ホーム | イベント情報 | 合気道で身を守る=女性向けワークショップを開催

合気道で身を守る=女性向けワークショップを開催

来社した皆さん

来社した皆さん

 合気道道場の「インスティトゥート・武産(たけむす)」は女性向けの「護身術ワークショップ」を5月12日午後2時から4時まで、同道場(Rua Mauro, 331, Saude)で開催する。参加費20レアル。対象は13~73歳の女性。ワークショップの後には軽食が提供される。
 1987年に設立された「インスティトゥート・武産」は非日系人のエドガー・ブルさんが代表を務める。訓練は毎日行われており、子供向けクラスも開催されている。
 女性向けワークショップは今回が4回目。これまで年一回の頻度だったが、先月月10日に行なわれた3回目がすぐに定員に達したため、開催を決めた。
 女性が暴漢に襲われた場合を想定して、合気道の技を使った護身術を指導する。暴漢役を指導員が演じる。
 案内のために来社した生徒のカミロ・マスコさん、ロベルタ・サントスさん、事務員の梶原(かじはら)寿美子さんは「スポーツ経験の無い人でも安心して学ぶことができます。ぜひ参加してください」と呼びかけた。
 参加希望者は、事前に事務局(電話=11・5584・5119、平日午後6時から9時、土曜日午前9時から11時、メール=sumikajihara@gmail.com)に連絡すること。

image_print

こちらの記事もどうぞ