジャーの三層住宅落札=ルーラ氏断罪招いた疑惑物件

 ルーラ元大統領への賄賂の一部とされる、サンパウロ州グアルジャーの高級三層住宅が競売にかけられ、入札期限の15日に、220万レアルで落札された。  入札期限の15日、それも制限時間まであと5分というタイミングで行われた入札は、ブラジリア在住者によるもので、落札額は底値の220万レアル。実際に所有権を得るためには、落札後72時間以 ...

続きを読む »

《ブラジル》10月統一選=LJ捜査対象下議の9割が出馬=断念したのはわずか2人=再選後も法的特権狙い?=最高裁でやっと議員審理開始

メウレール下議(Viola Junior/Câmara dos Deputados)

メウレール下議(Viola Junior/Câmara dos Deputados)  10月に行われる統一選挙において、ラヴァ・ジャット作戦の捜査対象になっている下院議員のうち、91%が何らかの選挙に出馬すると、15日付エスタード紙が報じている。  同紙によると、現在の下院にはラヴァ・ジャット作戦の捜査対象の議員が55人おり、 ...

続きを読む »

ドル高レアル安進む=1ドル=3.7レアルも間近?=ブラジル企業の対外負債が増大

(参考画像・Fernanda Carvalho/Fotos Publicas)

(参考画像・Fernanda Carvalho/Fotos Publicas)  【既報関連】米国での利上げ期待感や、ブラジルの選挙リスクによるドル高レアル安が進み、ブラジル企業の抱える外貨建て債務が1カ月あまりで1150億レアルも増大したと、14日付現地紙が報じた。  外貨建て債務の額面自体が増えたわけではないが、ドル高レアル ...

続きを読む »

《ブラジル》ドミノー効果作戦=6州でラヴァ・ジャット供述者ら逮捕=資金洗浄と国際的な麻薬取引で

 連警が15日、6州でドミノー効果作戦を敢行し、ラヴァ・ジャット作戦(LJ)で報奨付供述を行ったカルロス・アレッシャンドレ・デ・ソウザ・ロッシャことセアラー容疑者ら8人を逮捕したと同日付現地紙サイトが報じた。  今回の作戦は、資金洗浄と国際的な麻薬取引を暴くためのものだ。連警はサンパウロ、リオ、ペルナンブコ、セアラー、パライバ、 ...

続きを読む »

アルゼンチン=クリスチーナ元大統領を起訴=資金洗浄で総額8億ペソ差押

 アルゼンチン前大統領のクリスチーナ・キルチネル氏が14日、自身の子息と共に資金洗浄で起訴された。15日付ブラジル国内紙が報じている。  訴えられたのはクリスチーナ氏と息子のマッシモ氏、娘のフロレンシア氏を含む計18人で、容疑は、同氏の夫ネストル氏が大統領だった2003~07年に、現在逮捕中の企業家ラーザロ・バエズ氏らから横流し ...

続きを読む »

《ブラジル》テメル大統領がいじめ防止法を裁可=学校に予防措置をとることを義務付ける

いじめ防止のため、教育機関の義務が拡大された(参考画像・Tânia Rêgo/Agência Brasil)

 テメル大統領は14日、「いじめ防止法」を裁可したと、14、15日付現地紙・サイトが報じた。  今回裁可されたのは、1996年の連邦法9394号改定案で、裁可は人権省の発表後、内閣府によって確認された。改定前の法律は、カルドーゾ政権下の1996年に制定されたもので、ブラジルの教育機関の基本方針を定めている。  同法の第12条は教 ...

続きを読む »

東西南北

 15日、最高裁第2小法廷で遂に、ラヴァ・ジャット作戦で起訴された連邦議員の裁判が行われた。同作戦がはじまったのは2014年3月なので、そこから数えること4年2カ月でようやくここまでたどり着いたことになる。その間には、最高裁で最初のラヴァ・ジャット報告官だったテオリ・ザヴァスキ判事の死(17年1月飛行機事故死)も挟まっており、余 ...

続きを読む »

ジャパン・ハウス1周年=来館者数77万人を記録=将来的な収益性強化が課題

開館から1周年を迎えたJH

 日伯政府要人が一同に会し、華々しくオープンしてから丸1年を迎えたジャパン・ハウス(平田アンジェラ多美子館長、以下、JH)。開館わずか1カ月で来館者は7万5千人、1年間では延数76万9502人を記録した。当初の年間目標13万6千人を遥かに上回る実績をあげ、パウリスタ大通りでも象徴的な文化施設の一つとして地位を確立した。開館から1 ...

続きを読む »